研究者
J-GLOBAL ID:200901008910449450   更新日: 2019年12月12日

奥田 晶彦

OKUDA Akihiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.saitama-med.ac.jp/genome/okuda/index.html
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2019 - 2022 Maxタンパク質による減数分裂開始抑制とその抑制解除の為の分子メカニズムの解明
  • 2016 - 2018 MAXの減数分裂抑制因子としての役割とその分子作用機序
  • 2016 - 2019 c-Mycとがん細胞に共通したc-MYC依存的なアポトーシスに対する回避メカニズム
  • 2016 - 2018 非生殖細胞である分化多能性幹細胞における異所性の減数分裂と胎生致死との関連
  • 2016 - 2018 がん・精巣抗原遺伝子の非典型的PRC1複合体による抑制
全件表示
論文 (63件):
  • Suzuki A, Hirasaki M, Hishida T, Okamura D, Wu J, Ueda A, Nishimoto M, Nakachi Y, Mizuno Y, Okazaki Y, Matsui Y, *Izpisua Belmonte JC, (Okuda A). Loss of MAX results in meiotic entry in mouse embryonic and germline stem cells. Nature Communications. 2016. 7. 11056
  • Tomoaki Hishida Yuriko Nozaki Yutaka Nakachi Yosuke Mizuno Yasushi Okazaki Masatsugu Ema Satoru Takahashi Masazumi Nishimoto ◎Akihikiko Okuda. Indefinite Self-Renewal of ESCs through Myc/Max Transcriptional Complex-Independent Mechanisms. CELL STEM CELL. 2011. 9. 1. 37-49
  • Katano M, Ema M, Nakachi Y, Mizuno Y, Hirasaki M, Suzuki A, Ueda A, Nishimoto M, Takahashi S, Okazaki, Okuda A.. Forced expression of Nanog or Esrrb preserves the ESC status in the absence of nucleostemin expression. STEM CELLS. 2015. 33. 4. 1089-1101
  • Hishida T, Nakachi Y, Mizuno Y, Katano M, Okazaki Y, Ema M, Takahashi S, Hirasaki M, Suzuki A, Ueda A, Nishimoto M, Hishida-Nozaki Y, Vazquez-Ferrer E, Sancho-Martinez I, *Izpisua Belmonte JC, Okuda A.. Functional crosstalk between Myc and PI3K signaling for supporting unlimited self-renewal of embryonic stem cells. STEM CELLS. 2015. 33. 3. 713-725
  • Tomoaki Hishida, Yuriko Nozaki, Yutaka Nakachi, Yosuke Mizuno, Hiroyoshi Iseki, Miyuki Katano, Masayoshi Kamon, Masataka Hirasaki, Masazumi Nishimoto, Yasushi Okazaki, *Akihiko Okuda. Sirt1, p53 and p38MAPK are crucial regulators of detrimental phenotypes of ESCs with Max expression ablation. Stem Cells. 2012. 30. 1634. 1644
もっと見る
講演・口頭発表等 (79件):
  • 文部科学省特定領域研究「幹細胞」班会議 公開シンポジウム 講演
    (文部科学省特定領域研究「幹細胞」班会議 2003)
  • Oct-3/4下流遺伝子UTF1に依存したES細胞の活発な細胞増殖
    (文部科学省特定領域研究「幹細胞の可塑性と未分化維持機構」平成16年度公開班会議 2004)
  • The Embryonic Transcriptional Cofactor UTF1 Is Involved in Supporting Rapid Proliferation of ES Cells
    (2nd International Society for Stem Cell Research 2004)
  • ES細胞と神経幹細胞の両者で機能するエンハンサーの同定とその分子メカニズム
    (埼玉医科大学ゲノム医学研究センター第二回国際シンポジウム 2004)
  • Oct-3/4下流遺伝子UTF1のERasを介したES細胞増殖への関与
    (第27回日本分子生物学会年会 2004)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1978 - 1984 広島大学 医学部 医学科
  • 1984 - 1988 東京大学 医学系研究科 分子生物学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 1988/04 - 1990/01 日本学術振興特別研究員 日本学術振興会特別研究員
  • 1990/02 - 1992/12 米国カリフォルニア工科大学化学科 ポストドクトラルフェロー
  • 1992/12 - 2001/06 埼玉医科大学 医学部第2生化学 専任講師
  • 2001/07 - 2005/08 埼玉医科大学 医学部ゲノム医学 助教授
  • 2005/09 - 現在 埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター 教授
委員歴 (6件):
  • 2009/12 - 2010/11 文部科学省 科学研究費審査 科学研究費専門委員
  • 2010/12 - 2011/11 文部科学省 科学研究費審査 科学研究費委員会専門委員
  • 2017/01/01 - 2017/12/31 文部科学省 科学研究費委員会 審査・評価第二部会 医歯薬学I小委員会 科学研究費委員会専門委員
  • 2017/07/01 - 現在 倫理委員会委員 委員
  • 2018/06/15 - 2018/07/05 日本学術振興会 卓越大学院プログラムにおける審査意見書作成について
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る