研究者
J-GLOBAL ID:200901008958441907   更新日: 2020年07月05日

加藤 健太郎

カトウ ケンタロウ | Kato Kentaro
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科  助教(併任)
研究分野 (2件): 機能生物化学 ,  寄生虫学
研究キーワード (2件): 糖鎖生物学 ,  寄生虫感染
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2022 腸管寄生原虫の病原性因子間相互作用および新規糖鎖アレイによる因子の糖鎖親和性解析
  • 2018 - 2020 熱帯乾燥気候の新環境医学に関する萌芽的探索:真菌菌腫からのアプローチ
  • 2016 - 2019 腸管寄生原虫の病原性発現機構の解明
  • 2011 - 2014 糖ペプチドを用いた腸管寄生原虫による糖鎖認識機構の解明
  • 2008 - 2010 感染症診断への応用を目指す糖ペプチドアレイの開発
全件表示
論文 (8件):
  • de Las Rivas M, Paul Daniel EJ, Narimatsu Y, Compañón I, Kato K, Hermosilla P, Thureau A, Ceballos-Laita L, Coelho H, Bernadó P, Marcelo F, Hansen L, Maeda R, Lostao A, Corzana F, Clausen H, Gerken TA, Hurtado-Guerrero R. Molecular basis for fibroblast growth factor 23 O-glycosylation by GalNAc-T3. Nature Chemical Biology. 2020. 16. 3. 351-360
  • Mitsui Y, Kato K. Application of Non-Fluorescent Dyes to Assess the Antischistosomal Effect of Antimalarial Drugs on Schistosoma mansoni Adult Worms. Japanese journal of infectious diseases. 2018. 71. 5. 382-387
  • Shimazaki T, Taniguchi T, Saludar NRD, Gustilo LM, Kato T, Furumoto A, Kato K, Saito N, Go WS, Tria ES, Salva EP, Dimaano EM, Parry C, Ariyoshi K, Villarama JB, Suzuki M. Bacterial co-infection and early mortality among pulmonary tuberculosis patients in Manila, The Philippines. The international journal of tuberculosis and lung disease : the official journal of the International Union against Tuberculosis and Lung Disease. 2018. 22. 1. 65-72
  • Kato K, Takegawa Y, Ralston KS, Gilchrist CA, Hamano S, Petri WA Jr, Shinohara Y. Sialic acid-dependent attachment of mucins from three mouse strains to Entamoeba histolytica. Biochemical and biophysical research communications. 2013. 436. 2. 252-258
  • Kato K, Miura M, Mitsui Y. In vitro effects of amodiaquine on paired Schistosoma mansoni adult worms at concentrations of less than 5 μg/mL. Memorias do Instituto Oswaldo Cruz. 2013. 108. 2. 192-196
もっと見る
MISC (3件):
  • 竹内 英之, 加藤 健太郎, 脇 紀彦, 宇佐美 克明, Clausen Henrik, 入村 達郎. 実験的転移能の異なるマウス大腸癌細胞におけるムチン O-グリコシレーションの制御. 日本分子腫瘍マーカー研究会誌. 2006. 21. 31-32
  • 入村 達郎, 東 伸昭, 伝田 香里, 竹内 英之, 加藤 健太郎, Sarawut Oo-puthinan, 隈本 洋介, 宇佐美 克明. S1-1 ムチンとそのカウンターレセプターとしてのレクチン(ムチン,シンポジウム1,第45回日本組織細胞化学会総会・学術集会). 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集. 2004. 45
  • 加藤健太郎, 入村達郎. ムチン糖鎖合成酵素. 蛋白質 核酸 酵素. 2003. 48. 8. 997-1001
書籍 (3件):
  • 感染と免疫
    東京化学同人 2017 ISBN:9784807908974
  • 感染症事典
    オーム出版 2012 ISBN:9784274211355
  • 免疫薬理学の原理
    シュプリンガー・フェアラーク東京株式会社 2004 ISBN:9784431709312
講演・口頭発表等 (40件):
  • Beyond antibiotics--赤痢アメーバ感染制御に向けた生物学
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • 感染症克服を目指したオールジャパン戦略
    (サイエンスアゴラ2018 2018)
  • Entamoeba histolytica Iglレクチンの役割
    (第37回日本糖質学会年会 2018)
  • Comparison of hemolytic activity of the intermediate subunit of Entamoeba histolytica and Entamoeba dispar lectins
    (第87回日本寄生虫学会大会 2018)
  • The role of intermediate subunits of Entamoeba histolytica lectin
    (The U.S.-Japan Cooperative Medical Science Program (The 48 th Joint Conference on Parasitic Diseases) 2018)
もっと見る
Works (3件):
  • 糖ペプチドを用いた腸管寄生原虫による糖鎖認識機構の解明
    2011 -
  • 感染症診断への応用を目指す糖ペプチドアレイの開発
    2008 - 2010
  • マウス大腸癌肝転移モデルを用いた転移形質の解析
    2003 - 2005
学歴 (2件):
  • 1999 - 2004 東京大学 薬学系研究科 機能薬学専攻
  • 1993 - 1997 北海道大学 薬学部 総合薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 長崎大学大学院 助教(併任)
  • 2017/03 - 現在 長崎大学 助教
  • 2019/05 - 2019/07 University of Copenhagen Visiting Researcher
  • 2010/04 - 2017/02 長崎大学熱帯医学研究所病原体解析部門 助教
  • 2008/04 - 2010/03 北海道大学先端生命科学研究院 博士研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2014 - 2015 日本糖質学会 第34回日本糖質学会年会プログラム委員
  • 2012 - 2012 International Symposium on Glyco-minded Biology of Diseases as a Basis of Pharmaceutical Sciences Organizing Committee member
受賞 (4件):
  • 2015 - 長崎大学熱研同門会 2015年熱研同門会ベスト論文賞
  • 2014 - 長崎大学熱研同門会 平成26年度熱研同門会学術研究アイデア賞
  • 2013 - 長崎大学 第1回長崎大学頭脳交流ミーティング異分野融合研究企画コンペ・理事賞
  • 2001 - STUDENT TRAVEL AWARDS of Annual Conference of the Society for Glycobiology
所属学会 (3件):
日本糖質学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本寄生虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る