研究者
J-GLOBAL ID:200901006819909624   更新日: 2019年10月10日

小川 秀司

オガワ ヒデシ | OGAWA, Hideshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://hideshiogawahomepage.weebly.com/
研究分野 (2件): 生態・環境 ,  自然人類学
研究キーワード (3件): 霊長類学 ,  生態学 ,  動物行動学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2018 マカク属の社会の種間差:アッサムモンキーとアカゲザルの社会関係はなぜ異なるのか
  • 2013 - 2015 アッサムモンキーの社会と生態:オス間の寛容性の進化を探る
  • 2010 - 2012 サバンナウッドランド地帯における霊長類の分布と生息状況
  • 2001 - 2002 泊り場での霊長類3個体間の位置関係と社会交渉から3者の相性の生じ方を探る
  • 1999 - 2000 3者の相互作用による相性の生じ方:各々は仲の良い霊長類3者がなぜうまくいかないか
論文 (40件):
  • Comparison of genital contact behaviors among Macaca assamensis pelops in Nepal, M. a. assamensis in Thailand, and M. thibetana in China. Journal of Ethology, 37(3): 243-258. DOI 10.1007/s10164-019-00595-5. Ogawa, H., Chalise, M. K., Malaivijitnond, S., Koirala, S., Hamada, Y., & Wada, K. (2019). 2019
  • (2019). Social interactions between rhesus macaques (Macaca mulatta) and Assamese macaques (M. assamensis) in Nepal: Why do male rhesus macaques follow social groups of Assamese macaques? Primate Research, 35(1): 45-51. DOI: 10.2354/psj.35.005. Ogawa, H., Paudel, P. K., Koirala, S., Khatiwada, S., & Chalise, M. K. 2019
  • (2018). The influence of phylogeny, social style, and sociodemographic factors on macaque social network structure. American Journal of Primatology, 80(1): e22727. DOI: 10.1002/ajp.22727. Balasubramaniam, K. N., Beisner, B. A., Berman, C. M., de Marco, A., Duboscq, J., Koirala, S., Majolo, B., MacIntosh, A. J. J., McFarland, R., Molesti, S., Ogawa, H., Petit, O., Schino, G., Sosa, S., Sueur, C., Thierry, B., de Waal, F.B.M, & McCowan, B.J. 2018
  • Behavioral asymmetries among mother-infant dyads of syntopic macaques (Macaca assamensis and M. mulatta) in Shivapuri-Nagarjun National Park, Nepal. Journal of Ecology & Natural Resources, 2(5): 000142. DOI: 10.23880/jenr-16000142. Upadhayay, P., Khanal, L., Ogawa, O., & Chalise, M. K. (2018). 2018
  • Koirala, S., Chalise, M., Katuwal, H., Gaire, R., Pandey, B., & Ogawa, H. (2017). Diet and activity of Macaca assamensis in wild and semi-provisioned groups in Shivapuri Nagarjun National Park, Nepal. Folia Primatologica, 88: 57-74. 2017
もっと見る
MISC (20件):
  • 小川秀司 (2019). サバンナウッドランド地帯のチンパンジーはどんな環境で眠るのか 日本人類学会進化人類学分科会ニューズレター(初期人類の睡眠を考える:森林とサバンナの昼と夜) pp. 14-17. 2019
  • 小川秀司 (2016). 伝えられないもどかしさ 中京大学評論誌八事 32: 36-42. 2016
  • 小川秀司 (2015). タンザニア横断,自転車の旅-サバンナを抜けてチンパンジーの住む林へ- 図書793: 18-23. 2015
