研究者
J-GLOBAL ID:200901007936189230   更新日: 2020年07月11日

石橋 郁人

イシバシ フミト | Ishibashi Fumito
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 長崎大学水産・環境科学総合研究科  教授
研究分野 (3件): 生物有機化学 ,  水圏生命科学 ,  ケミカルバイオロジー
研究キーワード (5件): ピロールアルカロイド ,  抗がん活性化合物 ,  海洋天然物 ,  生物有機化学 ,  生物生産学・生物有機化学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2016 - 2019 がん細胞のミトコンドリアを特異的な標的とする新規ラメラリン誘導体の創製
  • 2013 - 2013 抗がん活性の増強を目指したベンズインドロイソキノリン型トポイソメラーゼ阻害剤の構造改変
  • 2011 - 2012 ベンズインドロイソキノリン型抗ガン剤候補分子の合成と生理活性
  • 2009 - 2012 海洋アルカロイド、ラメラリンの分子作用機構に基づく新規抗ガン活性分子の設計と合成
  • 2007 - 2009 海洋産ピロールアルカロイドをモデルとしたテロメラーゼ阻害分子の設計と合成
全件表示
論文 (22件):
  • Mai Izumida, Koushirou Suga, Fumito Ishibashi, Yoshinao Kubo. The spirocyclic imine from a marine benthic dinoflagellate, portimine, is a potent anti-human immunodeficiency virus type 1 therapeutic lead compound. Marine Drugs. 2019. 17. 9. 495
  • Fukuda T, Nanjo Y, Fujimoto M, Yoshida K, Natsui Y, Ishibashi F, Okazaki F, To H, Iwao M. Lamellarin-inspired potent topoisomerase I inhibitors with the unprecedented benzo[g][1]benzopyrano[4,3-b]indol-6(13H)-one scaffold. Bioorganic & medicinal chemistry. 2019. 27. 2. 265-277
  • Tsutomu Fukuda, Yuri Matsuo, Fuyuki Matsuoka, Naoki Yoshioka, Gen Onodera, Masanari Kimura, Fumito Ishibashi, Masatomo Iwao. SYNTHESIS AND EVALUATION OF TOPOISOMERASE I INHIBITORS POSSESSING THE 5,13-DIHYDRO-6H-BENZO[6,7]INDOLO[3,2-c]QUINOLIN-6-ONE SCAFFOLD. Heterocycles. 2019. 99
  • 吉田賢佑, 福田勉, 石橋郁人, 岩尾正倫, Laurent Meijer. ラメラリンの軸不斉を利用したプロテインキナーゼ阻害選択性の制御. MEDCHEM NEWS. 2013. 2013. 2. 36-41
  • Kaoru Takamura, Hisami Matsuo, Ayana Tanaka, Junji Tanaka, Tsutomu Fukuda, Fumito Ishibashi, Masatomo Iwao. Total synthesis of the marine natural products lukianols A and B. Tetrahedron. 2013. 69. 2782-2788
もっと見る
特許 (3件):
講演・口頭発表等 (4件):
  • 海洋天然物ラメラリンNの構造改変によるT790M/C797S耐性変異EGFRに有効な可逆型チロシンキナーゼ阻害剤の開発
    (第36回メディシナルケミストリーシンポジウム 2018)
  • デニグリンCの合成研究
    (日本農芸化学会西日本支部大会 2018)
  • 脂溶性カチオン部位結合型ラメラリンの合成
    (日本農芸化学会西日本支部大会 2018)
  • 褐藻ウミウチワのグルコシダーゼ阻害活性物質
    (日本農芸化学会西日本支部大会 2018)
学歴 (2件):
  • - 1987 九州大学 農学研究科 農芸化学
  • - 1981 九州大学 農学部 農芸化学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (九州大学)
経歴 (3件):
  • 1992/10 - 現在 長崎大学
  • 1989/04 - 1992/09 愛媛大学 助手
  • 1987/04 - 1989/03 日本学術振興会 特別研究員
所属学会 (5件):
日本がん分子標的治療学会 ,  日本水産学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る