研究者
J-GLOBAL ID:200901007190597701   更新日: 2022年12月26日

土方 誠

ヒジカタ マコト | Hijikata Makoto
所属機関・部署:
職名: 准教授,准教授
研究分野 (1件): ウイルス学
研究キーワード (6件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  ウイルス学 ,  Cell Biology ,  Molecular Biology ,  Virology
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 1999 - 肝発がんにおけるβカテニンの機能解析
  • 1999 - Functional Analysis of β-catenin in Hepato Cellular Carcinogenesis
  • 1997 - がん抑制遺伝子p53関連遺伝子p73の機能解析
  • 1997 - Functional analysis of p73 gene related with tumor suppressor gene, p53
  • 1990 - C型肝炎ウイルスによる発がん機構に関する研究
全件表示
論文 (144件):
もっと見る
MISC (106件):
  • Mitsutaka Osawa, Michio Imamura, Takuro Uchida, Yuji Teraoka, Hatsue Fujino, Takashi Nakahara, Atsushi Ono, Eisuke Murakami, Tomokazu Kawaoka, Daiki Miki, et al. RESISTANCE ANALYSIS FOR GLECAPREVIR AND PIBRENTASVIR ON GENOTYPE 1b HEPATITIS C VIRUS INFECTION IN SUBGENOMIC REPLICON SYSTEMS AND HUMAN HEPATOCYTE TRANSPLANTED MICE. HEPATOLOGY. 2019. 70. 988A-989A
  • MIYAYAMA Yohei, CHAYAMA Hiromi, MIKI Daiki, IMAMURA Michio, CHAYAMA Kazuaki, HIJIKATA Makoto. Development of novel recombinant HCV1b culture system. 第65回日本ウイルス学会学術集会.大阪. 2017
  • OKAMURA Hitomi, NIO Yasunori, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto. Fatty acids synthesized from cellular fatty acid synthesis pathway play roles in hepatitis B virus production. 第65回日本ウイルス学会学術集会.大阪. 2017
  • OKAMURA Hitomi, MIYAYAMA Yohei, AKAHORI Yuichi, HIJIKATA Makoto. Modulation of HBV life cycle by Sulforaphane. 2017 International meeting on the molecular biology of hepatitis B viruses, Washington D.C., USA. 2017
  • OKAMUARA Hitomi, NIO Yasunori, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto. Fatty acids with certain carbon chain length can support hepatitis B virus production. 2017 International meeting on the molecular biology of hepatitis B viruses, Washington D.C., USA. 2017
もっと見る
特許 (14件):
  • 上皮系体制幹細胞の作成方法
  • 内胚葉性幹細胞の製造方法
  • 感染性C型肝炎ウイルス粒子の製造方法、およびその利用
  • 肝炎ウイルスの増殖方法、及びその利用
  • 上皮系体性幹細胞の製造方法
もっと見る
書籍 (4件):
  • 3D細胞培養系を用いた患者血液由来HCV培養
    肝・胆・膵 57 (5), 679-687 2008 2008
  • HCVと肝発癌
    医学のあゆみ 224 (9), 693-698 2008 2008
  • C型肝炎ウイルスの生活環と発がん
    公益社団法人 日本農芸化学会 2008
  • C型肝炎ウイルス(共著)
    アイピーシー, 2000
講演・口頭発表等 (6件):
  • 肝炎ウイルス培養系の開発とその応用
    (Meet the expert 2016)
  • HCV培養系開発から見出された新たなHCV薬の標的
    (第27回広島肝臓研究会学術講演会 2014)
  • C型肝炎治療薬の新たな分子標的の探索
    (第13回肝疾患フォーラム学術集会 2013)
  • Novel targets for anti HCV drugs preventing infectious virus particle production.
    (The 3rd JCA-AACR Special Joint Conference, The Latest Advances in Liver Cancer Research: From Basic Science to Therapeutics, Chiba, Japan 2011)
  • ウイルス培養系を用いたC型肝炎ウイルスの性状と病原性の解明、 臨床分離HCV株の培養と性状
    (第58回日本ウイルス学会学術総会 2010)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1988 信州大学 医学研究科 生理系生化学
  • - 1988 信州大学
  • - 1982 信州大学 理学部 生物学
  • - 1982 信州大学
学位 (2件):
  • 理学修士 (信州大学)
  • 医学博士 (信州大学)
経歴 (9件):
  • 1994 - 1997 国立がんセンター研究所室長
  • 1994 - 1997 Section Head, National Cancer Center Research Institute
  • 1997 - - Associate Professor, Institute for Virus Research, Kyoto University
  • 1994 - 1996 米国ロックフェラ?大学博士研究員
  • 1994 - 1996 Postdoctoral Fellow, The Rockefeller University, NY, USA
全件表示
所属学会 (4件):
日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本ウイルス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る