研究者
J-GLOBAL ID:200901006837807928   更新日: 2019年08月05日

村岡 倫

ムラオカ ヒトシ | MURAOKA Hitoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): アジア史・アフリカ史
研究キーワード (1件): モンゴル帝国史
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2020 モンゴル帝国時代の仏像新発見に伴う「草原のシルクロード」の拠点に関する総合的研究
  • モンゴル帝国治下の遊牧諸集団の研究
  • 2008 - 2010 中国社会へのモンゴル帝国による重層的支配の研究 元朝史料学の新展開をめざして
  • 2011 - 2013 河南・山西地区の多民族融合社会史の研究 石刻史料による中国地域社会史解明の試み
論文 (32件):
  • 中田裕子・村岡 倫. アルタイ地方におけるモンゴル帝国時代の仏像の発見とその意義-2016年現地調査の報告をかねて-. 東洋史苑. 2018. 90. 1-37
  • 村岡 倫. チンギス・カンの庶子コルゲンのウルスと北安王. 13-14世紀モンゴル史研究. 2017. 2. 21-35
  • 村岡 倫. チンカイ・バルガスと元朝アルタイ方面軍. 13-14世紀モンゴル史研究. 2016. 1. 85-97
  • 村岡 倫. チンギス・カン世界戦略の「道」. 白石典之〔編〕『チンギス・カンとその時代』勉誠出版. 2015. 53-76
  • 村岡 倫. 『和林兵馬劉公去思碑』より-元代カラコルム行政の一端-. 九州大学東洋史論集. 2015. 43. 1-21
もっと見る
MISC (25件):
  • オルダ・ウルスと大元ウルス 「カイドゥの乱」 ・ 「シリギの乱」 をめぐって. 『東洋史苑』. 1999. 第52・53号
  • 空厥・ウイグル・モンゴル時代の遺蹟出土瓦とレンガ宣威軍城址宣威軍碑. 『モンゴル国現存遺蹟・碑文調査研究報告』 中央ユーラシア学研究会. 1999
  • 元朝後期カラコルム城市ハーンカー建設記念ペルシア語碑文の研究. 内陸アジア言語の研究
  • オルダ・ウルスと大元ウルス--「カイドゥの乱」・「シリギの乱」をめぐって--. 『東洋史苑』龍谷大学東洋史学研究会. 1999. 52-53. 1-38
  • シリギの乱-元初モンゴリアの争乱-. 東洋史苑. 1985. 24-25. 307
もっと見る
書籍 (1件):
  • 概説中国史下巻(近世-近現代)
    昭和堂 2016
講演・口頭発表等 (5件):
  • 日本モンゴル共同調査ビチェース・プロジェクトの15年 -モンゴル時代の碑文研究・遺跡調査の一端-
    (内陸アジア史学会大会 2009)
  • 龍谷大学所蔵『混一疆理歴代国都之図』に見えるモンゴル高原の諸都市
    (第10回国際モンゴル学者会議 2011)
  • 龍谷大学所蔵『混一疆理歴代国都之図』から見るユーラシア世界
    (京都高等学校社会科研究会2011年度春季総会・研究大会 2011)
  • 大谷探検隊のエルデニ・ゾー寺院調査
    (印度学仏教学学会2011年度大会 2011)
  • 『混一疆理歴代国都之図』から見た「世界」
    (龍谷大学アジア仏教文化研究センター文化講演会 2016)
学歴 (2件):
  • - 1981 龍谷大学 文学部 東洋史学
  • - 1989 龍谷大学 歴史・文学研究科 東洋史学
学位 (1件):
  • 文学修士 (龍谷大学)
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 内陸アジア史学会 常任理事
  • 2017/04 - 現在 日本モンゴル学会 理事
  • 1996 - 龍谷大学史学会 評議員
  • 2011 - 内陸アジア史学会 理事
所属学会 (8件):
西南アジア研究会 ,  東洋史研究会 ,  龍谷大学東洋史学研究会 ,  佛教史学会 ,  日本モンゴル学会 ,  龍谷大学史学会 ,  東方学会 ,  内陸アジア史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る