研究者
J-GLOBAL ID:200901006819909624   更新日: 2020年12月03日

小川 秀司

オガワ ヒデシ | Ogawa Hideshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://hideshiogawahomepage.weebly.com/
研究分野 (2件): 自然人類学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (6件): 動物行動学 ,  生態学 ,  霊長類学 ,  Ethology ,  Primatology ,  Ecology
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2018 マカク属の社会の種間差:アッサムモンキーとアカゲザルの社会関係はなぜ異なるのか
  • 2013 - 2015 アッサムモンキーの社会と生態:オス間の寛容性の進化を探る
  • 2010 - 2012 サバンナウッドランド地帯における霊長類の分布と生息状況
  • 2001 - 2002 泊り場での霊長類3個体間の位置関係と社会交渉から3者の相性の生じ方を探る
  • 1999 - 2000 3者の相互作用による相性の生じ方:各々は仲の良い霊長類3者がなぜうまくいかないか
論文 (41件):
  • Social interactions between rhesus macaques, Macaca mulatta, Assamese macaques, M. assamensis, in Nepal, Why do male, rhesus macaques follow social, groups of, Assamese macaques, Primate Research, et al. Ogawa, H., Paudel, P. K., Koirala, S., Khatiwada, S., & Chalise, M. K. 2019
  • Comparison of genital contact, behaviors among, Macaca assamensis, pelops in Nepal, M. a, assamensis in Thailand, M. thibetana, in, China. Journal, of, et al. Ogawa, H., Chalise, M. K., Malaivijitnond, S., Koirala, S., Hamada, Y., & Wada, K. (2019). 2019
  • Behavioral asymmetries among mother-infant, dyads of syntopic macaques, Macaca assamensis, M. mulatta, in Shivapuri-Nagarjun National Park, Nepal. Journal, of Ecology, Natural Resources, DOI. Upadhayay, P., Khanal, L., Ogawa, O., & Chalise, M. K. (2018). 2018
  • The influence of, phylogeny, social style, sociodemographic factors on, macaque social network structure. American Journal of, Prim, DOI. Balasubramaniam, K. N., Beisner, B. A., Berman, C. M., de Marco, A., Duboscq, J., Koirala, S., Majolo, B., MacIntosh, A. J. J., McFarland, R., Molesti, S., Ogawa, H., Petit, O., Schino, G., Sosa, S., Sueur, C., Thierry, B., de Waal, F.B.M, & McCowan, B.J. 2018
  • Sabina Koirala, Mukesh K. Chalise, Hem Bahadur Katuwal, Raju Gaire, Bishnu Pandey, Hideshi Ogawa. Diet and Activity of Macaca assamensis in Wild and Semi-Provisioned Groups in Shivapuri Nagarjun National Park, Nepal. FOLIA PRIMATOLOGICA. 2017. 88. 2. 57-74
もっと見る
MISC (32件):
  • 小川秀司 (2019). サバンナウッドランド地帯のチンパンジーはどんな環境で眠るのか 日本人類学会進化人類学分科会ニューズレター(初期人類の睡眠を考える:森林とサバンナの昼と夜) pp. 14-17. 2019
  • 小川秀司 (2016). 伝えられないもどかしさ 中京大学評論誌八事 32: 36-42. 2016
  • 小川秀司 (2015). タンザニア横断,自転車の旅-サバンナを抜けてチンパンジーの住む林へ- 図書793: 18-23. 2015
  • Chalise, M. K., Ogawa, H., & Pandey, B. P. (2013). Assamese monkeys in Nagarjun forest of Shivapuri Nagarjun National Park, Nepal. Tribhuvan University Journal, 28(1-2): 181-190. 2013
  • Ogawa, H. & Malaivijitnond, S. (2013) Social behaviors of Assamese macaques (Macaca assamensis) at Wat Tham Pla, Chiang Rai Province. Final Report of the project (No.0002.3/4429) to National Research Council of Thailand. 2013
もっと見る
書籍 (7件):
  • 小川秀司 (2017). 乾燥疎開林に謎のチンパンジーを探して-タンザニアあちこち大作戦- ユニテ 名古屋 ISBN978-4-8432-3084-8 C3040
    2017
  • Berman, C., Matheson, M., Li, J., Ogawa, H., & Ionica, C. (2014). Tourism, infant mortality, and stress indicators among Tibetan macaques at Huangshan, China. In: Russon A. & Wallis J. (eds.) Primate tourism: a tool for conservation?
