研究者
J-GLOBAL ID:200901006864842166   更新日: 2021年02月16日

山口 正剛

Yamaguchi Masatake
所属機関・部署:
職名: 研究主幹
ホームページURL (1件): https://www.scopus.com/authid/detail.uri?authorId=7404824193
研究分野 (1件): 金属材料物性
研究キーワード (3件): 粒界脆化 ,  金属 ,  第一原理計算
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2020 - 2024 金属被覆ジルコニウム合金型事故耐性燃料の開発
  • 2019 - 2024 「ナノ~マクロを繋ぐトモグラフィー:界面の半自発的剥離」
  • 2018 - 2023 ミルフィーユ構造の材料科学 - 新強化原理に基づく次世代構造材料の創製 -
  • 2014 - 2020 水素分配制御によるアルミニウム合金の力学特性最適化
  • 2016 - 2019 原子炉圧力容器を脆化させる析出相の結晶構造と機械的性質の解明
全件表示
論文 (93件):
  • 戸田裕之, 山口正剛, 都留智仁, 清水一行, 松田健二, 平山恭介. ナノ~マクロを繋ぐトモグラフィー:界面の半自発的剥離. まてりあ. 2021. 60. 1. 13-18
  • Mitsuhiro Itakura, Masatake Yamaguchi, Daisuke Egusa, Eiji Abe. Density functional theory study of solute cluster growth processes in Mg-Y-Zn LPSO alloys. Acta Materialia. 2021. 203. 116491-116491
  • Artenis Bendo, Kenji Matsuda, Katsuhiko Nishimura, Norio Nunomura, Taiki Tsuchiya, Seungwon Lee, Calin D. Marioara, Tomohito Tsuru, Masatake Yamaguchi, Kazuyuki Shimizu, et al. The possible transition mechanism for the meta-stable phase in the 7xxx aluminium. MATERIALS SCIENCE AND TECHNOLOGY. 2020. 36. 15. 1621-1627
  • Tomohito Tsuru, Kazuyuki Shimizu, Masatake Yamaguchi, Mitsuhiro Itakura, Kenichi Ebihara, Artenis Bendo, Kenji Matsuda, Hiroyuki Toda. Hydrogen-accelerated spontaneous microcracking in high-strength aluminium alloys. SCIENTIFIC REPORTS. 2020. 10. 1
  • 戸田裕之, 都留智仁, 山口正剛, 松田健二, 清水一行, 平山恭介. アルミニウムの自発的な界面剥離現象の謎に迫る-より高強度の金属材料開発に向けて. 化学. 2020. 75. 10. 48-53
もっと見る
MISC (169件):
  • 山口正剛, 海老原健一, 板倉充洋. ニッケルの液体金属脆化における選択性と水素脆化:第一原理計算. 材料とプロセス(CD-ROM). 2020. 33. 1
  • 清水一行, 戸田裕之, 小川諒太, 山口正剛, 竹内晃久. Al-Zn-Mg-X合金の水素分配および水素脆化挙動. 軽金属学会大会講演概要. 2020. 138th
  • 高本健吾, BENDO Artenis, 土屋大樹, LEE Seungwon, 松田健二, 西村克彦, 布村紀男, 戸田裕之, 平山恭介, 清水一行, et al. 水素チャージを施し時効処理したAl-2Zn-4Mg合金のTEM観察. 軽金属学会大会講演概要. 2020. 138th
  • 妹尾和樹, 中辻竜也, 山口正剛, 池尾直子, 向井敏司. マグネシウムの衝撃靭性改善に向けたアルミニウムおよび第三元素添加の効果. 軽金属学会大会講演概要. 2020. 138th
  • 日吉憲祐, 江草大佑, 山口正剛, 阿部英司, 阿部英司. Al-Mg-Si合金における微細溶質クラスタ形成のシミュレーション. 軽金属学会大会講演概要. 2020. 138th
もっと見る
特許 (1件):
  • アルミニウム合金材およびアルミニウム合金材の水素脆化防止剤
講演・口頭発表等 (78件):
  • 液体金属脆性から考えた水素脆化メカニズム
    (第11回プラストンに基づく変形現象研究会~鉄鋼材料の水素脆性~(京都大学構造材料元素戦略研究拠点) 2021)
  • アルミニウム合金中非整合界面の水素トラップエネルギーの第一原理計算
    (軽金属学会第139回秋期大会 2020)
  • 水素チャージを施し時効処理したAl-2Zn-4Mg合金のTEM観察
    (軽金属学会大会講演概要 2020)
  • Al-Zn-Mg-X合金の水素分配および水素脆化挙動
    (軽金属学会大会講演概要 2020)
  • ニッケルの液体金属脆化における選択性と水素脆化:第一原理計算
    (材料とプロセス(CD-ROM) 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1991 - 1994 東京大学大学院 相関理化学専攻 博士課程
  • 1989 - 1991 東京大学大学院
  • 1985 - 1989 東京大学 基礎科学科第一
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2015/04 - 現在 国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 研究主幹(2009-)
  • 2012 - 現在 京都大学 構造材料元素戦略拠点准教授
  • 2016/04 - 2019/03 神戸大学 客員教授
  • 2005/10 - 2015/03 独立行政法人 日本原子力研究開発機構 研究副主幹(-2009)
  • 1994/04 - 2005/09 特殊法人日本原子力研究所 研究員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020/11 - 現在 新構造材料技術研究組合(ISMA) 水素助長き裂伝ぱ評価技術開発検討委員会 委員
  • 2019/04 - 現在 軽金属学会 アルミニウム中の水素と材料物性研究部会 委員
  • 2018 - 現在 鉄鋼協会 水素脆化フォーラム 委員
  • 2015/04 - 2019/03 軽金属学会 水素と力学特性研究部会 委員
受賞 (3件):
  • 2020/10 - 軽金属学会 令和2年度軽金属論文賞 Effect of Copper Addition on Precipitation Behavior near Grain Boundary in Al-Zn-Mg Alloy
  • 2016/06 - International Symposium on Environmental Degradation under Static and Cyclic Loads in Structural Metallic Materials at Ambient Temperatures IV (Cork, Ireland, May 29-June 3, 2016) Science Award
  • 2000 - 日本応用磁気学会学術奨励賞(武井賞)
所属学会 (4件):
日本鉄鋼協会 ,  日本原子力学会 ,  日本金属学会 ,  軽金属学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る