研究者
J-GLOBAL ID:200901007174888623   更新日: 2020年06月08日

市岡 優典

イチオカ マサノリ | Ichioka Masanori
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.physics.okayama-u.ac.jp/mp/http://www.physics.okayama-u.ac.jp/mp/
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (5件): スピン電荷密度波 ,  電子状態 ,  磁束渦糸 ,  超伝導 ,  物性理論
MISC (108件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • Superconductivity - Theory and Applications(共著)
    InTech 2011 ISBN:9789533071510
  • Topology in Ordered Phases
    World Scientific Publishing, Singapore 2006
  • Ruthenate and Rutheno-Cuprate Materials ---Unconventional Superconductivity, Magnetism and Quantum Phase Transitions--- [Lecture Notes in Physics VOL. 603]
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2002
  • Vortices in Unconventional Superconductors and Superfluids [Springer Series in Solid-State Sciences. VOL. 132]
    Springer, Heidelberg 2002
  • Chapter 13. Vortex Structure in Clean Type(]G0002[) Superconductors with s-wave and d-wave Pair Symmetries "jointly worked"
    "The superconducting state in magnetic fields" World Scientific, Singapore
講演・口頭発表等 (168件):
  • 傾斜磁場下の表面近くの渦糸状態
    (第25回渦糸物理国内会議 -超伝導体における渦糸状態の物理と応用(2017)- 2017)
  • 趣旨説明(シンポジウム「超伝導スピントロニクスの物理とその展望」)
    (日本物理学会 2017年秋季大会 2017)
  • 2バンド超伝導体におけるバンド毎の渦糸芯半径の磁場温度依存性
    (日本物理学会 第72回年次大会 2017)
  • Paramagnetic and Diamagnetic Pair-Breaking Effect in Electric-Field-Induced Surface Superconductivity under Parallel Magnetic Fields
    (29th International Symposium on Superconductivity (ISS2016) 2016)
  • 2バンド超伝導体におけるバンド毎の渦糸半径
    (第24回渦糸物理国内会議 -超伝導体における渦糸状態の物理と応用(2016)- 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1989 - 1996 京都大学 理学研究科 物理学第一
  • 1985 - 1989 京都大学 理学部
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 岡山大学 教授
  • 2011/04 - 2016/03 岡山大学 教授
  • 2007/04 - 2011/03 岡山大学 准教授
  • 2003/01 - 2007/03 岡山大学 助教授
  • 1998/09 - 2002/12 岡山大学 助手
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2018 - 日本物理学会 領域6(金属・低温)代表
  • 2017 - 日本物理学会 領域6(金属・低温)副代表
受賞 (1件):
  • 2009 - 科学研究費補助金第一段審査における模範審査意見に対する表彰
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る