    Cambridge University Press, pp. 21-43. ISBN: 978-1-107-01812-9 2014
  • Plumptre, A. J., Rose, R., Nangendo, G., Williamson, E. A., Didier, K., Hart, J., Mulindahabi, F., Hicks, C., Griffin, B., Ogawa, H., Nixon, S., Pintea, L., Vosper, A., McLennan, M., Amsini, F., McNeilage, A., Makana, J. R., Kanamori, M.,
    2011
  • Ogawa, H. (2006). Wily monkeys: Social intelligence of Tibetan macaques. Kyoto University Press and Trans Pacific Press. ISBN: 1-920901-97-3, 978-1-920901-97-4
    2006
  • 7. 小川秀司 (2002). アフリカの原野で暮した日々 加納隆至, 黒田末寿, 橋本千絵(編著) アフリカを歩く-フィールドノートの余白に- 以文社 東京 pp. 189-205. ISBN: 4-7531-0223-8
    2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (77件):
  • 吉川翠, 小川秀司, 伊谷原一 (2019). タンザニアの疎開林地帯に生息する霊長類の採食物とその特徴 第66回日本生態学会大会 (2019年3月15-19日 兵庫県神戸市 神戸国際会議場)
    (2019)
  • 吉川翠, 小川秀司, 伊谷原一 (2019). タンザニアの乾燥疎開林地帯に生息するチンパンジーの直接観察事例 霊長類研究 35(Supplement): 59. 第35回日本霊長類学会大会(2019年7月12-14日 熊本県熊本市 国際交流会館)
    (2019)
  • 小川秀司, Khatiwada S., Paudel, P. K., & Chalise, M. K. (2019). ネパールにおけるアッサムモンキーとアカゲザルの生息地利用と遊動パターン 霊長類研究35(Supplement): 59-60. 第35回日本霊長類学会大会(2019年7月12-14日 熊本県熊本市 国際交流会館)
    (2019)
  • 小川秀司, Chalise, M., Khatiwada S., Pandey, B., Koirala, S., & Paudel, P. & Upadhayay, P. (2018). ネパールにおけるアッサムモンキーとアカゲザルの社会交渉 霊長類研究34(Supplement): 40. 第34回日本霊長類学会大会(2018年7月13-15日 東京都練馬区 武蔵野大学)
    (2018)
  • Ogawa, H., Chalise, M. K., Khatiwada, S., Pandey, B. P., Koirala, S., Paudel, P. K., & Upadhayay, P. (2018). Social interactions between Macaca assamensis and M. mulatta at Shivapuri Nagarjun National Park in central Nepal. Abstract pp. 26-27.
    (2018)
もっと見る
Works (9件):
  • アジアのアッサムモンキーの社会行動の比較調査
    2008 - 現在
  • 乾燥疎間林の野生チンパンジーの生態調査
    1994 - 現在
  • Ethological study of Assamese monkeys in Asia.
    2008 -
  • 嵐山のニホンザルの社会行動調査
    1986 - 2003
  • Ethological study of Japanese monkeys.
    1998 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1995 京都大学 研修員
  • 1989 - 1994 京都大学 霊長類学専攻
  • 1984 - 1989 京都大学
学位 (1件):
  • Ph.D.
経歴 (7件):
  • 2008/04 - 現在 中京大学 国際教養部 教授
  • 2007/04 - 2008/03 中京大学 教養部 准教授
  • 1998/04 - 2007/03 中京大学 教養部 助教授
  • 2004/04 - 2005/03 カリフォルニア大学サンディエゴ校 客員研究員
  • 1997/04 - 1998/03 京都大学 霊長類研究所 教務職員(文部技官)
全件表示
受賞 (1件):
  • 1992 - 第1回日本霊長類学会海外学術研究賞
所属学会 (5件):
International Primatological Society(国際霊長類学会) ,  日本生態学会 ,  日本動物行動学会 ,  日本霊長類学会 ,  International Primatological Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る