研究者
J-GLOBAL ID:200901007495967673   更新日: 2020年08月07日

金光 卓也

カネミツ タクヤ | Kanemitsu Takuya
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 薬系化学、創薬科学
研究キーワード (7件): 糖鎖工学 ,  触媒反応 ,  不斉反応 ,  Natural product chemistry ,  Organic chemistry ,  天然物化学 ,  有機化学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1997 - オリゴ糖の新規固相合成法の開発
  • 1997 - Study of novel method for solid phase synthesis of oligosaccharide
論文 (38件):
  • Odanaka Yuki, Kanemitsu Takuya, Iwasaki Kanako, Mochizuki Yukiko, Miyazaki Michiko, Nagata Kazuhiro, Kato Masaru, Itoh Takashi. Asymmetric Michael addition of malonic diesters to acrylates by phase-transfer catalysis toward the construction of quaternary stereogenic alpha-carbons. TETRAHEDRON. 2019. 75. 2. 209-219
  • Kanemitsu T, Sato M, Yoshida M, Ozasa E, Miyazaki M, Odanaka Y, Nagata K, Itoh T. Enantioselective α-Benzoyloxylation of Malonic Diesters by Phase-Transfer Catalysis. Organic letters. 2016. 18. 21. 5484-5487
  • Aiko Takizawa, Mirei Chiba, Takeru Ota, Mayumi Yasuda, Keiko Suzuki, Takuya Kanemitsu, Takashi Itoh, Hisashi Shinoda, Kaoru Igarashi. The novel bisphosphonate disodium dihydrogen-4-[(methylthio)phenylthio] methanebisphosphonate increases bone mass in post-ovariectomy rats. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2016. 131. 1. 37-50
  • Takuya Kanemitsu, Mizuho Inoue, Nono Yoshimura, Kazutoshi Yoneyama, Rie Watarai, Michiko Miyazaki, Yuki Odanaka, Kazuhiro Nagata, Takashi Itoh. A Concise One-Pot Organo- and Biocatalyzed Preparation of Enantiopure Hexahydrofuro[2,3-b]furan-3-ol: An Approach to the Synthesis of HIV Protease Inhibitors. EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY. 2016. 2016. 10. 1874-1880
  • Kazuhiro Nagata, Daisuke Sano, Osamu Aoyama, Takuya Kanemitsu, Michiko Miyazaki, Yuki Odanaka, Ayano Machida, Takashi Itoh. PHASE-TRANSFER CATALYZED SULFENYLATION OF 3-SUBSTITUTED-2-OXINDOLES. HETEROCYCLES. 2016. 92. 4. 631-635
もっと見る
MISC (7件):
  • 山本 仁美, 荻野 哲也, 加藤 肇, 金光 卓也, 佐野 敦彦, 杉山 恵理花, 松林 智子, 田中 佐知子, 田沼 和紀, 冨岡 栄作, et al. 実務実習における指導能力向上を目指した薬局指導薬剤師ワークショップの有用性の検討 学生に合わせた指導を行うために. 日本薬学会年会要旨集. 2016. 136年会. 4. 227-227
  • 伊藤 喬, 永田 和弘, 金光 卓也, 宮崎 倫子, 鳥居塚 和生, 高松 智, 福村 基徳, 小池 佑果. コショウからバニラを作る 医薬品開発を指向した学部学生への化学系実習の試みと効果 天然物化学から医薬品の合成へ. 日本薬学会年会要旨集. 2014. 134年会. 2. 174-174
  • 小林 文, 齋藤 勲, 沼澤 聡, 中村 明弘, 高松 智, 金光 卓也, 半田 智子, 橋本 みゆき, 平泉 由香, 板部 洋之, et al. 薬学部2~4年生の海外留学と英語に関する意識調査. 昭和大学薬学雑誌. 2013. 4. 2. 179-188
  • 鈴木薫, 大塚功, 金光卓也, 赤穂卓郎, 蟹江治. 二相系反応を用いるn-1ベンジル化によるフェニルチオグリコシド糖の合成. 日本糖質学会年会要旨集. 2005. 25th. 80
  • 大塚功, 早乙女周子, 赤穂卓郎, こうろぎ智美, 鈴木薫, 前村真, 金光卓也, 蟹江治. 固相合成法による糖鎖ライブラリーの創製に関する基礎研究. 日本糖質学会年会要旨集. 2003. 24th. 73
もっと見る
講演・口頭発表等 (112件):
  • 血栓溶解・抗酸化作用を有する微生物産生生理活性化合物の合成研究
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2019)
  • 不斉Birch還元-アルキル化を用いた(+)-Cassiolの合成研究
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2019)
  • 相間移動触媒を用いた不斉ベンゾイルオキシ化反応の開発
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2019)
  • Wntシグナル抑制因子-GSK3βを阻害するCarteriosulfonic acidの全合成
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2019)
  • 相間移動触媒を用いたマロン酸ジエステルのα位四級不斉炭素構築法の開発
    (反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1996 名古屋市立大学大学院 博士後期課程
  • 1992 - 1994 名古屋市立大学大学院 博士前期課程
  • 1988 - 1992 名古屋市立大学 製薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (名古屋市立大学)
経歴 (8件):
  • 2012/04 - 現在 昭和大学 薬学部 講師
  • 2005/04 - 2012/03 昭和大学 薬学部 助教
  • 2003/06 - 2005/03 共立薬科大学 助手
  • 2002/12 - 2003/05 マサチューセッツ工科大学 化学科 Postdoctoral Fellow
  • 2002/01 - 2002/11 マサチューセッツ工科大学 化学科 Postdoctoral Associate
全件表示
所属学会 (5件):
有機合成化学協会 ,  日本生薬学会 ,  日本糖質学会 ,  日本薬学会 ,  アメリカ化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る