研究者
J-GLOBAL ID:200901007383514420   更新日: 2020年06月07日

堀 久男

ホリ ヒサオ | Hori Hisao
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.sci.kanagawa-u.ac.jp/chem/hori/
研究分野 (2件): 環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術
研究キーワード (30件): フッ素ポリマー ,  フッ素 ,  分解 ,  光触媒 ,  パーフルオロカルボン酸 ,  PFOA ,  PFOS ,  亜臨界水 ,  熱水 ,  亜臨界 ,  パーフルオロオクタン酸 ,  過硫酸 ,  環境残留性 ,  界面活性剤 ,  PF0A ,  PF0S ,  ペルフルオロオクタン酸 ,  パーフルオロアルキルスルホン酸 ,  光分解 ,  パーフルオロオクタンスルホン酸 ,  無害化 ,  ペルフルオロスルホン酸膜 ,  テロマーアルコール ,  ペルフルオロカルボン酸 ,  ヘテロポリ酸 ,  二酸化炭素 ,  燃料電池 ,  パーフルオロノナン酸 ,  有機フッ素化合物 ,  パーフルオロ酸
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2012 - 2012 電解硫酸の光励起に基づく電子産業用有機フッ素化合物の分解・無害化反応システム
  • 2012 - 2012 エネルギーデバイス用フッ素系イオン液体の非焼却分解・再資源化反応システムの開発
  • 2009 - 2011 熱水反応に基づく燃料電池用フッ素ポリマー膜材料の非焼却分解システム
  • 2007 - 2008 還元反応に基づく生体蓄積性有機フッ素化合物の非焼却分解・無害化システム
  • 2005 - 2006 硫酸イオンラジカルを用いた環境残留性有害フッ素化合物の光化学分解・無害化システム
全件表示
MISC (10件):
特許 (4件):
  • フッ素系イオン交換樹脂膜の分解方法
  • フッ素系有機化合物の熱水分解法
  • フルオロカルボン酸類の分解方法
  • 二酸化炭素の光還元方法
書籍 (1件):
  • 国内外におけるPFOS/PFOAの最新規制動向と対応策
    技術情報協会 2008
学歴 (3件):
  • 1987 - 1990 慶應義塾大学大学院 理工学研究科後期博士課程 応用化学専攻
  • 1985 - 1987 慶應義塾大学大学院 修士課程 応用化学専攻
  • 1981 - 1985 慶應義塾大学 理工学部 応用化学科
学位 (1件):
  • 工学博士
経歴 (7件):
  • 2010/04 - 現在 神奈川大学理学部化学科 教授
  • 2004/05 - 2010/03 独立行政法人産業技術総合研究所環境管理技術研究部門 未規制物質研究グループ長
  • 2001/04 - 2004/04 独立行政法人産業技術総合研究所環境管理技術研究部門 主任研究員
  • 1994/10 - 2001/03 通商産業省工業技術院資源環境技術総合研究所 主任研究官
  • 1997/11 - 1998/10 マックスプランク石炭科学研究所 客員研究員(科学技術庁長期在外研究員)
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2013/05 - 現在 平塚市 環境審議会委員(副委員長)
  • 2009/09 - 2011/03 環境省 POPs廃棄物適正処理等検討会委員
  • 2008/12 - 2010/11 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
受賞 (2件):
  • 2017/10 - 一般社団法人産業環境管理協会 リサイクル技術開発本多賞(第22回) 光化学的手法による水中からのレニウムの効率的な回収
  • 2007/05 - 化学・バイオつくば財団 第15回化学・バイオつくば賞 環境残留性有機フッ素化合物の分解・無害化反応システムの開発
所属学会 (4件):
American Chemical Society ,  日本環境化学会 ,  日本水環境学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る