研究者
J-GLOBAL ID:200901008013535158   更新日: 2020年09月01日

富田 和男

トミタ カズオ | Tomita Kazuo
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/yakuri/
研究分野 (5件): 腫瘍診断、治療学 ,  常態系口腔科学 ,  薬理学 ,  腫瘍生物学 ,  病態系口腔科学
研究キーワード (10件): 神経障害 ,  放射線抵抗性 ,  応用薬理学 ,  腫瘍学 ,  フリーラジカル ,  ミトコンドリア ,  酸化ストレス ,  Free Radical ,  Mitochondria ,  Oxidative Stress
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2022 放射線抵抗性がん細胞の克服を目指した長期的かつ網羅的な生細胞モニタリング
  • 2019 - 2022 放射線・薬剤抵抗性を制御する細胞膜脂質過酸化と細胞内小器官とのクロストーク
  • 2018 - 2021 放射線耐性は膜の状態によって規定されるか?-臨床的治療耐性細胞によるアプローチ-
  • 2016 - 2019 ミトコンドリアDNA傷害細胞におけるストレス応答とその制御
  • 2016 - 2018 正常機能を有するミトコンドリアDNAは放射線耐性に必要か
全件表示
論文 (34件):
  • Amaneh Mohammadi Roushandeh, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Ali Jahanian-Najafabadi, Kento Igarashi, Mehryar Habibi Roudkenar, Tomoaki Sato. Transfer of healthy fibroblast-derived mitochondria to HeLa ρ0 and SAS ρ0 cells recovers the proliferation capabilities of these cancer cells under conventional culture medium, but increase their sensitivity to cisplatin-induced apoptotic death. Molecular Biology Reports. 2020. 47. 6. 4401-4411
  • Mojdeh Kheirandish-Postami, Mehryar Habibi Roudkenar, Ali Jahanian-Najafabadi, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Tomoaki Sato, Amaneh Mohammadi Roushandeh. Mitochondrial characteristics contribute to proliferation and migration potency of MDA-MB-231 cancer cells and their response to cisplatin. Life Sciences. 2020. 244. 117339
  • 桑原 義和、富田 和男、高畠 貴志、漆原 佑介、五十嵐 健人、 佐藤 友昭、栗政 明弘、福本 学. 臨床的放射線耐性細胞のこれまでとこれから. 東北医科薬科大学研究誌. 2019. 66. 19-24
  • 富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 高 裕子, 長澤 大成, 山西 沙祐里, 西谷 佳浩, 漆原 佑介, 宮脇 正一, 栗政 明弘, et al. 細胞内鉄動態と酸化ストレス抵抗性. 東北医科薬科大学研究誌. 2019. 66. 25-31
  • Tomita K, Fukumoto M, Itoh K, Kuwahara Y, Igarashi K, Nagasawa T, Suzuki M, Kurimasa A, Sato T. MiR-7-5p is a key factor that controls radioresistance via intracellular Fe2+ content in clinically relevant radioresistant cells. BBRC. 2019. 518. 4. 712-718
もっと見る
MISC (41件):
  • Furukawa M, Yamanishi S, Igarashi K, Tomita K, Miyawaki S, Sato T. Delay of GABA switch due to early life stress leads to developmental disorder. Atlas of science. 2018
  • Tomita K, Takashi Y, Igarashi K, Nishitani Y, Sato T. CRR Cells Show Resistance to H2O2 as a Delay in Timing of the Endogenous H2O2 Increase and of Lipid Peroxidation Increase. J. Oral Biosci. 2018. supple. 158
  • 高 裕子, 富田 和男, 五十嵐 健人, 西谷 佳浩, 佐藤 友昭. 過酸化水素処理によるρ0細胞の膜状態変化とその感受性. Journal of Oral Biosciences Supplement. 2018. 2018. 386-386
  • 富田 和男, 高 裕子, 五十嵐 健人, 西谷 佳浩, 佐藤 友昭. 治療耐性がん細胞は親株に比べ内在性過酸化水素と過酸化脂質の上昇のタイミングの遅延により過酸化水素に耐性を示す. Journal of Oral Biosciences Supplement. 2018. 2018. 158-158
  • Tomita K, Kuwahara Y, Takashi Y, Yamanishi S, Nabika H, Tanaka K, Kitanaka J, Kitanaka N, Takemura M, Nishiyama N, et al. Analysis of oxidative stress response in clinically relevant radioresistant cells. 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology. 2018
もっと見る
書籍 (3件):
  • 酸化ストレスの医学
    診断と治療社 2008
  • Intracellular oxidative stress caused by ionizing radiation, In Oxidative Stress, Disease and Cancer
    Majima HJ, Indo HP, Tomita K, Suenaga S, Motoori S, Kato H, Yen H-C and Ozawa T. 2006
  • 新ミトコンドリア学
    共立出版 2001
講演・口頭発表等 (125件):
  • X線で誘発される細胞死
    (第28回 日本Cell Death学会学術集会 2019)
  • 過酸化水素抵抗性がん細胞における過酸化水素抵抗メカニズムの解析
    (第1回南九州歯学会 2019)
  • Tetrabenazine attenuates morphine-induced hyperlocomotion, but not antinociception, in mice
    (第92回日本薬理学会年会 2019)
  • Histamine H3 receptor inverse agonists attenuate methamphetamine-induced hyperlocomotion in mice via histamine H1 receptors
    (第92回日本薬理学会年会 2019)
  • Effects of purine and pyrimidine nucleosides on hydrogen peroxide-induced thymidine incorporation
    (第92回日本薬理学会年会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2001 埼玉大学 大学院 生物環境科学専攻
  • 1996 - 1998 埼玉大学 生体制御学専攻
  • - 1996 埼玉大学 生体制御学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (埼玉大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 鹿児島大学学術研究院 医歯学域 歯学系 講師
  • 2015/04 - 2020/03 鹿児島大学学術研究院 医歯学域 歯学系 助教
  • 2007/04 - 2015/03 鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 助教
  • 2003/04 - 2007/03 鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 助手
  • 2001/12 - 2003/03 鹿児島大学歯学部 助手
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 NPO法人 治療耐性がん細胞研究協議会 理事 (事務局長)
  • 2017/02 - 2020/03 NPO法人 治療耐性がん細胞研究協議会 監事
受賞 (3件):
  • 2018 - 鹿児島大学歯学部同窓会奨励賞 (鹿児島大学歯学部同窓会より)
  • 2005 - 野井倉武憲賞(歯科放射線学会より)
  • 2002 - Travel Award (The oxigen society より)
所属学会 (5件):
日本東洋医学会 ,  日本癌学会 ,  NPO法人 治療耐性がん細胞研究協議会 ,  歯科基礎医学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る