研究者
J-GLOBAL ID:200901008418447434   更新日: 2024年01月30日

石神 健

ISHIGAMI Ken
研究分野 (1件): 生物有機化学
研究キーワード (6件): ケミカルバイオロジー ,  構造決定 ,  構造活性相関 ,  有機化学 ,  有機合成化学 ,  天然物化学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2021 - 2024 機能性食品成分の腸管における標的分子の同定と腸内細菌叢への作用の解析
  • 2020 - 2022 ユビキチンープロテアソーム系活性化剤を用いた新規アルツハイマー病治療法の開発
  • 2016 - 2019 立体化学決定を目的とした天然由来抗菌剤の合成研究
  • 2013 - 2016 薬剤耐性菌を標的とした天然由来新規抗菌物質に関する合成と構造解析
  • 2010 - 2012 新規薬剤の開発を指向した天然生理活性物質の合成と構造研究
全件表示
論文 (65件):
  • Shingo Miyata, Manami Kodaka, Akito Kikuchi, Yuki Matsunaga, Kenta Shoji, Yen-Chou Kuan, Masamori Iwase, Keita Takeda, Ryo Katsuta, Ken Ishigami, et al. Sulforaphane suppresses the activity of sterol regulatory element-binding proteins (SREBPs) by promoting SREBP precursor degradation. Sci. Rep. 2022. 12. 8715
  • Keita Takeda, Ryo Katsuta, Arata Yajima, Ken Ishigami, Shigefumi Kuwahara, Tomoo Nukada. Synthesis and DFT-NMR-guided structure revision of cremenolide. Natural Product Research. 2022. 1-6
  • Naoya Oku, Atsumi Hasada, Kenji Kimura, Hideharu Honoki, Ryo Katsuta, Arata Yajima, Tomoo Nukada, Ken Ishigami, Yasuhiro Igarashi. Sulfoquinovosylglyceryl ether, a new group of ether lipids from lake ball-forming green alga Aegagropilopsis moravica (family Pithophoraceae). Chem Asian J. 2021. 16. 11. 1493-1498
  • Yamato Miyazawaa, Kenji Kawaguchi, Ryo Katsuta, Tomoo Nukada, Ken Ishigami. Studies on analogs of DAMASCENOLIDE: Part 3. Synthesis and odor evaluation of dimethylated, cyclopropanated, and other analogs of DAMASCENOLIDE. Biosci. Biotechnol. Biochem. 2021. 85. 4. 756-764
  • Yamato Miyazawa, Kenji Kawaguchi, Ryo Katsuta, Tomoo Nukada, Ken Ishigami. Studies on analogs of DAMASCENOLIDE: Part 4. Synthesis and odor evaluation of sulfur-containing analogs of DAMASCENOLIDE. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2021. 85. 6. 1357-1363
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 生物有機化学
    裳華房 2018 ISBN:9784785334253
  • 有機合成実験法ハンドブック 第2版
    丸善 2015
  • 21世紀のバイオサイエンス 実験農芸化学
    朝倉書店 2013
  • 天然物合成で活躍した反応-実験のコツとポイント
    化学同人 2011
  • 天然物の全合成 2000~2008
    化学同人 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (157件):
  • LDL 受容体の発現を上昇させる食品由来成分の探索
    (第76回日本栄養・食糧学会大会 2022)
  • バラの重要香気成分であるDAMASCENOLIDEの類縁体合成と香気特性 (第3報)【日本農芸化学会2022年度大会トピックス賞】
    (日本農芸化学会2022年度大会 2022)
  • Amphidinin Cの合成研究
    (日本農芸化学会2022年度大会 2022)
  • Decarestrictine K の合成
    (日本農芸化学会2022年度大会 2022)
  • 架橋基を有する 1,4-無水糖の開環重合を用いた環状オリゴ糖合成の試み
    (第40回日本糖質学会年会(鹿児島) 2021)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る