研究者
J-GLOBAL ID:200901008379589390   更新日: 2020年05月03日

大羅 志保子

オオラ シホコ | Ora Shihoko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): ヨーロッパ文学 ,  ヨーロッパ文学 ,  ヨーロッパ文学
研究キーワード (18件): 郷土文学 ,  トーマス・フュルリマン ,  女性文学 ,  スイス現代文学 ,  ツォエ・イェニー ,  現代文学 スイス ,  ハプスブルク神話 ,  ジムルターン ,  物語集 ,  バッハマン ,  母娘関係 ,  現代文学 ,  ドイツ ,  文学 ,  女性 ,  オーストリア ,  女性文学 ,  ドイツ語圏現代文学
論文 (28件):
  • 大羅志保子. Alle Spuren führen ins LeereーÜber die Erzählweise des Romans "Indigo" von Clemens J. Setz. ドイツ文学論集 第38号 米井巌教授 古希記念号. 2017. 38. 13-30
  • Shihoko Ora. Fragmente des Mythos und der Aufklärung -Christoph Ransmays Roman „Die Schrecken des Eises und der Finsternis“ als Nekrolog auf die Gescheiterten (日本大学文理学部ドイツ文学科紀要「ドイツ文学論集」第37号、平成28年3月31日)1-16頁. 「ドイツ文学論集」. 2016. 第37. 1-16
  • Shihoko ORA. Den Toten das Leben zurückgeben -Letzte Dinge in Sabine Grubers Roman "Über Nacht". ドイツ文学論集. 2015. 36. 22-34
  • Shihoko Ora. Herbert J.Wimmers "ganze teile" -Gedichte als Speicher der Teile des Ganzen. ドイツ文学論集. 2014. 第35. 1-23
  • 大羅志保子. バッハマン文学にみる暴力の系譜学(1)-『ジムルターン』第4話『咆哮』を中心に-. ドイツ文学論集. 2013. 34. 27-48
もっと見る
MISC (4件):
  • 大羅 志保子. Entwicklung durch innere Dunkelheit: Über den Roman "Fremde Seele, dunkler Wald" von Reinhard Kaiser-Mühlecker. 『ドイツ文学論集 エーリッヒ・モイテン教授 退職記念号』. 2018. 39. 3-20
  • 大羅志保子. カール・ルボミルスキーの詩集から 大羅志保子 訳・解説. 研究紀要. 2015. 89. 1-14
  • インゲボルク・バッハマンの詩 -その基調と特徴について. 『ドイツ文学論集』. 2004. 第25号
  • 非在としての女性存在? Feministische Theologie 試論. 日本大学文理学部独文研究室「ドイツ文学論集」. 2002. 23. 第23号、40-60頁
書籍 (8件):
  • インゲボルク・バッハマン『同時に』
    河出書房新社 2010
  • リーナ・ロース -ウィーン世紀末美神の正体
    鳥影社 2008
  • インゲボルク・バッハマン物語集『ジムルターン』
    鳥影社 2004
  • 『オーストリア文学小百科』(【共著】、水声社、平成16年
    水声社 2004
  • Mann, Zwitter, oder Frau: das Problem des Geschlechts im Prosawerk von Ingeborg Bachmann
    日本独文学会、アジアゲルマニスト会議論文集(共著)、三修社 2000
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • Entwicklung durch innere Dunkelheit: der Roman "Fremde Seele, dunkler Wald" von Reinhard Kaiser-Mühlecker
    (第26回オーストリア現代文学ゼミナール 2017)
  • Alle Spuren führen ins Leere - Über die Erzählweise des Romans "Indigo"
    (25. Seminar zur österreichischen Gegenwartsliteratur in Nozawa Olsen 2016)
  • Fragmente des Mythos und der Aufklärung -Christoph Ransmays Roman „Die Schrecken des Eises und der Finsternis“ als Nekrolog auf die Gescheiterten
    (第24回オーストリア現代文学ゼミナール 2015)
  • Den Toten das Leben zurückgeben -Letzte Dinge in Sabine Grubers Roman "Über Nacht"
    (24. Seminar zur österreichischen Gegenwartsliteratur 2014)
  • Herbert J. Wimmers "ganze teile" -Gedichte als Speicher der Teile des Ganzen
    (第22回オーストリア現代文学ゼミナール 2013)
もっと見る
Works (1件):
  • アート・アンサンブル「タマム」のための文学テキスト翻訳
    2005 - 2005
学歴 (1件):
  • - 1991 ウィーン大学大学院 独文学科 独文学
学位 (2件):
  • 文学博士 (ウィーン大学大学院)
  • 文学修士
委員歴 (3件):
  • 1999 - 2001 日本独文学会 渉外委員
  • 日本オーストリア文学会 幹事
  • オーストリア文学研究会 監事
所属学会 (7件):
オーストリア文学研究会 ,  日本オーストリア文学会 ,  日本独文学会 ,  ウィーン・グリルパルツァー協会(GRILLPARZER-GESELLSCHAFT) ,  日本グリル・パルツァー協会 ,  ゲルマニスティネンの会 ,  日本独文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る