研究者
J-GLOBAL ID:200901007306897368   更新日: 2019年11月29日

荒牧 憲隆

アラマキ ノリタカ | ARAMAKI Noritaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.kagawa-nct.ac.jp/http://www.kagawa-nct.ac.jp/
研究分野 (3件): 地盤工学 ,  地球・資源システム工学 ,  環境技術・環境材料
研究キーワード (6件): 地盤工学 ,  資源開発工学 ,  地盤材料 ,  地盤改良 ,  地盤環境工学 ,  リサイクル
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2016 炭層シミュレータの改良とバイオメタン生成に関する検討
  • 2015 - 2015 バイオメタン生成のための炭層シミュレータの開発
  • 2010 - 2012 木質系バイオマス炭化材の地盤材料への適用性に関する研究
  • 2011 - 2011 新燃岳火山噴出物を用いた低環境負荷型高機能地盤材料の開発
  • 2003 - 2004 スパイラル構造体を支保部材とする岩盤支保技術の開発
全件表示
論文 (91件):
  • 荒牧憲隆,蓮岡大我,金子勝比古. 地下圏バイオメタン生産に資する有機物分解促進時の人工炭層の力学および化学的性質に関する検討. 第13回環境地盤工学シンポジウム発表論文集. 2019. 471-476
  • Ueno A, Tamazawa S, Tamamura S, Aramaki N, Alam Badrul A.K.M., Murakami T, Yamaguchi S, Yamagishi J, Tamaki H, Mayumi D, Naganuma T, Kaneko K. Improvement of terrestrial groundwater sampling method affects microbial community analysis. Geomicrobiology Journal. 2019. 36. 303-316
  • Shofa H, Tamamura S, Ueno A, Tamazawa S, Aramaki N, Murakami T, Badrul Alam A.K.M., Igarashi T, Kaneko K. Biogenic methane generation using solutions from column reactions of lignite with hydrogen peroxide. International journal of coal geology. 2018. 197. 66-73
  • Ueno A,Tamazawa S, Tamamura S, Aramaki N, Badrul A AKM, Murakami T, Yamaguchi S, Aoyama H, Nakashima K, Igarashi T, Naganuma T, Kaneko K. Anaerobic decomposition of humic substances by microbial consortium obtained from the deep subsurface. 22nd International Symposium on Analytical and Applied Pyrolysis (Pyro2018). 2018
  • 荒牧憲隆,ALAM A.K.M. Badrul,山口眞司,青山秀夫,金子勝比古. 過酸化水素による有機物分解促進時の褐炭の圧縮特性に関する基礎的検討. 土木学会・第45回岩盤力学に関するシンポジウム. 2018
もっと見る
MISC (4件):
特許 (1件):
  • 地層中に含まれる石炭および/または珪藻岩からメタンガスを地層中において製造する方法
書籍 (4件):
  • 環境と経済を考慮した建設発生土と廃棄物の有効利用
    2003
  • 斜面災害における予知と対策技術
    2007
  • 地盤環境および防災における地域資源の活用
    2010
  • The New Technology Frontier: Adcanced Preventive Measures against Landslides
    2011
講演・口頭発表等 (7件):
  • 破砕性土の液状化特性と土のエネルギー資源化技術の開発
    (第59回 香川高等専門学校 イブニングセミナー兼香川県地盤工学研究会,平成30年度 第2回学術講演会 2018)
  • サンプリング装置の改良が陸域褐炭層地下水中の微生物群集構造解析に与える影響について
    (日本微生物生態学会 第32回大会 2018)
  • ハロゲン元素比を用いた北海道内の深部地下水中のヨウ素起源の推定
    (地球惑星科学連合2018年大会 2018)
  • 柔な補強材により部分補強された盛土の耐震性の検討
    (2019)
  • 短繊維補強砂の締固め特性と強度変形特性
    (令和元年度地盤工学会四国支部技術研究発表会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1992 長崎大学 工学部 土木工学科
  • - 1994 長崎大学大学院 工学研究科 土木工学専攻
  • - 1997 山口大学大学院 工学研究科 設計工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (山口大学)
経歴 (5件):
  • 1997 - 2001 熊本工業大学 土木工学科 助手
  • 2001 - 2005 崇城大学 環境建設工学科 講師
  • 2005 - 2013 崇城大学 エコデザイン学科 准教授
  • 2013 - 2018 北海道科学技術総合振興センター 幌延地圏環境研究所 主任研究員
  • 2018 - 現在 香川高等専門学校 建設環境工学科 准教授
委員歴 (7件):
  • 2016 - 現在 北海道土木技術会・土質基礎委員会・火山灰質土研究部会 委員
  • 2015 - 現在 資源・素材学会 地球・資源グループ・採掘技術部門委員会 委員
  • 2013 - 2016 地盤工学会・地盤工学ジャーナル編集委員会 編集委員
  • 2007 - 2009 地盤工学会 地盤環境・防災における地域資源の活用に関する研究委員会 幹事
  • 2007 - 2005 地盤工学会・九州における地盤災害と防災技術に関する研究委員会 幹事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017 - 資源・素材学会 平成28年度第42回論文賞 地層内バイオメタン生成に関する宗谷夾炭層での有機物分解促進に関する検討
  • 2013 - 地盤工学会 第59回地盤工学シンポジウム優秀講演賞 過酸化水素を用いた石炭系材料の有機物分解および内部構造の経時変化
所属学会 (4件):
地盤工学会 ,  土木学会 ,  資源・素材学会 ,  日本材料学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る