研究者
J-GLOBAL ID:200901009109582331   更新日: 2019年12月25日

服部 恭尚

ハットリ ヤスナオ | HATTORI Yasunao
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 生物有機化学 ,  創薬化学
論文 (51件):
  • Kameda, R.; Sohma, T.; Kobayashi, K.; Uchiyama, R.; Nosaka, K.; Konno, H.; Akaji, K.; Hattori, Y. Convergent synthesis of trans-2,6-disubstituted piperidine alkaloid, (¬)-iso-6-spectaline by palladium-catalyzed cyclization. Chem. Pharm. Bull. 2019. 67. 3. 253-257
  • Ohnishi, K.; Hattori, Y.; Kobayashi, K.; Akaji, K. Evaluation of a non-prime site substituent and warheads combined with a decahydroisoquinolin scaffold as a SARS 3CL protease inhibitor. Bioorg. Med. Chem. 2018. 27. 2. 425-435
  • Miyazawa, Y.; Hattori, Y.; Makabe, H. Synthesis of (+)-altholactone, (+)-7-epi-altholactone, (-)-etharvensin, and (+)-alumheptolide-A using Pd-catalyzed carbonylation. Tetrahedron Lett. 2018. 59. 45. 4024-4027
  • Ichikawa, M.; Yamamoto, S.; Ishihara, C.; Nonobe, S.; Hattor, Y.; Umezawa, K.; Fujii, H.; Makabe, H. Synthesis of epigallocatechin trimer, (epigallocatechin)2-epicatechin, and (epigallocatechin)2-catechin via a Lewis acid mediated one-pot condensation and their antitumor activities in prostate cancer cells. Tetrahedron. 2018. 74. 27. 3534-3542
  • Asai, M.; Takemoto, Y.; Deguchi, A.; Hattori, Y.; Makabe, H. An asymmetric synthesis of (+)-monomorine I. Tetrahedron: Asymmetry. 2017. 28. 11. 1582-1586
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 2001 信州大学農学部応用生命科学科
  • 2001 - 2003 信州大学大学院農学研究科
  • 2005 - 2008 信州大学大学院総合工学系研究科
経歴 (4件):
  • 2016 - 京都薬科大学共同利用機器センター
  • 2011 - 京都薬科大学創薬科学系薬品化学分野
  • 2009 - 京都府立医科大学大学院医学研究科統合医科学専攻医薬品化学
  • 2008 - 米国National Institutes of Health, Visiting Fellow
所属学会 (5件):
日本癌学会 ,  日本ペプチド学会 ,  日本薬学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る