研究者
J-GLOBAL ID:200901009337077280   更新日: 2022年07月03日

宮本 浩邦

ミヤモト ヒロクニ | HIROKUNI MIYAMOTO
所属機関・部署:
職名: (連携)客員教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
研究分野 (8件): 環境材料、リサイクル技術 ,  ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  細菌学 ,  医療薬学 ,  生理学 ,  植物栄養学、土壌学 ,  医化学
研究キーワード (9件): 循環型 ,  環境 ,  堆肥 ,  腸内細菌 ,  飼料 ,  作物 ,  発酵産物 ,  極限環境微生物 ,  好熱菌
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2012 - 2013 植物の生体防御機能を活性化する新規農業用微生物資材の開発
  • 2010 - 2012 好熱菌を用いた生態系配慮型の動物用プロバイオティクスの開発
  • 2011 - 2011 廃水産資源並びに食品加工残渣を用いた高機能性発酵飼料製造技術の開発
  • 2010 - 2011 廃水産資源並びに食品加工残渣を用いた高機能性発酵飼料製造技術の開発
  • 2005 - 2007 バイオパターンセンシング法による子豚の生育品質評価技術の開発
全件表示
論文 (49件):
  • Hirokuni Miyamoto, Futo Asano, Koutarou Ishizawa, Wataru Suda, Hisashi Miyamoto, Naoko Tsuji, Makiko Matsuura, Arisa Tsuboi, Chitose Ishii, Teruno Nakaguma, et al. A potential network structure of symbiotic bacteria involved in carbon and nitrogen metabolism of wood-utilizing insect larvae. Science of The Total Environment. 2022. 836. 155520-155520
  • Kayo Ito, Hirokuni Miyamoto, Makiko Matsuura, Chitose Ishii, Arisa Tsuboi, Naoko Tsuji, Teruno Nakaguma, Yumiko Nakanishi, Tamotsu Kato, Wataru Suda, et al. Noninvasive fecal metabolic profiling for the evaluation of characteristics of thermostable lactic acid bacteria, Weizmannia coagulans SANK70258, for broiler chickens. Journal of Bioscience and Bioengineering. 2022
  • 宮本浩邦, 大野博司. 腸内の粘膜-微生物共生システムの基礎的理解と環境保全型畜産への応用展開. 家畜感染症学会. 2022. 11. 1. 1-13
  • Yudai Inabu, Yutaka Taguchi, Hirokuni Miyamoto, Tetsuji Etoh, Yuji Shiotsuka, Ryoichi Fujino, Toru Okada, Motoaki Udagawa, Naoko Tsuji, Makiko Matsuura, et al. Development of a novel feeding method for Japanese black calves with thermophile probiotics at postweaning. Journal of Applied Microbiology. 2022
  • Kenta Suzuki, Masato S. Abe, Daiki Kumakura, Shinji Nakaoka, Fuki Fujiwara, Hirokuni Miyamoto, Teruno Nakaguma, Mashiro Okada, Kengo Sakurai, Shohei Shimizu, et al. Chemical-Mediated Microbial Interactions Can Reduce the Effectiveness of Time-Series-Based Inference of Ecological Interaction Networks. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2022. 19. 3. 1228-1228
もっと見る
MISC (22件):
  • Hirokuni Miyamoto, Nobuhiro Kawachi, Atsushi Kurotani, Wataru Suda, Shigeharu Moriya, Arisa Tsuboi, Makiko Matsuura, Teruno Nakaguma, Chitose Ishii, Naoko Tsuji, et al. Estimation of symbiotic bacterial structure in a sustainable seagrass ecosystem on recycled management. 2022
  • Hirokuni Miyamoto, Katsumi Shigeta, Wataru Suda, Yasunori Ichihashi, Naoto Nihei, Makiko Matsuura, Arisa Tsuboi, Naoki Tominaga, Masahiko Aono, Muneo Sato, et al. Agricultural quality matrix-based multiomics structural analysis of carrots in soils fertilized with thermophile-fermented compost. 2022
