研究者
J-GLOBAL ID:200901009299196483   更新日: 2020年09月01日

小谷 俊介

Kotani Shunsuke
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://www.bunshiyakka.org
研究分野 (2件): 薬系化学、創薬科学 ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (12件): 薬学 ,  有機化学 ,  有機分子触媒 ,  不斉合成 ,  触媒反応開発 ,  プロセス化学 ,  創薬科学 ,  合成・プロセス化学 ,  有機触媒 ,  不斉反応 ,  organocatalyst ,  asymmetric reaction
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2015 - 2015 Phosphine oxide-catalyzed enantioselective cross-aldol reactions between ketones
  • 2014 - 2015 新規不斉有機分子触媒の創製を基盤とする立体選択的触媒反応の開発
  • 2013 - 2015 Lewis塩基-塩化ケイ素複合体を反応性分子素子とする連続型分子骨格構築法の開発
  • 2013 - 2014 脂肪族第三級アミンの新規 機能の開拓
  • 2011 - 2012 金属を用いないケイ素化 合物による持続可能な有機分子触媒反応の開発
全件表示
論文 (66件):
  • Kentaro Oniki, Taisei Kawakami, Azusa Nakashima, Keishi Miyata, Takehisa Watanabe, Haruka Fujikawa, Ryunosuke Nakashima, Aoi Nasu, Yuka Eto, Noriki Takahashi, et al. Melinjo seed extract increases adiponectin multimerization in physiological and pathological conditions. Scientific reports. 2020. 10. 1. 4313-4313
  • Sugiura M, Ashikari Y, Takahashi Y, Yamaguchi K, Kotani S, Nakajima M. Lewis Base-Catalyzed Enantioselective Conjugate Reduction of β,β-Disubstituted α,β-Unsaturated Ketones with Trichlorosilane: E/Z-Isomerization, Regioselectivity, and Synthetic Applications. The Journal of organic chemistry. 2019. 84. 18. 11458-11473
  • Asano T, Kotani S, Nakajima M. Stereoselective Synthesis of 2-Fluoro-1,3-Diols via Lithium Binaphtholate-Catalyzed Aldol-Tishchenko Reaction. Organic letters. 2019. 21. 11. 4192-4196
  • Kotani S, Yoshiwara Y, Ogasawara M, Sugiura M, Nakajima M. Catalytic Enantioselective Aldol Reactions of Unprotected Carboxylic Acids under Phosphine Oxide Catalysis. Angewandte Chemie (International ed. in English). 2018. 57. 48. 15877-15881
  • Toshifumi Asano, Miyuki Moritani, Makoto Nakajima, Shunsuke Kotani, Shunsuke Kotani. Chiral lithium binaphtholate for enantioselective amination of acyclic α-alkyl-β-keto esters: Application to the total synthesis of L-carbidopa. Tetrahedron. 2017. 73. 41. 5975-5982
もっと見る
MISC (8件):
  • 森優, 福永雅樹, 成田勇樹, 小谷俊介, 門脇大介, 平田純生. AN69ST膜の薬物吸着能に対する薬物疎水性の影響. 日本透析医学会雑誌. 2018. 51. Supplement 1. 530
  • 福永雅樹, 兵藤沙耶, 門脇大介, 小谷俊介, 成田勇樹, 平田純生. アセトアミノフェン及びその代謝物の抗酸化作用の解析と慢性腎臓病治療への応用. 日本腎臓学会誌. 2018. 60. 3. 468
  • 兵藤沙耶, 門脇大介, 小谷俊介, 成田勇樹, 瀬尾量, 平田純生. アセトアミノフェン及び代謝物の抗酸化作用の解析. 日本薬学会九州支部大会講演要旨集. 2017. 34th. 78
  • Ogasawara M, Kotani S, Nakajima H, Furusho H, Miyasaka M, Shimoda Y, Wu W-Y, Sugiura M, Takahashi T, Nakajima M. Novel Atropisomeric Chiral Dienes in Lewis Base Organocatalysis. Synfacts. 2014. 10. 01. 0095
  • Shimoda Y, Kubo T, Sugiura M, Kotani S, Nakajima M. Lewis Base Catalyzed Double Aldol Reaction. Synfacts. 2013. 9. 05. 0556
もっと見る
書籍 (3件):
  • 二酸化炭素により配向性の転換:フェノールのメタ位選択的アリール化
    ファルマシア 2014
  • 連続的なアルドール反応を活用した骨格構築
    月刊化学 2013
  • C-X Bond Formation: Organocatalytic Enantioselective Halogenation of meso Epoxides.
    Elsevier 2012
講演・口頭発表等 (175件):
  • キラルなリチウムビナフトラートを用いた有機リチウム試薬の不斉1,2-付加反応
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • ホスフィンオキシドを有機分子触媒とするオキセタンの不斉開環反応
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • ホスフィンオキシドを有機分子触媒、トリクロロシランを反応剤とするアルデヒド間の不斉交差アルドール反応の開発
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • トリクロロシランを反応剤とするホスフィンオキシド触媒によるアルデヒド間の不斉交差アルドール反応
    (第45回反応と合成の進歩シンポジウム 2019)
  • α,β-不飽和アミドを求電子剤としたエナンチオ選択的Michael反応の開発
    (シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2005 - 2008 熊本大学
  • 2003 - 2005 北海道大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (熊本大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系) 機器分析学研究室 教授
  • 2019/04 - 2020/03 熊本大学 大学院生命科学研究部(薬学系) 准教授
  • 2014/04 - 2019/03 熊本大学 大学院・先導機構 准教授
  • 2009/04 - 2014/03 熊本大学 大学院・先導機構 特任助教
  • 2008/04 - 2009/03 カリフォルニア大学アーバイン校 博士研究員
委員歴 (1件):
  • 2017/10 - 2019/01 第44回反応と合成の進歩シンポジウム実行委員会 事務局
所属学会 (3件):
有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る