研究者
J-GLOBAL ID:200901007190597701   更新日: 2019年09月30日

土方 誠

ヒジカタ マコト | HIJIKATA Makoto
所属機関・部署:
職名: 准教授,准教授
研究分野 (1件): ウイルス学
研究キーワード (3件): ウイルス学 ,  分子生物学 ,  細胞生物学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 1990 - C型肝炎ウイルスの増殖機構に関する研究
  • 1990 - C型肝炎ウイルスによる発がん機構に関する研究
  • 1997 - がん抑制遺伝子p53関連遺伝子p73の機能解析
  • 1999 - 肝発がんにおけるβカテニンの機能解析
論文 (53件):
  • Nio Y, Sasai M, Akahori Y, Okamura H, Hasegawa H, Oshima M, Watashi K, Wakita T, Ryo A, Tanaka Y, Hijikata M. Bardoxolone methyl as a novel potent antiviral agent against hepatitis B and C viruses in human hepatocyte cell culture systems. Antiviral research. 2019. 169. 104537
  • Osawa M, Uchida T, Imamura M, Teraoka Y, Fujino H, Nakahara T, Ono A, Murakami E, Kawaoka T, Miki D, Tsuge M, Hiramatsu A, Abe-Chayama H, Hayes CN, Makokha GN, Aikata H, Ishida Y, Tateno C, Miyayama Y, Hijikata M, Chayama K. Efficacy of glecaprevir and pibrentasvir treatment for genotype 1b hepatitis C virus drug resistance-associated variants in humanized mice. The Journal of general virology. 2019. 100. 7. 1123-1131
  • Hishiki T, Kato F, Nio Y, Watanabe S, Wen Tan NW, Yamane D, Miyazaki Y, Lin CC, Suzuki R, Tajima S, Lim CK, Saijo M, Hijikata M, Vasudevan SG, Takasaki T. Stearoyl-CoA desaturase-1 is required for flavivirus RNA replication. Antiviral research. 2019. 165. 42-46
  • Takeuchi F, Ikeda S, Tsukamoto Y, Iwasawa Y, Qihao C, Otakaki Y, Ryota O, Yao WL, Narita R, Makoto H, Watashi K, Wakita T, Takeuchi K, Chayama K, Kogure A, Kato H, Fujita T. Screening for inhibitor of episomal DNA identified dicumarol as a hepatitis B virus inhibitor. PloS one. 2019. 14. 2. e0212233
  • Nio Y, Akahori Y, Okamura H, Watashi K, Wakita T, Hijikata M. Inhibitory effect of fasiglifam on hepatitis B virus infections through suppression of the sodium taurocholate cotransporting polypeptide. Biochemical and biophysical research communications. 2018. 501. 3. 820-825
もっと見る
MISC (32件):
もっと見る
特許 (14件):
  • 上皮系体制幹細胞の作成方法
  • 感染性C型肝炎ウイルス粒子の製造方法、およびその利用
  • 肝炎ウイルスの増殖方法、及びその利用
  • ポリヌクレオチドおよびC型肝炎ウイルス遺伝子の検出方法
  • 構造蛋白質遺伝子、組換えベクター、組換えウイルス、ポリペプチドおよびポリペプチドの製造方法
もっと見る
書籍 (4件):
  • C型肝炎ウイルス(共著)
    アイピーシー, 2000
  • C型肝炎ウイルスの生活環と発がん
    公益社団法人 日本農芸化学会 2008
  • HCVと肝発癌
    医学のあゆみ 224 (9), 693-698 2008 2008
  • 3D細胞培養系を用いた患者血液由来HCV培養
    肝・胆・膵 57 (5), 679-687 2008 2008
講演・口頭発表等 (5件):
  • 血液由来HCVの感染増殖を再現する新しい培養細胞系の構築
    (第18回広島肝臓研究会 2009)
  • ウイルス培養系を用いたC型肝炎ウイルスの性状と病原性の解明、 臨床分離HCV株の培養と性状
    (第58回日本ウイルス学会学術総会 2010)
  • C型肝炎治療薬の新たな分子標的の探索
    (第13回肝疾患フォーラム学術集会 2013)
  • HCV培養系開発から見出された新たなHCV薬の標的
    (第27回広島肝臓研究会学術講演会 2014)
  • 肝炎ウイルス培養系の開発とその応用
    (Meet the expert 2016)
学歴 (2件):
  • - 1982 信州大学 理学部 生物学
  • - 1988 信州大学 医学研究科 生理系生化学
学位 (2件):
  • 理学修士 (信州大学)
  • 医学博士 (信州大学)
経歴 (4件):
  • 1988 - 1991 財団法人がん研究振興財団リサーチレジデント
  • 1991 - 1994 国立がんセンター研究所研究員
  • 1994 - 1996 米国ロックフェラ?大学博士研究員
  • 1994 - 1997 国立がんセンター研究所室長
所属学会 (4件):
日本ウイルス学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本癌学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る