研究者
J-GLOBAL ID:200901007190597701   更新日: 2020年09月01日

土方 誠

ヒジカタ マコト | Hijikata Makoto
所属機関・部署:
職名: 准教授,准教授
研究分野 (1件): ウイルス学
研究キーワード (6件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  ウイルス学 ,  Cell Biology ,  Molecular Biology ,  Virology
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 1999 - 肝発がんにおけるβカテニンの機能解析
  • 1999 - Functional Analysis of β-catenin in Hepato Cellular Carcinogenesis
  • 1997 - がん抑制遺伝子p53関連遺伝子p73の機能解析
  • 1997 - Functional analysis of p73 gene related with tumor suppressor gene, p53
  • 1990 - C型肝炎ウイルスによる発がん機構に関する研究
全件表示
論文 (129件):
MISC (72件):
  • MIYAYAMA Yohei, CHAYAMA Hiromi, MIKI Daiki, IMAMURA Michio, CHAYAMA Kazuaki, HIJIKATA Makoto. Development of novel recombinant HCV1b culture system. 第65回日本ウイルス学会学術集会.大阪. 2017
  • OKAMURA Hitomi, NIO Yasunori, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto. Fatty acids synthesized from cellular fatty acid synthesis pathway play roles in hepatitis B virus production. 第65回日本ウイルス学会学術集会.大阪. 2017
  • OKAMURA Hitomi, MIYAYAMA Yohei, AKAHORI Yuichi, HIJIKATA Makoto. Modulation of HBV life cycle by Sulforaphane. 2017 International meeting on the molecular biology of hepatitis B viruses, Washington D.C., USA. 2017
  • OKAMUARA Hitomi, NIO Yasunori, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto. Fatty acids with certain carbon chain length can support hepatitis B virus production. 2017 International meeting on the molecular biology of hepatitis B viruses, Washington D.C., USA. 2017
  • Development of novel hepatitis B virus culture system using immortalized human hepatocytes. 第64回日本ウイルス学会学術集会.札幌. 2016
もっと見る
特許 (14件):
  • 上皮系体制幹細胞の作成方法
  • 内胚葉性幹細胞の製造方法
  • 感染性C型肝炎ウイルス粒子の製造方法、およびその利用
  • 肝炎ウイルスの増殖方法、及びその利用
  • 上皮系体性幹細胞の製造方法
もっと見る
書籍 (4件):
  • 3D細胞培養系を用いた患者血液由来HCV培養
    肝・胆・膵 57 (5), 679-687 2008 2008
  • HCVと肝発癌
    医学のあゆみ 224 (9), 693-698 2008 2008
  • C型肝炎ウイルスの生活環と発がん
    公益社団法人 日本農芸化学会 2008
  • C型肝炎ウイルス(共著)
    アイピーシー, 2000
講演・口頭発表等 (6件):
  • 肝炎ウイルス培養系の開発とその応用
    (Meet the expert 2016)
  • HCV培養系開発から見出された新たなHCV薬の標的
    (第27回広島肝臓研究会学術講演会 2014)
  • C型肝炎治療薬の新たな分子標的の探索
    (第13回肝疾患フォーラム学術集会 2013)
  • Novel targets for anti HCV drugs preventing infectious virus particle production.
    (The 3rd JCA-AACR Special Joint Conference, The Latest Advances in Liver Cancer Research: From Basic Science to Therapeutics, Chiba, Japan 2011)
  • ウイルス培養系を用いたC型肝炎ウイルスの性状と病原性の解明、 臨床分離HCV株の培養と性状
    (第58回日本ウイルス学会学術総会 2010)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1988 信州大学 生理系生化学
  • - 1988 信州大学
  • - 1982 信州大学 生物学
  • - 1982 信州大学
学位 (2件):
  • 理学修士 (信州大学)
  • 医学博士 (信州大学)
経歴 (9件):
  • 1994 - 1997 国立がんセンター研究所室長
  • 1994 - 1997 Section Head, National Cancer Center Research Institute
  • 1997 - - Associate Professor, Institute for Virus Research, Kyoto University
  • 1994 - 1996 米国ロックフェラ?大学博士研究員
  • 1994 - 1996 Postdoctoral Fellow, The Rockefeller University, NY, USA
全件表示
所属学会 (4件):
日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本ウイルス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る