研究者
J-GLOBAL ID:200901008418447434   更新日: 2020年07月07日

石神 健

ISHIGAMI Ken
研究分野 (1件): 生物有機化学
研究キーワード (6件): ケミカルバイオロジー ,  構造決定 ,  構造活性相関 ,  有機化学 ,  有機合成化学 ,  天然物化学
論文 (25件):
  • Yamato Miyazawa, Yui Masuda, Yuichiro Ohmori, Ryo Katsuta, Tomoo Nukada, Ken Ishigami. Synthesis and odour evaluation of novel sulfur-containing cyclic acetals. Flavour Fragr. J. 2019. 34. 1. 43-51
  • Yusuke Ogura, Shoko Okada, Naok Morii, Ken Ishigami, Hidenori Watanabe. Enantioselective Total Synthesis of (+)-Anthecularin. Organic Letters. 2018. 20. 13. 3888-3891
  • Ryo Katsuta, Hiroki Ichijo, Ginka Oouchi, Arata Yajima, Ken Ishigami, Tomoo Nukada. Nitro-Mannich reaction and intramolecular 1,3-dipolar cycloaddition route to acylpyrrolidinones: Synthesis of a tetramic acid and (+)-laccarin. Tetrahedron Letters. 2018. 59. 24. 2352-2355
  • Ryo Katsuta, Mami Toyoda, Arata Yajima, Ken Ishigami, Tomoo Nukada. Synthesis and stereochemistry of JBIR-81, a peptide enamide derived from aspergilli. Tetrahedron Lett. 2018. 59. 11. 1010-1013
  • T. Sumiya, K. Ishigami, H. Watanabe. Stereoselective synthesis of (±)-urechitol A employing [4+3] cycloaddition. Tetrahedron. 2016. 72. 44. 6982-6987
もっと見る
MISC (10件):
  • K. Ishigami. 学会見聞記-日本農芸化学会大会. バイオサイエンスとインダストリー. 2018. 76. 3. 244-245
  • 石神 健. 抗菌剤グラブラマイシンの合成と計算による構造改訂. 化学と生物. 2018. 56. 4. 240-241
  • K. Ishigami, T. Kato, S. Wakamori, H. Kageji, H. Watanabe. キラリティーを有する天然生理活性物質の合成研究. Annual Report 2014 (Cryogenic Research Center, The University of Tokyo). 2015. 6. 39-44
  • K. Ishigami, H. Watanabe. 最新のトピックス 「フローケミストリーでマラリアを克服!?」. 化学. 2012. 67. 7. 68-69
  • K. Ishigami. 天然物化学における有機合成. Annual Report 2010 (Cryogenic Research Center, The University of Tokyo). 2011. 2. 32-38
もっと見る
書籍 (6件):
  • 生物有機化学
    裳華房 2018 ISBN:9784785334253
  • 有機合成実験法ハンドブック 第2版
    丸善 2015
  • 21世紀のバイオサイエンス 実験農芸化学
    朝倉書店 2013
  • 天然物合成で活躍した反応-実験のコツとポイント
    化学同人 2011
  • 天然物の全合成 2000~2008
    化学同人 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (138件):
  • フラノン骨格を有する新規香料化合物の合成と香気評価
    (第63回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 2019)
  • Zealexin A1の合成研究
    (第63回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 2019)
  • 有機合成を手段とした天然物化学---構造改訂と機能解析----
    (住友化学株式会社 健康・農業関連事業研究所 講演会 2019)
  • Tatemarisulfonate A の合成研究
    (日本農芸化学会関東支部2019年度大会 2019)
  • Cordyceps属菌が産生するフラン誘導体の合成
    (日本農芸化学会2019年度大会 2019)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る