研究者
J-GLOBAL ID:200901008109138532   更新日: 2019年08月21日

山口 桂子

Yamaguchi Keiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 生涯発達看護学
論文 (93件):
書籍 (11件):
  • ナーシングロードマップ 疾患別小児看護
    中央法規出版 2013
  • 新看護観察のキーポイントシリーズ 小児I
    中央法規出版 2011
  • コミュニティ心理学入門
    ナカニシヤ出版 2007
  • コミュニティ心理学ハンドブック
    東京大学出版会 2007
  • 母子看護学シリーズ「小児看護学」
    2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (179件):
  • NICUを退院した子どもの母親の夫婦間コミュニケーション
    (日本家族看護学会第22回学術集会 2015)
  • 中高年女性が入院することによっていだく役割葛藤とその関連要因
    (日本家族看護学会第22回学術集会 2015)
  • 家族支援専門看護師としての充実と成長のために
    (日本家族看護学会第22回学術集会 2015)
  • 新人看護師の介入プログラムの効果とストレス反応への影響要因の検討
    (一般社団法人日本看護研究学会第41回学術集会 2015)
  • 「あいちの大学『学び』フォーラム:初めての病気おぼえてますか?」
    (2015)
もっと見る
Works (15件):
  • 小児医療における医師と看護師の協働に関する問題
    山口桂子, 舟島なをみ 2005 -
  • 看護独自の介入
    著者:Mariah Snyder, 監訳, 尾崎フサ子, 早川和生, 訳者, 尾崎フサ子, 早川和生, 服部祐子, 山口桂子, 野島明子, 金尾洋治, 古川文子, 竹中京子, 依田和美, 土倉宣子 1996 -
  • -事例検討会-「話せない患者とのコミュニケーションをどう指導するか」
    川口緋沙子, 山口桂子, 藤井ゆかり, 大石弘子, 太田浩美 1990 -
  • -事例検討会-「正常な産褥経過をどう学ばせるか」
    川口緋沙子, 山口桂子, 土山美由紀, 松元里美, 佐藤恵美 1990 -
  • 座談会-「家族参加をめぐって」
    桑野タイ子, 井上美保子, 村谷圭子, 田中彰子, 菊池秀幸, 山口桂子 1990 -
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (愛知淑徳大学大学院)
委員歴 (11件):
  • 2016/05 - 現在 日本看護研究学会 理事
  • 2013/04 - 現在 日本看護管理学会 評議員
  • 2013/04 - 現在 日本家族看護学会 理事
  • 2010/04 - 現在 日本家族看護学会 評議員
  • 2007/08 - 2013/07 日本小児看護学会 評議員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2015/08 - 日本看護管理学会 秀逸査読者賞
  • 2001/05 - 愛知県看護協会長
所属学会 (9件):
日本看護研究学会 ,  公益社団法人 日本小児保健協会 ,  日本看護科学学会 ,  日本応用心理学会 ,  日本小児看護学会 ,  日本コミュニティ心理学会 ,  日本看護医療学会 ,  日本家族看護学会 ,  日本看護管理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る