研究者
J-GLOBAL ID:200901006838099285   更新日: 2020年09月01日

伊藤 潔

イトウ キヨシ | Ito Kiyoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 産婦人科学
研究キーワード (5件): 婦人科病理 ,  災害科学 ,  災害医学 ,  産婦人科 ,  婦人科腫瘍
論文 (176件):
  • Ito K, Kimura R, Konishi H, Ozawa N, Yaegashi N, Ohashi Y, Suzuki M, Kakizoe T. A comparison of liquid-based and conventional cytology using data for cervical cancer screening from the Japan Cancer Society. Jpn J Clin Oncol. 2019. Epub ahead of print
  • Cohort Profile: Tohoku Medical Megabank Project Birth and Three-Generation Cohort Study (TMM BirThree Cohort Study): Rationale, Progress and Perspective. Int J Epidemiol. 2019. pii: dyz169. doi: 10.1093/ije
  • Miki Y, Sugawara Y, Shibahara Y, Tsuji I, Sasano H, Ito K. Multiple primary cancers associated with endometrial and ovarian cancers:An analysis based upon the Japan Autopsy Annual Database from 2002 to 2010. J Obstet Gynaecol Res. 2019. 45. 5. 1012-1018
  • Miki Y, Iwabuchi E, Ono K, Sasano H, Ito K. Exploring Protein-Protein Interaction in the Study of Hormone-Dependent Cancers. Int J Mol Sci. 2018. 19. 10. E3173.
  • Fue M, Miki Y, Takagi K, Hashimoto C, Yaegashi N, Suzuki T, Ito K. Relaxin 2/RXFP1 Signaling Induces Cell Invasion via the β-Catenin Pathway in Endometrial Cancer. International journal of molecular sciences. 2018. 19. 8. E2438
もっと見る
MISC (29件):
書籍 (7件):
  • Chemotherapeutic strategies for gynecological cancers.
    Research Signpost, Kerala, India. 2011
  • 今日の治療方針
    医学書院 2011
  • 子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドラインの解説
    金原出版 2010
  • 子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドライン
    金原出版 2010
  • 婦人科がん標準化学療法の実際
    金原出版 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (109件):
  • 子宮内膜癌発症機序と多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
    (第43回日本女性栄養・代謝学会学術集会 2019)
  • 災害科学、災害医学、そしてホルモンー災害科学国際研究所での取り組みを中心にー
    (第92回日本内分泌学会 2019)
  • ホルモン依存性癌におけるホルモンシグナルの可視化
    (第92回日本内分泌学会 2019)
  • Long-term oncologic and reproductive outcomes of a fertility-sparing management using high-dose medroxyprogesterone acetate (MPA) for endometrial adenocarcinoma or atypical endometrial hyperplasia
    (第70回日本産科婦人科学会 2018)
  • 子宮頸部腺癌の細胞像 特殊型腺癌
    (第50回日本臨床細胞学会秋期大会 2011)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
委員歴 (24件):
  • 2019/07 - 現在 ホルモンと癌研究会 理事長
  • 2018/07 - 現在 東北臨床細胞学会 理事長
  • 2016/01 - 現在 宮城臨床細胞学会 会長
  • 2015/04 - 現在 日本生殖内分泌学会 理事
  • 2013/08 - 現在 ホルモンと癌研究会 理事
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019/10 - 東北大学医学部産科学婦人科学教室同窓会佑坤褒賞(学術分野)
  • 2016/03 - Endocrine-Related Cancer Highly Read Author 2016 (one of the most read articles in Endocrine-Related Cancer during 2016 として、‘Top Downloaded Author’ certificateを授与)
  • 2006/01/20 - 東北大学医学部、艮陵同窓会 東北大学医学部奨学賞金賞 ホルモン補充療法と発癌ー子宮内膜癌と乳癌の相違点ー との題名で、従来は同じエストロゲン依存性腫瘍と考えられていた子宮内膜癌と乳癌の相違点を論じた。
所属学会 (20件):
The Endocrine Society(2003/04-2006/03) ,  International Gynecologic Cancer Society (IGCS)(2003/04-2006/03) ,  American Society for Clinical Oncology (ASCO)(2003/04-2006/03) ,  American Association of Cancer Research(AACR)(2003/04-2006/03) ,  日本産科婦人科学会(2003/04-2006/03 代議員) ,  日本臨床細胞学会(2003/04-2006/03 評議員) ,  日本婦人科腫瘍学会(2003/04-2006/03 評議員) ,  日本婦人科がん検診学会(2003/04-2006/03 理事) ,  日本ステロイドホルモン学会(2003/04-2006/03 評議員) ,  The Endocrine Society(2006/04-) ,  International Gynecologic Cancer Society (IGCS) (2006/04-) ,  American Association for Cancer Research (AACR)(2006/04-) ,  American Society of Clinical Oncology (ASCO)(2006/04-) ,  日本産婦人科乳癌学会(2006/04- 幹事) ,  日本ステロイドホルモン学会(2006/04- 評議員) ,  日本臨床細胞学会(2006/04- 評議員) ,  日本婦人科がん検診学会(2006/04- 理事) ,  日本婦人科腫瘍学会(2006/04- 理事) ,  日本産科婦人科学会(2006/04-2007/04 代議員) ,  日本産科婦人科学会 (2007/10- 代議員)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る