研究者
J-GLOBAL ID:200901008579966423   更新日: 2020年06月08日

内山 応信

ウチヤマ マサノブ | Masanobu Uchiyama
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (8件): 平衡性 ,  転倒リスク ,  易転倒性 ,  精神保健 ,  認知機能 ,  視覚機能 ,  一側優位性 ,  姿勢制御
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2022 他者動作のミラーリングを利用した簡便で新奇な軽度認知症スクリーニ ング法の提案
  • 2017 - 2018 軽度な認知機能低下者の転倒リスク評価法の提案のための基礎検討
  • 2014 - 2017 超高齢化農村コミュニティの再生-住民意欲醸成手法の開発
  • 2013 - 2017 易転倒高齢者の環境条件変化に対するバランス適応能力とその日内変動の解明
  • 2012 - 2014 視線解析と光イメージング脳機能測定を併用した英文読解の個人差特定に関する研究
全件表示
論文 (52件):
  • 間所洋和, 田中理恵, 寺田祐樹, 内山応信. 朝食無料サービスの試みとアンケート結 果から見えてきた方向性-朝食摂取習慣のきっかけづくりを目指して-. 秋田県立大学総合科学研究彙報. 2015. 16. 115-128
  • Demura, T, Demura, S, Uchiyama, M, Kitabayashi, T, Takahashi, K. Effect of shoe s with rounded soft soles in the anterior-posterior direction on the center of pressure during stati c standing. Foot. 2015. 25. 2. 97-100
  • Kubota, H, Demura, S, Uchiyama, M, Takahashi, K. Effect of repeated training on c ontrolled force exertion and retention in dominant and nondominant hands. American Journal of Sports Science and Medicine. 2014. 1. 4. 132-135
  • Kawabata, H, Demura, S, Uchiyama, M, Takahashi, K. Relations among dynamic balance tests and a coordination test using center of pressure to pursue a randomly moving targe t. Perceptual and Motor Skills. 2013. 117. 3. 811-820
  • Kawabata, H, Demura, S, Uchiyama, M. Effects of differences in manipulation an d supporting legs and moving target speed on a visual tracking test using center of pressure. Advances in Physical Education. 2013. 3. 4. 205-208
もっと見る
MISC (3件):
  • Uchiyama, M. Factors explaining mood improvement due to a walking program in a low hilly country course in a semi-mountainous area. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2018. 6. 6
  • 内山 応信. 静的立位姿勢制御における視覚外乱適応 仮説立てのための探索的予備実 験結果. 秋田県立大学ウェブジャーナルB. 2018. 5. 97-101
  • Uchiyama, M, Arahi, Y. Influence of walking on the mental and physical condition of the elderly in a hilly country course in a semi-mountainous area. The Journal of Physical Fitne ss and Sports Medicine. 2017. 6. 6
書籍 (4件):
  • 健康 ・スポーツ科学のためのRによる統計解析入門
    杏林書院 2013 ISBN:9784764411425
  • 地域高齢者のための転倒予防 転倒の基礎理論から介入実践まで
    杏林書院 2012 ISBN:9784764411296
  • 健康・スポーツ科学のためのExcelによる 統計解析入門
    杏林書院 2009 ISBN:9784764411081
  • 健康・スポーツ科学のためのSPSSによる統 計解析入門
    杏林書院 2007 ISBN:9784764410909
講演・口頭発表等 (1件):
  • 国内全国大会・国際学会発表計123件(予稿集,会議録はJ-GLOBAL参照)
学位 (1件):
  • 博士(学術) (金沢大学)
経歴 (4件):
  • 2009/04 - 現在 秋田県立大学 准教授
  • 2007/04 - 2009/03 金沢美術工芸大学 嘱託講師
  • 2006/04 - 2007/03 石川県立看護大学 非常勤
  • 2004/04 - 2006/03 金沢大学大学院自然科学研究科 研究補助員
委員歴 (12件):
  • 2016/05 - 現在 秋田市 スポーツ振興基金運営委員会委員
  • 2016/04 - 現在 秋田市 チャレンジデー実行委員会委員
  • 2015/04 - 現在 日本教育医学会 理事
  • 2011/05 - 現在 秋田県スポーツ科学センター AKITAスーパーわか杉っ子発掘プロジェクト実行委員会委員
  • 2010/08 - 現在 日本体育学会測定評価分科会 分科会企画「統計相談」相談員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2008/08 - 日本教育医学会 学会奨励賞 An examination of balance assessment by the center of foot pressure sway during one-legged stance.
所属学会 (6件):
日本精神衛生学会 ,  日本学校保健学会 ,  日本教育医学会 ,  日本体力医学会 ,  日本体育測定評価学会 ,  日本体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る