研究者
J-GLOBAL ID:200901007807738758   更新日: 2021年03月11日

結城 正美

ユウキ マサミ | Yuki Masami
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): ジェンダー ,  英文学、英語圏文学 ,  文学一般 ,  地域研究
研究キーワード (19件): 人新世 ,  比較文学 ,  アメリカ文学 ,  ネイチャーライティング ,  感覚としてのリスク ,  エコフェミニズム ,  庭をめぐる言説 ,  アーバンネイチャー ,  食 ,  レジリエンス ,  リスク ,  水俣病 ,  環境コミュニケーション ,  石牟礼道子 ,  里山 ,  汚染の言説 ,  エコクリティシズム ,  環境文学 ,  環境人文学
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2020 - 2025 惑星的な課題とローカルな変革:人新世における持続可能性、科学技術、社会運動の研究
  • 2020 - 2023 Asia-Norway Environmental Storytelling Network (ANEST)
  • 2020 - 2023 リスク感覚の多元的表出と生存の詩学-大加速への文学的応答の研究
  • 2020 - 2021 環境文学にみる対話のパラダイム:地層処分を話し合う〈共通語〉を求めて
  • 2015 - 2018 日本のネイチャーライティングにおける交感表象の歴史的様相
全件表示
論文 (20件):
  • 結城正美. American Nature Writing and Japan. The Oxford Research Encyclopedia of Literature. 2017
  • 結城正美. Analyzing Satoyama: A Rural Environment, Landscape, and Zone. Poetica. 2014. 80. 51-63
  • 結城正美. Why Eat Toxic Food?: Mercury Poisoning, Minamata, and Literary Resistance to Risks of Food. ISLE: Interdisciplinary Studies in Literature and Environment. 2012. 19. 4. 732-750
  • 結城正美. Morisaki Kazue's Diasporic Interventions in Language. IJOS: International Journal of Okinawan Studies. 2011. 2. 2. 31-40
  • 結城正美. 狩猟民を横目で見ながら言葉の海で舵を取るーー池澤夏樹のネイチャーライティング. 文藝. 2011. 50. 1. 72-75
もっと見る
MISC (26件):
  • 結城正美. 「エコクリティシズムのアクチュアリティ 結城正美インタビュー」. More-Than-Human. 2020. 1
  • 結城正美. (解説)リクへの手紙ーー解説に代えて. 2019. 238-244
  • 結城正美. エロスの手触りと言葉. 現代詩手帖. 2018. 61. 9. 84-88
  • 結城正美. 人新世の庭ーーdomesticationとwildnessをめぐって. 日本英文学会第90回大会Proceedings(付 2017年度支部大会Proceedings). 2018. 209-210
  • 結城正美. (書評)渡辺京二著『原発とジャングル』. 熊本日日新聞. 2018
もっと見る
書籍 (33件):
  • フィールド科学の入口 文学の環境を探る
    玉川大学出版部 2020
  • 国民国家と文学
    作品社 2019 ISBN:9784861827273
  • The Routledge Handbook of Ecocriticism and Environmental Communication
    Routledge 2019
  • Lexicon 現代人類学
    以文社 2018 ISBN:9784753103447
  • Ecocritical Aesthetics: Language, Beauty, and the Environment
    Indiana University Press 2018 ISBN:9780253032126
もっと見る
講演・口頭発表等 (39件):
  • "Loving and Eating Animal: The Culture of Survival in the Anthropocene"
    (International Workshop "Foodscapes of the Anthropocene: Risk, Justice, Conviviality" 2019)
  • “Rediscovery of a Culture of Survival: A Literary Response to the Great Acceleration”
    (International Workshop "Decentering the Anthropocene: Approaches to the Anthropocene in Chinese and Japanese Literature and Film" 2019)
  • エコクリティシズムと人新世
    (第3回人新世サロン(大阪大学) 2019)
  • Reexamining “Harmony with Nature”: Familia in Ishimure Michiko’s Work
    (Osaka University x University of Toronto "Landscape of Cohabitation: Diversity and Divergence in More-Than-Human Entanglements in the Anthropocene" 2019)
  • Mapping Risk and Feelings in Literature of the Toxic Age
    (第6回東アジア環境文学国際シンポジウム 2018)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1996 - 2000 ネウ ゙ァダ大学リノ校 文学・環境プログラム
  • 1995 - 1998 広島大学 国際社会論専攻
  • 1992 - 1994 金沢大学 英語教育専攻
  • 1987 - 1992 金沢大学 小学校教員養成課程
  • 1989 - 1990 ニューヨーク州立大学ニューポルツ校
学位 (2件):
  • PhD in English (University of Nevada, Reno)
  • 教育学修士 (金沢大学)
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 青山学院大学 文学部 英米文学科 教授
  • 2016 - 現在 広東外語外貿大学 中日比較生態文学研究所 名誉研究員
  • 2013/04 - 現在 立教大学 ESDセンター 客員研究員
  • 2016/04 - 2020/03 金沢大学 人間社会研究域 教授
  • 2012/01 - 2016/03 金沢大学 外国語教育研究センター 教授
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2018/04 - 現在 日本アメリカ文学会 本部編集委員
  • 2016/09 - 2020/11 ASLE-Japan/文学・環境学会 代表
  • 2012/09 - 2020/08 石川県環境審議会 委員
  • 2017/04 - 2018/03 日本アメリカ文学会中部支部 編集委員
  • 2012/09 - 2016/08 ASLE-Japan/文学・環境学会 副代表
全件表示
受賞 (2件):
  • 2007 - フルブライト奨学金 研究員プログラム
  • 1996 - フルブライト奨学金 大学院留学プログラム
所属学会 (5件):
日本英文学会 ,  日本アメリカ文学会 ,  ASLE-US/文学・環境学会 ,  ASLE-Japan/文学・環境学会 ,  Soundscape Association of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る