研究者
J-GLOBAL ID:200901009308012765   更新日: 2022年09月06日

村松 久和

ムラマツ ヒサカズ | MURAMATSU HISAKAZU
所属機関・部署:
職名: 特任教授
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2001 - ガンマ線による電磁波誘起透明化現象の実験的検証
  • ラドン及びその娘核種の物理化学的性質及び放射性エアロゾル(Be-7)に関する研究
  • 原子核の有効電荷半径の研究
  • 自然界に存在する放射性同位元素に関する研究
  • 陽電子消滅寿命測定法を利用した物性研究
全件表示
論文 (69件):
MISC (34件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • ICRP Publication 51: Data for Use in Protection Against External Radiation (Annals of the ICRP, 17, No.2/3 (1978))17
    社団法人日本アイソトープ協会(丸善,東京) 1988
  • Trace Element Analytical Chemistry in Medicine and Biology(Editor: P. Brätter and P. Schramel)
    Walter de Gruyter & Co., Berlin-New York 1980
講演・口頭発表等 (123件):
  • 分級捕集された大気エアロゾルに含まれるBe-7とイオン成分
    (第18回環境放射能研究会(高エネルギー加速器研究機構, つくば市) 2017)
  • 放射性物質の大気中での輸送を担うエアロゾル粒子の平均粒径と化学形
    (2016日本放射化学会年会・第60回放射化学討論会(新潟大学) 2016)
  • 宇宙線生成核種7Beの付着した大気エアロゾルの粒径と化学形
    (第17回環境放射能研究会(高エネルギー加速器研究機構, つくば市) 2016)
  • Be-7 放射性エアロゾルの粒径と化学形の検討
    (2015日本放射化学会年会・第59回放射化学討論会(東北大学) 2015)
  • 放射性物質のキャリアとしての大気エアロゾル粒子の粒径分布と化学形
    (第16回環境放射能研究会(高エネルギー加速器研究機構, つくば市) 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京都立大学)
経歴 (4件):
  • 2003 - 信州大学 教授
  • 1990 - 信州大学 助教授
  • 1987 - 信州大学 助手
  • 1982 - 文部省高エネルギー物理学研究所 助手
所属学会 (4件):
日本放射化学会 ,  日本保健物理学会 ,  日本物理学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る