研究者
J-GLOBAL ID:200901007333918610   更新日: 2020年09月28日

清水 朗

Shimizu Akira
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (3件): 西洋史 ,  言語学・音声学 ,  独語・独文学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1997 - 2000 法権力と文学創造-日・独・英・仏における近代検閲制度の成立に関する比較研究-
  • 1949 - 中高ドイツ語における「格」研究
論文 (45件):
  • 清水 朗. 未開の諸フォルクが風紀をもつようになるーヨハン・クリストフ・アーデルングの「フォルク」概念について. 人文・自然研究. 2019. 13. 1-12
  • 清水 朗. 言語思想の転換点としての18世紀 : 啓蒙主義とロマン主義の確執. 人文・自然研究. 2018. 12. 1-13
  • 清水 朗. 前近代最後の世紀としての18世紀における言語思想-言語史に照らした社会史-. 人文・自然研究. 2017. 11
  • AKIRA SHIMIZU. DIE ,NATION' VOR DER NEUZEIT. IHRE MYTHOLOGISIERUNG IN HISTORIOGRAPHISCHEN UND LITERARISCHEN WERKEN ÜBER KARL DEN GROSSEN (II: ERGÄNZUNG). Hitotsubashi journal of arts and sciences. 2013. 54. 1. 1-4
  • 清水 朗. 脱北者問題とシェンゲン協定. 一橋法学. 2013. 12. 1. 359-368
もっと見る
書籍 (2件):
  • 独検合格らくらく30日<3級> (共著)
    郁文堂 1996
  • 独検合格らくらく30日<4級> (共著)
    郁文堂 1996
学歴 (2件):
  • - 1986 東京大学 ドイツ語史、統語論
  • - 1981 早稲田大学 経済
経歴 (3件):
  • 2000/04/01 - 現在 一橋大学 法学研究科 教授
  • 1994/04/01 - 1995/03/31 名古屋工業大学 - 助教授
  • 1991/04/01 - 1994/03/31 名古屋工業大学 - 講師
所属学会 (4件):
日本独文学会東海支部 ,  ドイツ言語理論研究会 ,  ドイツ文法理論研究会 ,  日本独文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る