研究者
J-GLOBAL ID:200901007054374138   更新日: 2021年03月09日

山本 倫久

Yamamoto Michihisa
所属機関・部署:
職名: チームリーダー
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00376493
研究分野 (1件): 半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (10件): グラフェン ,  量子情報処理プロジェクト ,  量子コンピュータ ,  核スピン ,  スピン ,  半導体 ,  メゾスコピック系 ,  半導体物性 ,  スピンエレクトロニクス ,  量子ドット
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2013 - 2017 原子層の量子物性測定と新規物性探索
  • 2014 - 2016 量子電子光学実験による多体電子相関の解明
  • 2013 - 2014 電子増倍素子を用いた精密高速測定技術の開発
  • 2011 - 2013 量子状態の高速移送と非局所量子もつれ状態の生成
  • 2009 - 2013 半導体ナノ集積構造による量子情報制御・観測・伝送に関する研究
全件表示
論文 (59件):
  • R. Ito, S. Takada, A. Ludwig, A. D. Wieck, S. Tarucha, M. Yamamoto. Coherent Beam Splitting of Flying Electrons Driven by a Surface Acoustic Wave. Physical Review Letters. 2021. 126. 7
  • Miuko Tanaka, Yuya Shimazaki, Ivan Valerievich Borzenets, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, Seigo Tarucha, Michihisa Yamamoto. Charge Neutral Current Generation in a Spontaneous Quantum Hall Antiferromagnet. Physical Review Letters. 2021. 126. 1
  • M. Tanaka, Y. Fujishiro, M. Mogi, Y. Kaneko, T. Yokosawa, N. Kanazawa, S. Minami, T. Koretsune, R. Arita, S. Tarucha, et al. Topological Kagome Magnet Co3Sn2S2 Thin Flakes with High Electron Mobility and Large Anomalous Hall Effect. Nano Letters. 2020. 20. 10. 7476-7481
  • Ivan V. Borzenets, Jeongmin Shim, Jason C. H. Chen, Arne Ludwig, Andreas D. Wieck, Seigo Tarucha, H.-S. Sim, Michihisa Yamamoto. Observation of the Kondo screening cloud. Nature. 2020. 579. 7798. 210-213
  • C. T. Ke, A. W. Draelos, A. Seredinski, M. T. Wei, H. Li, M. Hernandez-Rivera, K. Watanabe, T. Taniguchi, M. Yamamoto, S. Tarucha, et al. Anomalous periodicity of magnetic interference patterns in encapsulated graphene Josephson junctions. Physical Review Research. 2019. 1. 3
もっと見る
MISC (15件):
  • 樽茶清悟, 大岩顕, 山本倫久. 電気制御電子スピンを用いた量子情報システムの現状と将来展望. 固体物理. 2013. 48. 11. 557-573
  • 山本 倫久, 高田 真太郎, 樽茶 清悟. 固体量子情報の長距離移送と量子電子光学実験への挑戦. 日本物理學會誌. 2013. 68. 5. 288-295
  • 山本 倫久, 高田 真太郎, 樽茶 清悟. 表面弾性波を用いた単一電子移送 : 飛行電子の量子光学実験に向けて. 固体物理. 2012. 47. 4. 163-169
  • 山本 倫久, Craciun Monica F, Russo Saverio. 3層グラフェンの電気伝導とバンド構造 (ディラック電子系の固体物理 特集号) -- (グラフェンの物理). 固体物理. 2010. 45. 11. 581-588
  • 井上 敦文, 山本 倫久, 大岩 顕, 樽茶 清悟. 21pHW-6 高電圧を印加した近接量子ポイントコンタクトによる量子ドットのスピンに依存したクーロンピークの変化(21pHW 量子ドット・グラフェン,領域4(半導体,メゾスコピック系・局在)). 日本物理学会講演概要集. 2010. 65. 1
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士
経歴 (5件):
  • 2017/08 - 2020/03 理化学研究所 創発物性科学研究センター ユニットリーダー
  • 2017/08 - 2018/09 東京大学 大学院工学系研究科 特任准教授
  • 2014/06 - 2017/07 東京大学 大学院工学系研究科 講師
  • 2007/04 - 2014/05 東京大学 大学院工学系研究科 助教
  • 2004/04 - 2007/03 東京大学 大学院工学系研究科 助手
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る