研究者
J-GLOBAL ID:200901008143971111   更新日: 2022年08月10日

今井 伸明

イマイ ノブアキ | Imai Nobuaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.cns.s.u-tokyo.ac.jp/~lnr/
研究分野 (2件): 原子力工学 ,  素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験
研究キーワード (3件): 原子核の実験研究 ,  応用研究 ,  放射性同位元素の基礎科学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2023 新しい中性子捕獲反応決定法で切り拓く元素合成過程の研究
  • 2019 - 2023 減速RIビームで探る高速陽子捕獲過程とX線バースト
  • 2013 - 2017 超非対称核子系の核構造-新奇手法による飛躍的理解
  • 2011 - 2014 r-過程重元素合成経路における中性子数126近傍核の生成分離法の開発
  • 2011 - 2014 蓄積リング実験および原子核実験用の窓なし固体パラ水素標的の開発
全件表示
論文 (205件):
もっと見る
MISC (67件):
  • 民井淳, 川畑貴裕, 秋宗秀俊, 青井考, 藤田佳孝, 井手口栄治, 今井伸明, 小林信之, 三木謙二郎, 小田原厚子, et al. 核物質物理. 原子核研究. 2021. 66. Supplement 2
  • DOZONO M., IMAI N., MICHIMASA S., SUMIKAMA T., CHIGA N., OTA S., BELIUSKINA O., HAYAKAWA S., IRIBE K., IWAMOTO C., et al. 20~30MeV/uにおける107Pdの陽子および重陽子誘起反応【JST・京大機械翻訳】|||. CNS Report. 2020. 98
  • IMAI N., DOZONO M., MICHIMASA S., OTA S., SUMIKAMA T., SUZUKI D., BELIUSKINA O., HAYAKAWA S., IWAMOTO C., KAWATA K., et al. 代理反応による79Seの中性子捕獲断面積【JST・京大機械翻訳】|||. CNS Report. 2020. 98
  • HWANG J.W., IRIBE K., DOZONO M., IMAI N., MICHIMASA S., SUMIKAMA T., CHIGA N., OTA S., BELIUSKINA O., HAYAKAWA S., et al. 低速RIビームを用いた93Zrの陽子/重陽子誘起反応【JST・京大機械翻訳】|||. CNS Report. 2020. 98
  • MASUOKA S., SHIMOURA S., TAKAKI M., OTA S., MICHIMASA S., DOZONO M., IWAMOTO C., KAWATA K., IMAI N., KITAMURA N., et al. 4He(8He,8Be)反応の再測定. CNS Report. 2019. 97
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2003 東京大学 物理学専攻
  • 1996 - 1998 東京大学 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2014/06 - 現在 東京大学大学院 原子核科学研究センター 准教授
  • 2004/10 - 2014/05 高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 助教
  • 2011/06 - 2013/03 欧州原子核研究機構 訪問研究員
  • 2003/04 - 2004/10 理化学研究所 基礎科学特別研究員
委員歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 大阪大学核物理研究センター研究計画委員会 委員 (2020-2021; 委員長)
  • 2019/04 - 現在 日本物理学会誌新著小委員会 委員(2020/4 ~; 委員長)
  • 2016/04 - 現在 核物理委員会 将来計画検討委員会 不安定核研究班 班長
  • 2018/04 - 2019/03 日本物理学会実験核物理領域運営委員会 委員
  • 2015/04 - 2017/03 大阪大学核物理研究センター研究計画委員会 委員 (2016-2017; 委員長)
全件表示
所属学会 (2件):
日本原子力学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る