研究者
J-GLOBAL ID:200901008776926859   更新日: 2015年05月18日

門口 充徳

カドグチ ミツノリ | Kadoguchi Mitsunori
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.d4.dion.ne.jp/~mkad/
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (3件): 社会学史 ,  社会構造 ,  Social Structure
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • Study on Structural Sociology
論文 (5件):
  • 門口充徳. デュルケムのトーテミズム論とレヴィ=ストロースの批判. 成蹊大学文学部紀要. 2006. 41. 81-103
  • 門口充徳. P・M・ブラウと社会学的構造主義をめぐる課題. 成蹊大学文学部紀要. 2001. 36. 1-33
  • 門口充徳. 高度経済成長期における産業都市のコミュニティ権力構造. 成蹊大学文学部紀要. 1999. 34. 39-61
  • 門口充徳. ハンターのアトランタ--ネットワーク分析の適用. 成蹊大学文学部紀要. 1998. 33. 19-53
  • 門口充徳. 交換関係と交換理論. 社会学評論. 1983. 33. 4. 63-81
MISC (11件):
  • E. Durkheim's Theory on Totemism and C. Levi-Strauss's Criticism. Bulletin of the Faculty of Humanities, Seikei University. 2006. 41. 81-103
  • Dual Organizations and Social Structure (3): Commensurability between Two and Three in the Bororo Society. Bulletin of the Faculty of Humanities, Seikei University. 2005. 40. 61-96
  • Dual Organizations and Social Structure (2): Kinship Structure and Cross-Cousin Marriage in the Bororo Society. Bulletin of the Faculty of Humanities, Seikei University. 2004. 39. 27-52
  • Dual Organizations and Social Structure (1): Structuration of Space in the Bororo Society. Bulletin of the Faculty of Humanities, Seikei University. 2003. 38. 139-156
  • Peter M. Blau and sociological structuralism. Bulletin of the Faculty of Humanities, Seikei University. 2001. 36. 1-33
もっと見る
書籍 (3件):
  • 婚姻連帯論と社会学--レヴィ=ストロース、デュルケムをめぐって
    春風社 2014
  • 現代社会と人間
    学文社 1999
  • Interpersonal Relationships in Transition
    1999
学歴 (5件):
  • 1976 - 1982 早稲田大学 社会学専攻
  • - 1982 早稲田大学
  • 1974 - 1976 早稲田大学 社会専攻
  • - 1976 早稲田大学
  • 1969 - 1973 大阪大学 高分子学科
学位 (1件):
  • 文学修士 (早稲田大学)
経歴 (2件):
  • 2013/04 - 現在 成蹊大学 名誉教授
  • 1992/04 - 2013/03 成蹊大学 文学部 教授
所属学会 (3件):
早稲田社会学会 ,  日本社会学史学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る