研究者
J-GLOBAL ID:200901008436843983   更新日: 2019年11月28日

山口 真三志

ヤマグチ マサシ | YAMAGUCHI Masashi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 消化器内科学
論文 (3件):
  • Iwashita H, Takedatsu H, Murao H, Funakoshi S, Kuniki Y, Matsuoka S, Tsukamoto S, Yamaguchi M, Shakado S, Kabemura T, Sakisaka S. Safety and efficacy of cold polypectomy compared to endoscopic mucosal resection and hot biopsy polypectomy. Scand J Gastroenterol. 2019. 54. 5. 678-683
  • 岩下英之、松井謙明、塚本真仁、船越禎広、山口真三志、壁村哲平、早田哲郎、向坂彰太郎. 感染巣の抜歯を契機に発症したと考えられるStreptococcus anginosus による肝膿瘍の1例. 日本消化器病学会雑誌. 2015. 112. 8. 1525-1532
  • Genryu Hirano, Atsushi Fukunaga, Tetsuro Sohda, Hideo Kunimoto, Kaoru Yotsumoto, Kunitoshi Sakurai, Hideyuki Iwashita, Shuichi Ueda, Keiji Yokoyama, Daisuke Morihara, Yoshitaka Tomioka, Akira Anan, Masashi Yamaguchi, Yasuaki Takeyama, Kouichi Eguchi, Masaharu Sakamoto, Makoto Irie, Kaoru Iwata, Satoshi Shakado, Kunihiko Aoyagi, Shotaro Sakisaka. Eosinophilic gastroenteritis in a case of chronic hepatitis C who received treatment with pegylated interferon. Clinical Journal of Gastroenterology. 2012. 5. 127-130
講演・口頭発表等 (9件):
  • 最近5年間に当科で診断されたアメーバ性大腸炎の内視鏡所見、臨床像の特徴について
    (第7回日本消化管学会総会学術集会 2011)
  • New fecal biomarker, α1-acid glycoprotein, for evaluation of inflammatory bowel disease
    (UEGW STOCKHOLM 2011 19th United European Gastroenterology Week 2011)
  • 大腸重積を繰り返す大腸巨大脂肪腫に対し留置スネアでの内視鏡切除が有用であった一例
    (第102回日本消化器病学会九州支部例会、第96回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2013)
  • 潰瘍性大腸炎に対するタクロリムスの短期成績
    (第102回日本消化器病学会九州支部例会、第96回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2013)
  • 専 09 (消) 出血を契機にカプセル内視鏡で発見された空腸原発成人T細胞白血病リンパ腫の1 例
    (第101回日本消化器病学会九州支部例会、第95回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 学士(医学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る