研究者
J-GLOBAL ID:200901008914351412   更新日: 2020年06月10日

西村 克史

ニシムラ カツシ | Nishimura Katsushi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://www.chem.cst.nihon-u.ac.jp/bikou/index.htmlhttp://www.chem.cst.nihon-u.ac.jp/bikou/index.html
研究分野 (8件): 応用生物化学 ,  応用微生物学 ,  構造生物化学 ,  分子生物学 ,  生体化学 ,  無機・錯体化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (16件): 抗体 ,  ファージディスプレイ ,  CO2 ,  微生物変換 ,  進化 ,  ボルボックス ,  クラミドモナス ,  緑藻 ,  酵母 ,  D-アミノ酸 ,  微生物 ,  酵素 ,  D-アミノ酸 ,  微生物学 ,  酵素学 ,  生化学
論文 (27件):
  • Murakami Masahito, Saito Makoto, Yokobori Hirokazu, Nishimura Katsushi, Tanigawa Minoru, Nagata Yoko. Involvement of C-terminal amino acids of a hyperthermophilic serine racemase in its thermostability. Extremophiles : life under extreme conditions. 2018. 22. 1. 99-107
  • 遠山 岳史, 西村 克史, 星 徹. 二酸化炭素を利用した新規物質-材料変換プロセスの創製. J. Res. Inst. Sci. Tech. 2017. 138. 47-57
  • Yusuke Suzuki, Aya Okano, Kazuya Kabayama, Atsuyoshi Nishina, Minoru Tanigawa, Katsushi Nishimura, Yasunori Kushi. Purification of Pyridylaminated Oligosaccharides Using 1,2Dichloroethane Extraction. Analytical Sciences. 2016. 32. 487-490
  • Hideyuki Takahashi, Satoshi Kurumi, Kaoru Suzuki, Katsushi Nishimura, Hideharu Hirose, Shigeyuki Masutani. Micro-Inactivation of Coliforms by Low-Temperature and Atmospheric-Pressure Plasma Irradiation. Applied Mechanics and Materials. 2015. 749. 74-78
  • M. Tanigawa, T. Shinohara, K. Nishimura, K. Nagata, M. Ishizuka, Y. Nagata. Purification of Helicobacter pylori NCTC 11637 Cytochrome bc1 and Respiration with D-Proline as a Substrate. J. Bacteriology. 2010. 192. 1410-1415
もっと見る
MISC (1件):
  • 西村克史. 微細藻類による二酸化炭素の固定と有用化合物への変換プロセスの構築. Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan. 2018. 25. 397. 471-476
書籍 (4件):
  • 生化学辞典 第四版
    東京化学同人 2007
  • 実験生体分子化学
    共立出版 2007
  • PURIFICATION OF ALANINE RACEMASE FROM HELICOBACTER PYLORI. In D-Amino Acids: A New Frontier in Amino Acids and Protein Research.
    Nova Science Publishers 2007
  • 生化学辞典 第三版
    東京化学同人 1998
講演・口頭発表等 (100件):
  • 好酸性鉄酸化細菌 Acidithiobacillus ferrooxidans における D-アミノ酸脱水素酵素の生理的機能
    (第19回極限環境微生物学会年会, 島根大 2018)
  • 硫黄酸化細菌 Starkeya novella のアラニンラセマーゼの精製と性質
    (第19回極限環境微生物学会年会, 島根大 2018)
  • 好冷好圧性細菌 Shewanellaviolacea DSS12 の D-アミノ酸脱水素酵素の精製と耐圧性
    (第19回極限環境微生物学会年会, 島根大 2018)
  • 好冷好圧性細菌 Shewanellaviolacea DSS12 由来のアラニンラセマーゼの圧力耐性と圧力依存性
    (第19回極限環境微生物学会年会, 島根大 2018)
  • 緑藻Chlamydomonas reinhardtii由来D-Threonine aldolaseの活性中心構造
    (第14回D-アミノ酸研究会学術講演会, 富山大学 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1992 京都大学 大学院 農学研究科 農芸化学
  • - 1989 京都大学 大学院 農学研究科 農芸化学
  • - 1987 京都教育大学 教育学部 特修理学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2011/04/01 - 日本大学短期大学部・教授
  • 2007/04/01 - 2011/03/31 日本大学短期大学部・准教授
  • 2002/04 - 2007/03/31 日本大学短期大学部・専任講師
  • 1992/04 - 2002/03 山梨大学工学部・助手
所属学会 (4件):
生化学会 ,  農芸化学会 ,  生物工学会 ,  日本ビタミン学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る