研究者
J-GLOBAL ID:200901007391255868   更新日: 2020年06月09日

今野 哲

コンノ サトシ | Konno Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (7件): サルコイドーシス ,  間質性肺炎 ,  慢性閉塞性肺疾患 ,  気管支喘息 ,  肺高血圧症 ,  呼吸器感染症 ,  呼吸器腫瘍
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2019 肥満が気管支喘息病態に及ぼす分子生物学的機序の解明
  • 2014 - 2016 CT所見、バイオマーカーから見た気管支喘息における上下気道の連関
  • 2011 - 2013 気管支喘息、COPDの病態における組織因子(Tissue factor)、第7因子(F7)の関与
  • 2008 - 2010 気道リモデリング、肺気腫形成におけるオステオポンチンの関与
  • 2006 - 2007 気管支喘息、アレルギー反応におけるオステオポンチンの意義
論文 (48件):
  • Holguin F, Cardet JC, Chung KF, Diver S, Ferreira DS, Fitzpatrick A, Gaga M, Kellermeyer L, Khurana S, Knight S, McDonald VM, Morgan RL, Ortega VE, Rigau D, Subbarao P, Tonia T, Adcock IM, Bleecker ER, Brightling C, Boulet LP, Cabana M, Castro M, Chanez P, Custovic A, Djukanovic R, Frey U, Frankemolle B, Gibson P, Hamerlijnck D, Jarjour N, Konno S, Shen H, Vitary C, Bush A. Management of Severe Asthma: a European Respiratory Society/American Thoracic Society Guideline. The European respiratory journal. 2019
  • Kanazawa J, Kitazawa H, Masuko H, Yatagai Y, Sakamoto T, Kaneko Y, Iijima H, Naito T, Saito T, Noguchi E, Konno S, Nishimura M, Hirota T, Tamari M, Hizawa N. A cis-eQTL allele regulating reduced expression of CHI3L1 is associated with late-onset adult asthma in Japanese cohorts. BMC medical genetics. 2019. 20. 1. 58
  • Suzuki M, Makita H, Konno S, Shimizu K, Nasuhara Y, Nagai K, Akiyama Y, Fuke S, Saito H, Igarashi T, Takeyabu K, Nishimura M. Annual change in FEV1 in elderly 10-year survivors with established chronic obstructive pulmonary disease. Scientific reports. 2019. 9. 1. 2073
  • Nagaoka K, Konno S, Murase K, Kikuchi T, Morinaga Y, Yanagihara K, Nakagawa I. Complete Genome Sequences of Streptococcus pneumoniae Strains HU-OH (Serotype 3, Sequence Type 183 [ST183]), NU83127 (Serotype 4, ST246), and ATCC 49619 (Serotype 19F, ST1203). Microbiology resource announcements. 2019. 8. 9
  • Shoji T, Konno S, Niida Y, Ogi T, Suzuki M, Shimizu K, Hida Y, Kaga K, Seyama K, Naka T, Matsuno Y, Nishimura M. Familial multifocal micronodular pneumocyte hyperplasia with a novel splicing mutation in TSC1: Three cases in one family. PloS one. 2019. 14. 2. e0212370
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (北海道大学)
経歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 北海道大学大学院医学研究院 教授
  • 2016/04 - 2019/03 北海道大学大学院医学研究院 准教授
  • 2011/05 - 2016/03 北海道大学病院 講師
  • 2005/04 - 2011/04 北海道大学病院 助教
  • 2005/01 - 2005/03 北海道大学病院 医員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2019 - 公益財団法人 寿原記念財団研究助成 肥満が気管支喘息病態に及ぼす分子生物学的機序の解明
  • 2019 - 公益財団法人 日本呼吸器財団研究助成 気管支喘息とCOPDの合併病態に焦点を当てた慢性気道疾患患者の包括的前向きコホート研究
  • 2018 - 公益財団法人 健康科学財団研究助成 肥満が気管支喘息病態に及ぼす分子生物学的機序の解明及びその臨床応用
  • 2017 - 日本サルコイドーシス・肉芽腫性疾患学会 千葉保之・本間日臣記念賞 サルコイドーシスの多様性の理解に向けた包括的アプローチ
  • 2010 - Pneumo Forum賞 COPD患者の気管支拡張反応に与えるアドレナリン受容体遺伝子(ADRB2)多型の意義
全件表示
所属学会 (9件):
日本呼吸器内視鏡学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本サルコイドーシス肉芽腫性疾患学会 ,  日本結核病学会 ,  日本感染症学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本内科学会 ,  日本肺高血圧・肺循環学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る