  • Ogawa, H. & Malaivijitnond, S. (2013) Social behaviors of Assamese macaques (Macaca assamensis) at Wat Tham Pla, Chiang Rai Province. Final Report of the project (No.0002.3/4429) to National Research Council of Thailand. 2013
  • Chalise, M. K., Ogawa, H., & Pandey, B. P. (2013). Assamese monkeys in Nagarjun forest of Shivapuri Nagarjun National Park, Nepal. Tribhuvan University Journal, 28(1-2): 181-190. 2013
もっと見る
書籍 (7件):
  • 9. 小川秀司 (1999). たちまわるサル-チベットモンキーの社会的知能-(生態学ライブラリー7) 京都大学学術出版会 京都 ISBN: 4-87698-307-0
    1999
  • 8. 小川秀司 (2000). 疎開林で食べ森に集まって眠るチンパンジー 杉山幸丸(編著) 霊長類生態学-環境と行動のダイナミズム- 京都大学学術出版会 京都 pp. 131-152. ISBN4-87698-406-9
    2000
  • 7. 小川秀司 (2002). アフリカの原野で暮した日々 加納隆至, 黒田末寿, 橋本千絵(編著) アフリカを歩く-フィールドノートの余白に- 以文社 東京 pp. 189-205. ISBN: 4-7531-0223-8
    2002
  • Ogawa, H. (2006). Wily monkeys: Social intelligence of Tibetan macaques. Kyoto University Press and Trans Pacific Press. ISBN: 1-920901-97-3, 978-1-920901-97-4
    2006
  • Plumptre, A. J., Rose, R., Nangendo, G., Williamson, E. A., Didier, K., Hart, J., Mulindahabi, F., Hicks, C., Griffin, B., Ogawa, H., Nixon, S., Pintea, L., Vosper, A., McLennan, M., Amsini, F., McNeilage, A., Makana, J. R., Kanamori, M.,
    2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (67件):
  • Ogawa, H. (1991). Triadic social relationship in bridging behavior among Tibetan monkeys. Abstracts, p. 90. The 22nd International Ethological Conference (27-29 August 1991, Kyoto University, Kyoto, Japan).
    (1991)
  • 小川秀司 (1991). チベットモンキー(Macaca thibetana)のブリッジング行動における三者の社会関係 霊長類研究 7(2): 155. 第7回日本霊長類学会大会(1991年6月28-30日 岡山県倉敷市 川崎医科大学)
    (1991)
  • 小川秀司 (1992). チベットモンキーのメス間の順位変動と連合形成 霊長類研究 8(2): 205. 第8回日本霊長類学会大会(1992年6月20-21日 京都府京都市 京都大学)
    (1992)
  • 小川秀司 (1993). 霊長類におけるしかえしシステムとチキンゲームにおけるESS 発表要旨集 p. 24.日本動物行動学会第12回大会(1993年12月3-5日 静岡県静岡市 静岡大学)
    (1993)
  • 小川秀司 (1993). 霊長類におけるしかえしシステムの進化 霊長類研究 9(3): 296. 第9回日本霊長類学会大会(1993年6月26-27日 宮城県仙台市 仙台市戦災復興記念館)
    (1993)
もっと見る
Works (5件):
  • 嵐山のニホンザルの社会行動調査
    1986 - 2003
  • 中国のチベットモンキーの社会行動調査
    1989 - 1993
  • 乾燥疎間林の野生チンパンジーの生態調査
    1994 - 現在
  • コンゴ共和国のチンパンジーとゴリラの生態調査
    1994 - 1995
  • アジアのアッサムモンキーの社会行動の比較調査
    2008 - 現在
学歴 (3件):
  • 1984 - 1989 京都大学 理学部
  • 1989 - 1994 京都大学 理学研究科 霊長類学専攻
  • 1994 - 1995 京都大学 霊長類研究所 研修員
経歴 (7件):
  • 1990/03 - 1990/07 JICA (国際協力機構y) 専門家
  • 1995/06 - 1997/03 京都大学 COE研究員
  • 1997/04 - 1998/03 京都大学 教務職員(文部技官)
  • 2004/04 - 2005/03 カリフォルニア大学サンディエゴ校 客員研究員
  • 1998/04 - 2007/03 中京大学 助教授
全件表示
受賞 (1件):
  • 1992 - 第1回日本霊長類学会海外学術研究賞
所属学会 (4件):
日本霊長類学会 ,  日本動物行動学会 ,  日本生態学会 ,  International Primatological Society(国際霊長類学会)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る