研究者
J-GLOBAL ID:200901006727961964   更新日: 2020年01月17日

藤井 靖久

フジイ ヤスヒサ | FUJII Yasuhisa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.tmd.ac.jp/med/uro/
研究分野 (1件): 泌尿器科学
研究キーワード (5件): 泌尿器科悪性腫瘍 ,  前立腺癌 ,  腎癌 ,  膀胱癌 ,  尿路上皮癌
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • ディープラーニングによる腎腫瘍画像診断:マルチチャンネ三次元融合画像の使用
  • 前立腺癌
  • 腎癌
  • 膀胱癌
  • 2018 - 2020 前立腺癌診療におけるMRIと経尿道的超音波内視鏡による画像統合ガイダンスの開発
全件表示
論文 (458件):
  • Yuma Waseda, Shuichiro Kobayashi, Eiichiro Kanda, Minato Yokoyama, Junichiro Ishioka, Yoh Matsuoka, Kazutaka Saito, Yasuhisa Fujii. Impact of Bladder Neck Involvement on Recurrence in Patients With Non-muscle-invasive Bladder Cancer: An Analysis Based on a Time-dependent Model. Clin Genitourin Cancer. 2019
  • Hiroshi Fukushima, Yasuhisa Fujii. Editorial Comment to Does asymptomatic bacteriuria affect the response to intravesical bacillus Calmette-Guérin?. Int. J. Urol. 2019
  • Masahiro Toide, Minato Yokoyama, Motohiro Fujiwara, Toshiki Kijima, Kazutaka Saito, Yasuhisa Fujii. Renal function after bladder-preserving therapy for patients with muscle-invasive bladder cancer: Results of selective bladder-preserving tetramodality therapy consisting of maximal transurethral resection, induction chemoradiotherapy and partial cystecto. Int. J. Urol. 2019. 26. 10. 1010-1012
  • Soichiro Yoshida, Taro Takahara, Yuki Arita, Chikako Ishii, Yusuke Uchida, Keiko Nakagawa, Kazuma Toda, Tsuyoshi Sakamoto, Toshiki Kijima, Minato Yokoyama, Junichiro Ishioka, Yoh Matsuoka, Kazutaka Saito, Ryoichi Yoshimura, Yasuhisa Fujii. Progressive Site-Directed Therapy for Castration-Resistant Prostate Cancer: Localization of the Progressive Site as a Prognostic Factor. Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 2019. 105. 2. 376-381
  • Yuki Arita, Taro Takahara, Soichiro Yoshida, Thomas C Kwee, Shugo Yajima, Chikako Ishii, Ryota Ishii, Shigeo Okuda, Masahiro Jinzaki, Yasuhisa Fujii. Quantitative Assessment of Bone Metastasis in Prostate Cancer Using Synthetic Magnetic Resonance Imaging. Invest Radiol. 2019. 54. 10. 638-644
もっと見る
MISC (89件):
  • Yasuhisa Fujii. Prediction models for progression of non-muscle-invasive bladder cancer: A review. Int. J. Urol. 2017
  • Kazutaka Saito, Yasuhisa Fujii. Antitumor Activity and Safety of Enzalutamide After Abiraterone Acetate: Seeking the Optimal Treatment Sequence for Castration-resistant Prostate Cancer Patients. Eur. Urol. 2017
  • Soichiro Yoshida, Taro Takahara, Thomas C Kwee, Yuma Waseda, Shuichiro Kobayashi, Yasuhisa Fujii. DWI as an Imaging Biomarker for Bladder Cancer. AJR Am J Roentgenol. 2017. 208. 6. 1218-1228
  • 松岡 陽、井上雅晴、伊藤将也、吉田宗一郎、横山みなと、石岡淳一郎、沼尾 昇、齋藤一隆、藤井靖久、木原和徳. 内視鏡操作ロボットを用いたガスレス・シングルポート・ロボサージャン前立腺全摘除. 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌. 2016. 8. 1. 31-35
  • Yasuhisa Fujii. Editorial Comment from Dr Fujii to Early unclamping might reduce the risk of renal artery pseudoaneurysm after robot-assisted laparoscopic partial nephrectomy. Int. J. Urol. 2015. 22. 12. 1103-1103
もっと見る
書籍 (21件):
  • ミニマム創・内視鏡下ストーマ創利用膀胱全摘+回腸導管造設
    日本泌尿器科学会 2003
  • 後腹膜リンパ節郭清術. / 泌尿器科周術期管理のすべて.荒井陽一,松田公志 編集
    メジカルビュー社 2004 ISBN:4-7583-0556-0
  • 第6章 転移性前立腺がんとは / 心配しないでいいですよ 再発・転移 前立腺がん.福井巌 監修,米瀬淳二 編著
    真興(株)医書出版部 2006 ISBN:978-4-88003-203-0
  • 膀胱癌 管理・治療 1.表在癌 / 新しい診断と治療のABC 45.腎癌・膀胱癌.木原和徳 編集
    最新医学社 2007
  • 進行性前立腺癌の治療: 内分泌治療 / 新しい診断と治療のABC 49.前立腺癌.木原和徳 編集
    最新医学社 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (307件):
  • ミニマム創内視鏡下膀胱部分切除を施行した膀胱褐色細胞腫の一例
    (第605回日本泌尿器科東京地方会 2011)
  • 集学的治療が奏効した肺転移を有する原発性女子尿道腺癌の1例
    (第606回日本泌尿器科東京地方会 2011)
  • Case discussion with Prof. Mark Emberton
    (第2回Metropolitan Urology Summer Seminar 2012)
  • 3D-HMD・ガスレス・シングルポート・無阻血腎部分切除
    (日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 第5回学術集会 2012)
  • 3D-HMD・ガスレス・シングルポート・前立腺全摘除
    (日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 第5回学術集会 2012)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1988 東京医科歯科大学 医学部
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京医科歯科大学)
経歴 (19件):
  • 1988/04/01 - 1988/06/09 東京医科歯科大学 研究従事
  • 1988/06/10 - 1988/12/31 東京医科歯科大学 臨床研修医
  • 1989/01/01 - 1989/12/31 藤沢市民病院 臨床研修医
  • 1990/01/01 - 1991/12/31 関東中央病院 医員
  • 1992/01/01 - 1994/06/30 大宮赤十字病院 医員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 腎癌研究会 財務委員長
  • Japanese Journal of Clinical Oncology 査読委員
  • 日本泌尿器科学会 代議員
受賞 (4件):
  • 2015/03 - ポスター賞: 第30回欧州泌尿器科学会(藤井 靖久)
  • 2014/04 - 日本泌尿器科学会 IJU reviewers of the Year 2013(藤井靖久)
  • 2013/04 - 日本泌尿器科学会 第101回日本泌尿器科学会総会 総会賞(藤井靖久,小林秀一郎,古賀文隆,横山みなと,吉田宗一郎,石岡淳一郎,松岡陽,沼尾昇,齋藤一隆,増田均,木原和徳) 膀胱頸部腫瘍は筋層非浸潤性膀胱癌の進展の予測因子である:前向きコホートでの検証と進展予測モデルの作成
  • 2001/06 - The endocrine society ENDO Travel Awards (Yasuhisa Fujii, Yohei Okada, Joseph P Moore Jr, Alan C Dalkin, Stephen J Winters) Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide (PACAP) Suppresses Follicle-Stimulating Hormone-b (FSH-b) mRNA levels by Up-Regulating Follistatin Expression
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る