研究者
J-GLOBAL ID:200901008895609241   更新日: 2020年11月16日

吉原 福全

ヨシハラ ヨシノブ | Yoshihara Yoshinobu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (5件):
  • 立命館大学  総合科学技術研究機構 環境テクノロジー・マネジメント研究センター 
  • 立命館大学  OIC総合研究機構 サステイナビリティ学研究センター 
  • 立命館大学  理工学研究科 
  • 立命館大学  総合科学技術研究機構 理工学研究所 
  • 立命館大学  総合科学技術研究機構 ソフト・ハード融合機能材料研究センター 
研究分野 (1件): 熱工学
研究キーワード (1件): 熱工学、NOx、すす生成、ディーゼル微粒子、ダイオキシン類、難分解性有機汚染物質、廃棄物リサイクリング、バイオマスエネルギー
論文 (69件):
  • Ginno Lizano Andres, Seiji Tanahashi, Masakazu Tanahashi, Yoshinobu Yoshihara. Effects of Current Density on Capacitive Deionization Process Using Activated Carbon As an Electrode. Journal of Chemical and Pharmaceutical Research. 2014. 6. 8. 118-124
  • Ginno L. ANDRES, Nobuyuki YANO, Yuuki SHIYOUKEI, Yoshinobu YOSHIHARA, Masakazu TANAHASHI. Development of an Ion Removal Technique Based on Capacitive Deionization for Treatment of Rinse Water from Incineration Ash. Journal of Water and Environment Technology. 2014. 12. 3. 261-276
  • 吉原福全. 水洗浄による都市ごみ焼却灰の塩素除去. ケミカルエンジニアリング. 2013. 58. 1. 1-7
  • Yoshinobu Yoshihara, Yasufumi Nakanishi, Joon Duck Gong, Yoichi Tsuda. The Simultaneous Reduction of NOx and PM in Diesel Exhaust Based on the Electrochemical Reaction. SAE Paper. 2010. No. 2010-01-0306
  • Valentin Soloiu, Kazuie Nishiwaki, Yoshinobu Yoshihara. The Impact of a Polyethylene-Diesel Blended Fuel on Combustion and Emissions in a Compression Ignition Engine. SAE Paper. 2010. No. 2010-01-0475
もっと見る
特許 (7件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • クリーンディーゼル開発の要素技術動向
    NTS出版 2008
  • 自動車排出ナノ粒子およびDEPの測定と生体影響評価
    NTS出版 2005
  • バイオマス系廃棄物の処理(3.3 ), MTBE, ETBE, TMME, TBA(5.9)
    バイオマスエネルギー・環境(坂志郎 編集) 2001
  • DEP発生・消滅のメカニズム(1章 )
    シーエムシー出版・ディーゼル車排ガスの微粒子除去技術(梶原鳴雪監修) 2001
  • 燃焼工学ハンドブック
    日本機械学会編(日本機械学会) 1995
もっと見る
講演・口頭発表等 (49件):
  • 電気二重層イオン除去による焼却灰洗浄のクローズド化に向けての電極開発
    (第24 回廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集 2013)
  • Development of Carbon Electrode for the Desalination of Seawater by means of Capacitive Deionization (CDI)
    (Water Philippines 2013 Conference 2013)
  • 電気二重層イオン除去による焼却灰洗浄のクローズド化について
    (第34 回全国都市清掃会議 2013)
  • Development of an Ion Removal Technique Based on Capacitive Deionization for Treatment of Rinse Water from Incineration Ash
    (The 5th IWA-ASPIRE Conference and Exhibition 2013)
  • Development of Carbon Electrode for the Desalination of Seawater by means of Capacitive Deionization (CDI)
    (The 4th IWA Asia-Pacific YWPC 2012)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 同志社大学大学院 機械工学専攻
  • - 1978 同志社大学 機械工学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (同志社大学)
経歴 (4件):
  • 1995 - 立命館大学理工学部教授 (現在に至る)
  • 1992 - 米国ペンシルベニア州立大学・客員研究員
  • 1988 - 立命館大学理工学部・助教授
  • 1984 - 京都大学工学部・助手
受賞 (2件):
  • 2001 - 日本機械学会熱工学部門講演論文表彰
  • 1989 - 日本機械学会奨励賞
所属学会 (5件):
日本機械学会 ,  日本燃焼学会 ,  日本自動車技術会 ,  日本エネルギー資源学会 ,  廃棄物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る