研究者
J-GLOBAL ID:200901009043187460   更新日: 2020年04月01日

金杉 高雄

カナスギ タカオ | Kanasugi Takao
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 英語学
研究キーワード (1件): 認知言語学
論文 (6件):
  • 単著. 歴史的機能漂白による関係詞の選択. 言語科学論集第11号(京都大学). 2006
  • 単著. A Historical Extension of Relatives in Acceptability of Preposition Placement. Proceedings of the 5th Annual Meeting of the Japanese Cognitive Linguistics Association, Japanese Cognitive Linguistics Association. 2005
  • 単著. Cognitive Factors in Categorization of Focus Structures. Proceedings of the 4th Annual Meeting of the Japanese Cognitive Linguistics Association, Japanese Cognitive Linguistics Association. 2004
  • 単著. A Cognitive Exploration of Coordinate Structures. Proceedings of the 27th Annual Meeting of the Kansai Linguistic Society, Kansai Linguistic Society. 2003
  • 単著. Preposition Stranding : A Cognitive Account of Multiple Foci. Papers in Linguistic Science 8, Kyoto University. 2002
もっと見る
書籍 (10件):
  • 認知言語学I (講座 言語研究の革新と継承 4)
    ひつじ書房 2020 ISBN:9784894766709
  • 日本語大事典
    朝倉書店 2014
  • 認知歴史言語学
    くろしお出版 2013
  • 「照応現象の認知プロセス」 言語の創発と身体性 ー 山梨正明教授退官記念論文集
    ひつじ書房 2013
  • 「カテゴリー拡張に基づく英語指示代名詞の認知的分析ー指示代名詞 that の歴史言語学的考察を中心に」認知言語学論考 No.8
    ひつじ書房 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • * A Metonymic Extension from Distal Demonstratives in English
    (11 th International Cognitive Linguistics Conference (University of California - Berkeley: USA)(*第11回国際認知言語学会) 於 カリフォルニア大学 : アメリカ合衆国・カリフォルニア州・バークレー 2009)
  • A Reanalysis Completed and in Progress towards Fully Structural Extension
    (10 th International Cognitive Linguistics Conference (Jagiellonian University - Krakow: Poland) (国際認知言語学会:設立10周年記念大会) 於 ヤギロニア大学: ポーランド・クラクフ 2007)
  • A Pragmatic and Functional Pressure in the Pronominalization of Relative 'that'
    (17 th International Conference on Historical Linguistics (University of Wisconsin - Madison: USA)(第17回国際歴史言語学会) 於 ウィスコンシン大学: アメリカ合衆国・ウィスコンシン州・マディソン 2005)
  • Intrinsic Attention to Trigger the Orienting Reflex in Language Understanding
    (International Symposium:New Perspectives in Affective Science (Kyoto University) (国際シンポジウム:感情科学の新展開) 於 京都大学 2005)
  • 前置詞定位の容認可能性に関わる関係詞の歴史的発達
    (日本認知言語学会:設立5周年記念大会 2004)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1998 京都大学大学院 人間・環境学研究科共生人間学専攻博士後期課程・言語科学講座 研究指導認定 (学修証書 人博証第26号)
  • - 1993 大阪外国語大学 (現 大阪大学) 外国語学部英語学科卒業
学位 (1件):
  • 文学修士
委員歴 (5件):
  • 2006/04 - 現在 日本メディア英語学会(旧 日本時事英語学会) 関西支部 大会運営委員・監事
  • 2010/04 - 2014/03 日本認知言語学会 監事
  • 2011/04 - 2013/03 日本語用論学会 外部論文査読委員
  • 1998/04 - 2013/03 西都大学軟式野球連盟 理事
  • 1995/04 - 1996/03 京都大学大学院・人間環境学研究科 ティーチングアシスタント(Teaching Assistant: TA))
所属学会 (3件):
国際認知言語学会 (International Cognitive Linguistic Conference) ,  国際歴史言語学会 (International Conference on Historical Linguistics) ,  日本認知言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る