研究者
J-GLOBAL ID:200901007207042636   更新日: 2020年01月15日

福川 康之

フクカワ ヤスユキ | FUKUKAWA, Yasuyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/site/fukukawaevopsy/https://sites.google.com/site/fukukawaevopsy/
研究分野 (3件): 臨床心理学 ,  衛生学・公衆衛生学 ,  社会心理学
研究キーワード (1件): 社会関係、ストレス、適応、老年学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2015 - 2019 高齢者のための在宅継続転倒予防プログラムと検知・支援モニタリング方法の開発と評価
  • 2015 - 2018 「行動免疫仮説」に基づく感情の適応的機能に関する総合的検討
  • 2015 - 2018 高齢者のための在宅継続転倒予防予防プログラムと検知・支援モニタリング方法の開発と評価
  • 2015 - 2017 「行動免疫仮説」に基づく感情の適応的機能に関する総合的検討
  • 2013 - 2016 ホスピタリティの心理的基盤についての実証的研究
全件表示
論文 (35件):
  • 吉田 暁,福川康之 ,石井康智. タッチパネルを用いたリアイム情動評定法の作成. バイオメディカル・ファジシステム学会誌. 2019. 21. 1. 15-20
  • 福川康之. 社会的ネットワークと幸福感;計量社会学で見る人間関係. 老年社会科学. 2018. 39. 4. 475-475
  • 小野口 航,福川 康之. 中高年期の生きがいと精神的健康との関連:居住地域と年代に着目した検討. 年金研究. 2017. 7. 0. 84-96
  • Fukukawa, Y., Onoguchi, W. & Oda, R. Reciprocity as social capital and self-rated health in Japanese community-dwelling adults. GSTF Journal of Psychology. 2015. 2. 1. 28-33
  • 松本晶子,小野口 航,福川康之. 人の移動動機の解明に向けて-島人の離島選好度と地理認知. 生物科学. 2015. 66. 2. 112-120
もっと見る
MISC (32件):
もっと見る
書籍 (14件):
  • 進化でみる人間行動の事典(仮)
  • ストレス測定法(翻訳)
    川島書店 1999
  • ストレス心理学
    川島書店 2002
  • 朝倉心理学講座19:ストレスと健康の心理学
    朝倉書店 2006
  • 新体系看護学全書基礎科目:心理学(発刊時のタイトル:新体系看護学基礎科目:心理学)
    メヂカルフレンド社 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (172件):
  • 慢性分裂病患者のベンダーゲシュタルトテスト(II)~とくに作業能力との関係について~
    (日本作業療法学会第28回大会(秋田) 1994)
  • 慢性分裂病者に対する作業療法評価の検討~精神症状(BPRS)および錐体外路症状(EPS)との関係について.
    (日本作業療法学会第29回大会(鹿児島) 1995)
  • 精神分裂病患者の治療環境とソーシャル・サポート
    (日本心理学会第60回大会(東京) 1996)
  • 入院精神分裂病患者のソーシャルサポート
    (日本心理学会第61回大会(大阪) 1997)
  • 大学進学志望動機とアパシーとの関連-大学生および予備校生を対象として-
    (日本心理学会第62回大会(東京) 1998)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(文学) (早稲田大学)
委員歴 (1件):
  • 2007 - 2009 日本産業ストレス学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2007 - 小貫英教育賞(心理学部門)
  • 2004 - 長寿科学振興財団理事長賞
所属学会 (8件):
アジア社会心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本人間行動進化学会 ,  日本老年社会科学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本産業ストレス学会 ,  日本心理学会 ,  日本発達心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る