研究者
J-GLOBAL ID:200901009211549020   更新日: 2020年08月23日

中島 真志

ナカジマ マサシ | Nakajima Masashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://nakajipark.nethttps://nakajipark.net
研究分野 (2件): 金融、ファイナンス ,  公共経済、労働経済
研究キーワード (4件): デジタル通貨 ,  仮想通貨 ,  決済システム ,  金融システム
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2010 - 2012 決済システムのガバナンスと効率性に関する研究
  • 2003 - 2006 「ITと21世紀の金融制度」
  • デリバティブの決済に関する研究
  • 電子マネーの発展に関する研究
  • 資金決済システムに関する研究
論文 (2件):
MISC (4件):
  • 中島真志. 『ペイメント・チェーンにおける銀行の役割について-e-invoicingを中心に-』. 麗澤経済研究. 2011. 19. 1. 1-17
  • 中島真志. 『単一ユーロ決済圏(SEPA)の形成に関する一考察』. 麗澤経済研究. 2009. 17. 2. 51-72
  • 中島真志. 『欧州中央銀行の進める証券決済インフラ統合の動き-「ターゲット2証券プロジェクト」の概要について-』. 麗澤経済研究. 2008. 16. 1. 45-58
  • 中島真志. 『わが国における電子マネーの新展開』. 麗澤経済研究. 2007. 15. 2. 97-112
書籍 (13件):
  • 『アフタービットコイン2:仮想通貨 vs. 中央銀行』
    2020
  • 『金融読本(第31版)』
    東洋経済新報社 2020
  • 『アフター・ビットコイン』
    新潮社 2017
  • 『外為決済とCLS銀行』
    東洋経済新報社 2016
  • Analyzing the Economics of Financial Market Infrastructures
    IGI Global 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • リブラ vs デジタル人民元
    (国際金融研究会(中央大学) 2019)
  • 仮想通貨の現状と将来性-ビットコインを中心に-
    (日本証券経済研究所「資本市場を考える会」 2019)
  • 外為決済リスクとCLS銀行の役割
    (日本金融学会 国際金融パネル 2018)
  • ビットコインの将来性
    (日本金融学会 2017)
  • 「リーマン・ショックとCLS銀行」
    (中央大学・国際金融研究会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2012 埼玉大学大学院(博士号)
  • - 1981 一橋大学
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (埼玉大学)
経歴 (5件):
  • 2006/04 - 現在 麗澤大学 経済学部 教授
  • 2003 - 2005 国際決済銀行(BIS):2003-2005
  • 2002 - 2002 名古屋大学 大学院 客員研究員
  • 1999 - 2001 金融情報システムセンター:1999-2001
  • 1989 - 1992 日本銀行・金融研究所:1989-1992
委員歴 (6件):
  • 2017/02 - 2019/02 全銀ネット 有識者会議メンバー
  • 2018/04 - 2018/12 金融庁 仮想通貨交換業等に関する研究会 メンバー
  • 2010 - 2014 全銀ネット 「資金清算制度アドバイザー会議」の有識者メンバー
  • 2008 - 2013 日本金融学会 中央銀行部会・幹事
  • 2008 - 2009 東京金融取引所 「OTCデリバティブ取引のクリアリング制度検討会」メンバー
全件表示
所属学会 (2件):
証券経済学会 ,  日本金融学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る