研究者
J-GLOBAL ID:200901008418447434   更新日: 2021年10月27日

石神 健

ISHIGAMI Ken
研究分野 (1件): 生物有機化学
研究キーワード (6件): ケミカルバイオロジー ,  構造決定 ,  構造活性相関 ,  有機化学 ,  有機合成化学 ,  天然物化学
論文 (62件):
  • Naoya Oku, Atsumi Hasada, Kenji Kimura, Hideharu Honoki, Ryo Katsuta, Arata Yajima, Tomoo Nukada, Ken Ishigami, Yasuhiro Igarashi. Sulfoquinovosylglyceryl ether, a new group of ether lipids from lake ball-forming green alga Aegagropilopsis moravica (family Pithophoraceae). Chem Asian J. 2021. 16. 11. 1493-1498
  • Yamato Miyazawaa, Kenji Kawaguchi, Ryo Katsuta, Tomoo Nukada, Ken Ishigami. Studies on analogs of DAMASCENOLIDE: Part 3. Synthesis and odor evaluation of dimethylated, cyclopropanated, and other analogs of DAMASCENOLIDE. Biosci. Biotechnol. Biochem. 2021. 85. 4. 756-764
  • Yamato Miyazawa, Kenji Kawaguchi, Ryo Katsuta, Tomoo Nukada, Ken Ishigami. Studies on analogs of DAMASCENOLIDE: Part 4. Synthesis and odor evaluation of sulfur-containing analogs of DAMASCENOLIDE. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2021. 85. 6. 1357-1363
  • A. Yajima, R. Katsuta, M. Shimura, A. Yoshihara, T. Saito, K. Ishigami, K. Kai. Disproof of the proposed structures of bradyoxetin a putative Bradyrhizobium japonicum signaling molecule and HMCP, a putative Ralstonia solanacearum quorum-sensing molecule. J. Nat. Prod. 2021. 84. 495-502
  • A. Yajima, M. Shimura, T. Saito, R. Katsuta, K. Ishigami, A. Huffaker, E. A. Schmelz. Synthesis and determination of absolute configuration of zealexin A1, a sesquiterpenoid phytoalexin from Zea mays. Eur. J. Org. Chem. 2021. 1174-1178
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 生物有機化学
    裳華房 2018 ISBN:9784785334253
  • 有機合成実験法ハンドブック 第2版
    丸善 2015
  • 21世紀のバイオサイエンス 実験農芸化学
    朝倉書店 2013
  • 天然物合成で活躍した反応-実験のコツとポイント
    化学同人 2011
  • 天然物の全合成 2000~2008
    化学同人 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (153件):
  • 架橋基を有する 1,4-無水糖の開環重合を用いた環状オリゴ糖合成の試み
    (第40回日本糖質学会年会(鹿児島) 2021)
  • エラジタンニンに含まれるHHDP 基の化学研究
    (第63回天然有機化合物討論会(大阪) 2021)
  • トウモロコシのファイトアレキシンzealexin A1の不斉合成と絶対立体配置
    (日本農薬学会第46回大会(東京) 2021)
  • バラの重要香気成分であるDAMASCENOLIDEの類縁体合成と香気特性 (第2報)
    (日本農芸化学会2021年度大会(仙台) 2021)
  • 高還元型ポリケチドであるishigamideの合成と立体化学の決定
    (日本農芸化学会2021年度大会(仙台) 2021)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る