研究者
J-GLOBAL ID:200901008511543320   更新日: 2020年01月11日

杉山 篤

スギヤマ アツシ | SUGIYAMA Atsushi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 薬理学一般
研究キーワード (13件): 薬理学一般 ,  致死性不整脈の予防と治療 ,  Prevention and treatment of lethal ventricular arrhythmias ,  薬物性QT延長症候群 ,  トルサードドポワンツ ,  心臓突然死 ,  多能性幹細胞 ,  不整脈モデル ,  Drug-induced long QT syndrome ,  torsades de pointes ,  Cardiac sudden death ,  iPS cell ,  Proarrhythmia model
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 致死性不整脈の予防策の一つとして、薬物によるQT延長に伴うtorsades de pointesの発生予測に関する研究を行なっている。イヌ摘出血液灌流心筋標本、ハロセン麻酔イヌ生体位心モデル、および慢性完全房室ブロック犬モデルの3種のモデルを独自に開発し、種々の薬物の評価を行なっている。さらに不整脈発生に関する詳細な機序を解明するために、左室心筋中層に存在するM細胞の単相性活動電位を記録する電極を開発した。治療に関しては、不整脈による心停止からの蘇生率向上のために、カルディオポンプ、インピーダンスバ・・・
  • To prevent the onset of lethal arrhythmias, we are assessing the effects of various drugs on the cardiovascular system, particularly on the onset of torsades de pointes following QT prolongation. We developed three different kinds of models for this p・・・
論文 (93件):
  • Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Kondo Y, Yeo ZJ, Goto A, Chiba K, Nunoi Y, Izumi-Nakaseko H, Leow JWH, Venkatesan G, Matsumoto A, Chan ECY, Sugiyama A. How the Deuteration of Dronedarone Can Modify Its Cardiovascular Profile: In Vivo Characterization of Electropharmacological Effects of Poyendarone, a Deuterated Analogue of Dronedarone. Cardiovascular toxicology. 2020
  • Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Izumi-Nakaseko H, Naito AT, Matsumoto A, Sugiyama A. In vivo characterization of rate-dependent impact on the QT interval of microminipig assessed by atrial electrical pacing: Development of correction formulae of QT interval. The Journal of veterinary medical science. 2019. 81. 12. 1735-1739
  • Tanikawa Y, Hagiwara-Nagasawa M, Kambayashi R, Goto A, Chiba K, Kitta K, Hoshiai K, Izumi-Nakaseko H, Naito AT, Sugiyama A. Characterization of microminipig as a laboratory animal for safety pharmacology study by analyzing fluvoxamine-induced cardiovascular and dermatological adverse reactions. Cardiovascular toxicology. 2019. 19. 5. 412-421
  • Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Izumi-Nakaseko H, Naito AT, Matsumoto A, Sugiyama A. Experimental analysis of the onset mechanism of TdP reported in an LQT3 patient during pharmacological treatment with serotonin-dopamine antagonists against insomnia and nocturnal delirium. Heart and vessels. 2019
  • Täubel J, Prasad K, Rosano G, Ferber G, Wibberley H, Cole ST, Van Langenhoven L, Fernandes S, Djumanov D, Sugiyama A. Effects of the Fluoroquinolones Moxifloxacin and Levofloxacin on the QT Subintervals: Sex Differences in Ventricular Repolarization. Journal of clinical pharmacology. 2019
もっと見る
MISC (120件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 実地診療におけるカルシウム拮抗薬の手引き 改訂版(日和田邦夫他 編)
    医学ジャーナル社 1997
  • 臓器・組織・細胞から見たカルシウム拮抗薬の作用 4)心筋細胞 C.刺激伝導系への作用「全面改訂 カルシウム
    医薬ジャーナル社 2001
  • 第2章 コアバッテリー試験 第2節 心血管系 第3項 試験法と結果 の評価(in vivo)
    株式会社エル・アイ・シー 2009
  • 第4章 QT間隔延長 第3節 催不整脈試験
    株式会社エル・アイ・シー 2009
  • 第6章 化学構造からみた作用と安全性薬理試験 第1節 心血管系へ影 響を及ぼす化学物質と構造式
    株式会社エル・アイ・シー 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (215件):
  • Inhibition of Na+/H+ exchange suppresses both overshoot phenomenon of myocardial creatine phoshate and lethal arrhythmias during coronary reperfusion
    (70 th Scientific Sessions of American heart association 1997)
  • 抗不整脈薬以外の薬物の催不整脈作用-慢性徐脈犬での検討-
    (第7回循環薬理研究会 1997)
  • Inhibition of Na+/H+ exchange suppersses boh rebound recovery of myocardial creatine phosphate(Cr-P) and lethal arrhythmias during reperfution after a brief ischemia
    (The 61 th Annual Scientific meeting of Japaneses Circulation Society 1997)
  • 消化管運動改善薬TKS159およびcisaprideの心血管系におよぼす作用:再分極過程延長様式における差異
    (第14回日本心電学会学術集会 1997)
  • Cardiovascular and respiratory safety pharmacology.
    (第27回トキシコロジー学会学術年会 2000)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 山梨医科大学
  • - 1990 山梨医科大学医学部大学院
学位 (1件):
  • 医学博士 (山梨医科大学)
経歴 (1件):
  • 2010/04 - 現在 東邦大学 教授
受賞 (6件):
  • 1995 - Koroku Hashimoto Young Investigator Award, in 7th Southeast Asian/Western Pacific Regional Meeting o
  • 1996 - 山梨県医師会特別賞
  • 2002 - 山梨医科大学教育賞
  • 2005 - 平成16年度山梨大学医科学教育研究優秀賞
  • 2006 - 山梨科学アカデミー奨励賞
全件表示
所属学会 (10件):
日本内科学会 ,  日本薬理学会 ,  日本循環器学会 ,  日本心電学会 ,  日本不整脈学会 ,  日本医師会 ,  日本循環薬理学会 ,  日本循環制御医学会 ,  日本生理学会 ,  日本臨床薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る