研究者
J-GLOBAL ID:200901008388759002   更新日: 2020年10月12日

菅嶋 康浩

スガジマ ヤスヒロ | Sugajima Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 生理学 ,  栄養学、健康科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (5件): 神経生理学 ,  体育 ,  バイオメカニクス ,  運動生理学 ,  アダプテッドスポーツ
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2014 - 愛知県の東西交流と芸術的視点による博物館の再発見への挑戦
  • 2004 - 微小重力環境下の脊髄伸張反射応答に関する考察
  • 1996 - 微小重力環境下でのヒトの運動制御の変化-足関節底屈・背屈筋群活動に着目して-
  • 1996 - 人の健康に及ぼす芸術の影響-芸術家並びに芸術の受け手への影響-
  • 1992 - 水中運動による運動処方に関する筋電図学的研究
全件表示
論文 (42件):
もっと見る
MISC (29件):
  • T Koto, S Fukuzawa, Y Sugajima, K Kitagawa. Characteristics of underwater walking using water flow machine - Comparison of swimming pool walking with land treadmill walking. JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE. 2002. 51. 1. 119-128
  • 菅嶋康浩. <短報>自己健康管理を目的とした“研修型”の健康・体力づくりの試み-その2.ウォーキング教室6カ月間の追跡調査から-. 名古屋芸術大学研究紀要. 2002. 23. 27-34
  • The First Attempt at a Workshop for Health and Fitness Care by Oneself:II From the Follow-up Examination for six monthes. Bulletin of Nagoya University of Arts. 2002. 23, 27-34
  • 菅嶋康浩, 肥田満裕, 加藤尊, 御手洗玄洋. 負荷、脱負荷によるH反射の変化と運動単位の動員. 宇宙航空環境医学. 2001. 38. 156
  • A first attempt at a workshop for achieving and maintaining fitness and health on one's own : From an open college course at Nagoya University of Arts,"A walking class for health and fitness.". Bulletin of Nagoya University of Arts. 2001. 22. 39-50
もっと見る
書籍 (1件):
  • 健康運動プログラムの基礎~陸上運動と水中運動からのアプローチ~,北川薫編著,菅嶋康浩分担執筆:水中での運動制御
    市村出版 2005 ISBN:4902109042
講演・口頭発表等 (49件):
  • 異なる振幅に対するアルペンチェアスキーのターン制御の3次元動作分析
    (日本アダプテッド体育・スポーツ学会第24回大会 2019)
  • Bone mineral content, dietary intake, and flow-mediated dilation in regularly exercising middle-aged women
    (Asia-Singapore Conference on Sport Science (ACSS 2019) in Singapore 2019)
  • Bone properties in male college athletes - comparison of kendo and other sports -
    (The 24th Annual Congress of the European College of Sport Science in Prague 2019)
  • Stability of the Bench Press movement in Para-Power Lifting Athletes
    (The 24th Annual Congress of the European College of Sport Science in Prague 2019)
  • Characteristics of Operation in Sequential Turns with Different Depths on Alpine Sit-Skis
    (The 15st International Symposium of the Asian Society for Adapted Physical Education and Exercise(ASAPE)2018 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • Effect of Cutaneous Input on Voluntary Activation and Reflex Activity IN Single Human Motor Units.
    1999 -
学歴 (8件):
  • 1995 - 1996 中京大学大学院
  • 1996 - 中京大学大学院体育学研究科博士課程 修了
  • - 1996 中京大学
  • 1992 - 中京大学大学院体育学研究科博士課程 退学
  • 1987 - 1990 中京大学大学院
全件表示
学位 (2件):
  • 体育学修士 (中京大学)
  • 博士(体育学) (中京大学)
経歴 (12件):
  • 2018 - 現在 朝日大学 保健医療学部健康スポーツ科学科 教授
  • 2017/04 - 2018/07 朝日大学 保健医療学部健康スポーツ科学科 准教授
  • 2006/04 - 2017/03 名古屋芸術大学 教授
  • 1998/04 - 2005/03 名古屋芸術大学 助教授
  • 1999/04 - 2000/03 カナダ・アルバータ大学体育学部 訪問研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2004 - 現在 日本健康医学会 評議員
  • 2001 - 現在 日本宇宙航空環境医学会 評議員
所属学会 (9件):
日本トレーニング科学会 ,  日本アダプテッド体育・スポーツ学会 ,  International Federation for Adapted Physical Activity ,  日本健康医学会 ,  日本運動生理学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  日本宇宙航空環境医学会 ,  日本体力医学会 ,  日本体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る