研究者
J-GLOBAL ID:200901007711071000   更新日: 2020年12月23日

杉本 昌弘

スギモト マサヒロ | Sugimoto Masahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (2件): https://www.mip.tokyo-med.ac.jp/https://www.mip.tokyo-med.ac.jp/blank-12
研究分野 (1件): 生命、健康、医療情報学
研究キーワード (2件): メタボロミクス ,  バイオインフォマティクス
競争的資金等の研究課題 (59件):
  • 2020 - 2025 糖尿病患者の唾液メタボローム解析による膵癌早期診断の可能性に関する研究
  • 2020 - 2023 仮想人体構築学:チップ上に再現した臓器からみる全身代謝の分子ネットワーク
  • 2020 - 2023 仮想人体構築学の領域内外の連携促進と研究活動の支援
  • 2020 - 2023 仮想人体構築のための数理モデル化
  • 2020 - 2023 大規模コホート研究による口腔機能低下症の新規検査法開発研究
全件表示
論文 (141件):
  • Shigeo Ishikawa, Toshitada Hiraka, Kazukuni Kirii, Masahiro Sugimoto, Hiroaki Shimamoto, Ayako Sugano, Kenichiro Kitabatake, Yuuki Toyoguchi, Masafumi Kanoto, Kenji Nemoto, et al. Relationship between Standard Uptake Values of Positron Emission Tomography/Computed Tomography and Salivary Metabolites in Oral Cancer: A Pilot Study. Journal of clinical medicine. 2020. 9. 12
  • Hiroyuki Shimizu, Yoshihiko Usui, Masaki Asakage, Naoya Nezu, Ryo Wakita, Kinya Tsubota, Masahiro Sugimoto, Hiroshi Goto. Serum Metabolomic Profiling of Patients with Non-Infectious Uveitis. Journal of clinical medicine. 2020. 9. 12
  • Ryutaro Udo, Kenji Katsumata, Hiroshi Kuwabara, Masanobu Enomoto, Tetsuo Ishizaki, Makoto Sunamura, Yuichi Nagakawa, Ryoko Soya, Masahiro Sugimoto, Akihiko Tsuchida. Urinary charged metabolite profiling of colorectal cancer using capillary electrophoresis-mass spectrometry. Scientific reports. 2020. 10. 1. 21057-21057
  • Masahiro Sugimoto. Salivary metabolomics for cancer detection. Expert review of proteomics. 2020. 30. v46-v46
  • Masahiro Sugimoto, Sana Ota, Miku Kaneko, Ayame Enomoto, Tomoyoshi Soga. Quantification of Salivary Charged Metabolites using Capillary Electrophoresis Time-of-flight-mass Spectrometry. BIO-PROTOCOL. 2020. 10. 20. e3797
もっと見る
MISC (126件):
もっと見る
特許 (6件):
  • Salivary Metabolic Biomarkers for Human Oral Cancer Detection
  • Method of predicting traveling time of ionic compound by electrophoresis measuring (licensing-out to commercial company)
  • Diagnostic marker for liver diseases, its measurement method and instrument, and detection method of medical drugs
  • Prediction and training instrument and computer program.
  • Diagnosis of liver diseases (asymptomatic hepatitis B, asymptomatic hepatitis C, hepatitis B, hepatitis C, cirrhosis hepatitis, hepatocellular carcinoma, nonalcoholic steatohepatitis, and simple steatosis)
もっと見る
書籍 (10件):
  • メタボローム解析によるがん検査の開発, Pharma Medica 38巻7号
    メディカルレビュー社 2020
  • 「唾液のメタボローム解析による膵がん検査の可能性」『早期発見・予防に向けた次世代がん検査技術の最前線』
    シーエムシー出版株式会社 2019 ISBN:9784781314051
  • 「どこまで使える? メタボローム解析」『実験医学』
    羊土社 2018
  • Future Paradigm of Breast Cancer Resistance and Treatment, Part of the Resistance to Targeted Anti-Cancer Therapeutics book series (RTACT, volume 16)
    2017
  • 「メタボローム解析を活用したがん検出技術の開発」『リキッドバイオプシー -体液中腫瘍マーカーの検出・解析技術-』
    シーエムシー出版株式会社 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • メタボロミクス解析への機械学習の応用
    (順天堂大学同門会特別講演 2020)
  • 酵母の胞子形成の時系列マイクロアレイデータに対する効果的な非階層的クラスタリング手法開発の検討
    (第58回日本生物物理学会年会 2020)
  • ディープラーニング及びオートエンコーダーを用いた乳癌組織中の DEGs からの特徴抽出と予後予測
    (第58回日本生物物理学会年会 2020)
  • 遺伝子発現データからの幾何学的特徴抽出を用いたアトピー性皮膚炎発症における関連遺伝子群の調査
    (第58回日本生物物理学会年会 2020)
  • Machine learning enabled breast cancer detection using salivary metabolomics.
    (Annual Congress on Advances in Biotechnology 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2013 神奈川歯科大学大学院 博士(歯学)取得
  • 2002 - 2005 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 博士(学術)取得
  • 1998 - 2000 早稲田大学大学院 理工学研究科 機械工学専攻 工学修士取得
学位 (2件):
  • 博士(学術) (慶應義塾大学)
  • 博士(歯学) (神奈川歯科大学)
経歴 (17件):
  • 2018 - 現在 筑波大学 プレシジョン・メディスン開発研究センター 客員教授(非常勤)
  • 2017 - 現在 東京医科大学 低侵襲医療開発総合センター 健康増進・先制医療応用部門 教授
  • 2016 - 現在 京都大学大学院 医学研究科 非常勤講師
  • 2016 - 2017 神奈川歯科大学大学院 客員教授(非常勤)
  • 2015 - 2017 Jiujiang大学 客員教授
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2011 - 2014 メタボロームシンポジウム 実行委員
  • 2005 - 2007 日本システムバイオロジー研究会 運営委員
受賞 (3件):
  • 2019/10/31 - 全国食品技術研究会事務局 令和元年度全国食品技術研究会賞 優秀賞 山形県庄内産原料を使用した熟成生ハム開発と商品化
  • 2013/07 - 国際Metabolomics学会 Metabolomics Society Best Paper
  • 2011/10 - 山形県 山形県科学技術奨励賞
所属学会 (6件):
Metabolomics Society ,  歯科基礎医学会 ,  日本膵癌学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本バイオインフォマティクス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る