研究者
J-GLOBAL ID:200901008308102423   更新日: 2020年06月03日

新藤 隆行

シンドウ タカユキ | SHINDO TAKAYUKI
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www7a.biglobe.ne.jp/~shindo/http://www7a.biglobe.ne.jp/~shindo/
研究分野 (2件): 代謝、内分泌学 ,  循環器内科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 新規ゲノム編集技術の開発
  • 新規遺伝子操作技術の開発、新規胚操作技術の開発、遺伝子操作動物の樹立、解析
  • 血管再生医学研究
  • 循環作動性ペプチドとその受容体システムの病態生理学的解析
  • 動脈硬化, 高血圧, 心不全, 腎不全, 肝不全などのモデル動物を用いた新規治療法の開発
論文 (109件):
  • Yamauchi A, Kamiyoshi A, Sakurai T, Miyazaki H, Hirano E, Lim HS, Kaku T, Shindo T, Development of, a, mouse iron overload-induced liver injury model, evaluation of, the, beneficial effects of, placenta extract on iron, m. Development of a mouse iron overload-induced liver injury model and evaluation of the beneficial effects of placenta extract on iron metabolism. Heliyon. 2019. 10;5(5):e01637
  • Shindo T, Tanaka M, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Yamauchi A, Sakurai T. Regulation of cardiovascular development and homeostasis by the adrenomedullin-RAMP system. Peptides. 2019. 111. 55-61
  • Hirabayashi K, Tanaka M, Imai A, Toriyama Y, Iesato Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Dai K, Cui N, Wei Y, Nakamura K, Iida S, Matsui S, Yamauchi A, Murata T, Shindo T. Development of a novel model of central retinal vascular occlusion and therapeutic potential of adrenomedullin-RAMP2 system. Am J Pathol. 2019. 189. 2. 449-466
  • Sakurai T, Kamiyoshi A, Takei N, Watanabe S, Sato M, Shindo T. Bindel-PCR: a novel and convenient method for identifying CRISPR/Cas9-induced biallelic mutants through modified PCR using Thermus aquaticus DNA polymerase. Sci Rep. 2019. 9:9923
  • Zhai L, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Xian X, Hirabayashi K, Dai K, Cui N, Tanimura K, Liu T, Wei Y, Tanaka M, Tomiyama H, Yamauchi A, Igarashi K, Shindo T. Endogenous calcitonin gene-related peptide suppresses ischemic brain injuries and progression of cognitive decline. J Hypertens. 2018. 36. 4. 876-891
もっと見る
書籍 (15件):
  • Isolation and analysis of a genome-edited single-hepatocyte from a Cas9 transgenic mouse line.
    2019
  • Noninheritable maternal factors useful for genetic manipulation in mammals.
    2017
  • Oocytes Maternal information and functions
    2017
  • ADAMTS
    朝倉書店 2011
  • Heme oxygenase-CO系
    朝倉書店 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (123件):
  • 閉経後代謝障害におけるRAMP3の病態生理学的意義
    (日本肥満学会 2019)
  • AM-RAMP2系はTGFβ-CXCR4系を抑制し、網膜線維化を抑制する
    (日本臨床眼科学会 2019)
  • Loss of adrenomedullin-RAMP3 system suppresses inter-organ metastasis by regulation of podoplanin (PDPN) expression in cancer-associated fibroblasts (CAFs)
    (日本癌学会 2019)
  • AM-RAMP3系の欠損は、癌関連線維芽細胞におけるポドプラニン発現の制御により臓器間転移を抑制する
    (日本がん転移学会 2019)
  • 母性Cas9ゲノム編集法は同時多遺伝子変異誘導に効果的である
    (日本ゲノム編集学会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1998 東京大学
  • - 1991 東京大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2004/08/15 - 信州大学医学部医学科 教授
  • 2002/07/01 - 東京大学大学院医学系研究科 助教
委員歴 (4件):
  • 日本血管生物医学会 評議員
  • 日本心脈管作動物質学会 理事
  • 日本心血管内分泌代謝学会 理事
  • 日本動脈硬化学会 評議員
受賞 (19件):
  • 2014 - 老年病研究所 ダビンチ賞
  • 2010 - 信州大学医学部特別賞
  • 2009 - 高峰譲吉研究奨励賞
  • 2006 - 国際高血圧学会 JSH Award
  • 2006 - 科学技術分野の文部科学大臣表彰
全件表示
所属学会 (16件):
日本サルコペニア、フレイル学会 ,  日本感染症学会 ,  日本褥瘡学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本動脈硬化学会 ,  国際心臓研究会 ,  日本超音波医学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本炎症再生学会 ,  日本老年医学会 ,  日本脈管学会 ,  アメリカ心臓協会 ,  日本内分泌学会 ,  日本高血圧学会 ,  日本循環器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る