  • Hirokuni Miyamoto, Wataru Suda, Hiroaki Kodama, Hideyuki Takahashi, Yumiko Nakanishi, Shigeharu Moriya, Kana Adachi, Nao Kiriyama, Masaya Wada, Daisuke Sudo, et al. A novel sustainable role of compost as a universal protective substitute for fish, chicken, pig, and cattle, and its estimation by structural equation modeling. 2022
  • Hirokuni Miyamoto, Futo Asano, Koutarou Ishizawa, Wataru Suda, Hisashi Miyamoto, Naoko Tsuji, Makiko Matsuura, Arisa Tsuboi, Chitose Ishii, Teruno Nakaguma, et al. Symbiotic bacterial network structure involved in carbon and nitrogen metabolism of wood-utilizing insect larvae. 2022
  • SHI SHUQI, 西田彩夏, 梶原悠, 井藤俊行, 渡邊健吾, 須田栞, 土肥博史, 宮本浩邦, 宮本浩邦, 宮本浩邦, et al. Pseudomonas baetica SN4株および細胞外多糖が植物にもたらす生理機能. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2021. 2021
もっと見る
特許 (19件):
もっと見る
書籍 (34件):
  • 特集 腸内環境に影響を与える食品素材-基礎から開発まで-
    JATAFFジャーナル・公益社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会 2022
  • 畜産・水産分野における抗生物質からの脱却
    臨床免疫・アレルギー科 2020
  • ヒトマイクロバイオーム Vo.2 〜解析技術の進展とデータ駆動型・ターゲット機能型研究最前線〜
    2020
  • 家畜・家禽類の生産性を制御する環境微生物-好熱菌・耐熱菌を中心として-
    畜産技術協会 2018
  • 好熱菌は豚の腸内環境を改善して死亡率を減らす-脱抗菌薬を目指した飼育管理技術の黒豚への適用-
    日本畜産振興会 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (119件):
  • 乳酸菌Lactobacillus amylovorusと乳酸資化菌Megasphaera elsdenii の相互作用が短鎖脂肪酸産生に与える影響
    (日本農芸化学会大会 2022)
  • 好熱菌発酵産物由来の耐熱性機能性細菌Paenibacillus sp.の植物生育促進性候補遺伝子群の同定と構造方程式モデリングにおけるオミクス統計評価
    (日本農芸化学会大会 2022)
  • 好熱菌発酵産物を給与したノトバイオートマウスから単離された嫌気性細菌に関する研究
    (日本農芸化学会大会 2022)
  • 好熱菌発酵産物の給与によるカブトムシ幼虫肥大化と腸内細菌叢の変化
    (日本農芸化学会関東支部 2021)
  • Pseudomonas baetica SN4株および細胞外多糖が植物にもたらす生理機能
    (日本農芸化学会 2021)
もっと見る
Works (5件):
  • 食と環境シンポジウム2007【主催:千葉大学】
  • 課題名:バイオパターンセンシング法による子豚の生育品質評価技術の開発【農林水産省公募補助事業】
  • 課題名:ガスコージェネレーションによる省エネ小規模施設栽培技術の開発【農林水産省公募補助事業】
  • 課題名:有機性廃棄物のコンポスト製造のための発酵モニタ技術の開発【農林水産省公募委託事業】
  • 廃水産資源および食品加工残渣を原料とする高機能性発酵飼料製造技術の開発【経済産業省公募委託事業】
学歴 (4件):
  • 1996 - 2000 慶應義塾大学
  • 1994 - 1996 慶應義塾大学 修士課程 医科学専攻
  • 1993 - 1994 国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)
  • 1989 - 1993 国立大学法人 東京医科歯科大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (慶應義塾大学)
経歴 (12件):
  • 2017/04 - 現在 千葉大学 大学院園芸学研究科 (連携)客員教授
  • 2017/03 - 現在 特定国立研究法人理化学研究所 統合生命科学研究センター 客員主管研究員
  • 2015/09 - 現在 横浜市立大学 生命医科学研究科 客員教授
  • 2015/04 - 現在 千葉大学大学院 融合科学研究科 (連携)客員教授
  • 2013/01 - 現在 株式会社サーマス CTO(技術執行役員) 兼 代表取締役副社長
全件表示
受賞 (6件):
  • 2022/04 - 日本農芸化学会 トピックス賞 好熱菌発酵産物由来の耐熱性機能性細菌Paenibacillus sp.の植物生育促進性候補遺伝子群の同定と構造方程式モデリングにおけるオミクス統計評価
  • 2017/09 - 公益社団法人 日本生物工学会 生物工学技術賞 好熱性微生物を活用した未利用バイオマス資源からの高機能発酵製品の製造と学術的解明
  • 2016/04 - 日本農芸化学会 トピックス賞 家畜の生産性を向上させる新規プロバイオティクス細菌 Bacillus hisashii N11T
  • 2012 - 千葉大学ベンチャービジネスラボラトリー 千葉大学なのはな賞・ちばぎんひまわり賞 家畜・家禽類の成長促進に寄与する好熱菌製剤の開発
  • 2007 - ベンチャーカップCHIBA優秀賞【主催:(財)千葉市産業振興財団、後援:関東経済産業局、千葉県ほか】
全件表示
所属学会 (6件):
日本養豚学会 ,  日本家禽学会 ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本畜産学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る