研究者
J-GLOBAL ID:200901006642666173   更新日: 2019年09月27日

佐藤 友美

サトウ トモミ | SATO Tomomi
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://endocrin.sci.yokohama-cu.ac.jp/
研究分野 (1件): 形態・構造
研究キーワード (2件): 内分泌学 ,  生殖生物学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2021 新生仔期マウス卵巣における卵胞形成過程の分子機構
  • 2015 - 2018 生殖機能中枢に対する性ホルモン様環境化学物質の作用機構
  • 2012 - 2015 生殖機能調節システムに対する性ホルモン様環境化学物質の作用機構の統合的解明
論文 (38件):
  • Oikawa S., S. Kobayashi, S. Miyagawa, T. Iguchi and T. Sato. Diethylstilbestrol alters the expression of activins in the neonatal mouse ovary in vitro. In Vivo. 2019. 33. 1095-1102
  • Nakajima T., T. Sato, T. Iguchi and N. Takasugi. Retinoic acid signaling determines the fate of the uterus from the mouse Müllerian duct. Reprod. Tox. 2019. 86. 56-61
  • Ogino Y., S. Tohyama S., S. Kohno, K. Toyota, G. Yamada, R. Yatsu, T. Kobayashi, N. Tatarazako, T. Sato, H. Matsubara, A. Lange, C.R. Tyler, Y. Katsu, T. Iguchi, S. Miyagawa. Functional distinctions associated with the diversity of sex steroid hormone receptors ESR and AR. J. Steroid Biochem. Mol. Biol. 2018. 184. 38-46
  • Miyakawa H., T. Sato, Y. Song, K.E. Tollefsen, T. Iguchi. Ecdysteroid and juvenile hormone biosynthesis, receptors and their signaling in the freshwater microcrustacean Daphnia. J. Steroid Biochem. Mol. Biol. 2018. 184. 62-68
  • Kakuta H., T. Iguchi and T. Sato. The involvement of granulosa cells in the regulation by gonadotropins of Cyp17a1 in theca cells. In Vivo. 2018. 32. 1387-1401
もっと見る
書籍 (4件):
  • 出生直後のDiethylstilbestrol投与による多卵性卵胞誘導とエストロジェンレセプターβ.
    日本生殖内分泌学会雑誌 2007
  • 2種類のエストロゲンレセプター (ER):マウス卵巣におけるERベータの機能.
    横浜市立大学論叢自然科学 2008
  • Handbook of Hormones
    Elsevier 2015
  • Vagina: Cell Biology, Encyclopedia of Reproduction
    2017
講演・口頭発表等 (9件):
  • Diethylstilbestrol (DES)投与による多卵性卵胞(PF)誘導とエストロゲンレセプター(ER)bの関与.
    (第11回日本生殖内分泌学会学術集会 2006)
  • 新生仔期のマウス子宮、膣におけるBMPsの役割.
    (日本動物学会第80回大会 2009)
  • 周生期の性ホルモン投与によるマウス雌性生殖腺への影響.
    (環境ホルモン学会第23回大会講演会 2010)
  • 性ホルモンおよび内分泌かく乱物質のマウス生殖腺への影響.
    (QKKランチョンセミナー 2010)
  • 性ホルモンおよび内分泌かく乱物質のマウス卵巣への影響と作用機構.
    (日本獣医学会第149回大会教育講演 2010)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1997 横浜市立大学大学院 総合理学研究科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (横浜市立大学)
経歴 (6件):
  • 1993 - 1994 株式会社資生堂
  • 1996 - 1997 日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
  • 1999 - 2001 イリノイ大学 博士研究員
  • 1997 - 2006 横浜市立大学 助手
  • 2006 - 2013 横浜市立大学 准教授
全件表示
受賞 (1件):
  • 2006 - 日本生殖内分泌学会平成18年度学術奨励賞
所属学会 (6件):
The Society for the Study of Reproduction ,  The Endocrine Society ,  日本下垂体研究会 ,  日本生殖内分泌学会 ,  日本比較内分泌学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る