研究者
J-GLOBAL ID:200901009489326456   更新日: 2019年12月27日

川元 龍夫

カワモト タツオ | Kawamoto Tatsuo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 矯正・小児系歯学
研究キーワード (6件): 歯科矯正学 ,  顎口腔機能矯正学 ,  顎顔面矯正学 ,  顎変形症 ,  先天異常 ,  口唇口蓋裂
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2019 - 2022 Apert症候群疾患遺伝子を応用した顎下腺の上皮間葉相互作用及び機能的影響の解明
  • 2019 - 2022 矯正治療時の痛みにおける歯髄を介した新規伝達機構の解明
  • 2018 - 2021 矯正歯科治療後の後戻りを防止する新規骨芽細胞活性化因子が担う骨代謝制御機構の解明
  • 2016 - 2019 非症候群性多数歯無歯症における新規原因遺伝子の同定
  • 2016 - 2019 ATPによる歯の痛みの伝達機構の解析
全件表示
論文 (53件):
  • Morii A, Miyamura Y, Sago MI, Mizuhara M, Shikayama T, Naniwa M, Hitomi S, Ujihara I, Kuroishi KN, Gunjigake KK, Shiga M, Morimoto Y, Kawamoto T, Ono K. Orthodontic force-induced oxidative stress in the periodontal tissue and dental pulp elicits nociception via activation/sensitization of TRPA1 on nociceptive fibers. Free Radic Biol Med. 2020. 147. 1. 175-186
  • Mizuhara M, Kometani-Gunjigake K, Nakao-Kuroishi K, Toyono T, Hitomi S, Morii A, Shiga M, Seta Y, Ono K, Kawamoto T. Vesicular nucleotide transporter mediates adenosine triphosphate release in compressed human periodontal ligament fibroblast cells and participates in tooth movement-induced nociception in rats. Arch Oral Biol. 2019. 11. 110. 104607.
  • Yamaji K, Morita J, Watanabe T, Gunjigake K, Nakatomi M, Shiga M, Ono K, Moriyama K, Kawamoto T. Maldevelopment of the submandibular gland in a mouse model of apert syndrome. Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists. 2018. 247. 11. 1175-1185
  • Takagi H, Seta Y, Kataoka S, Nakatomi M, Toyono T, Kawamoto T. Mash1-expressing cells could differentiate to type III cells in adult mouse taste buds. Anatomical science international. 2018. 93. 4. 422-429
  • 郡司掛 香織, 木尾 哲朗, 黒石 加代子, 伊藤 美紗, 森田 淳平, 志賀 百年, 川元 龍夫. 日本における矯正歯科標榜歯科医療機関数と日本矯正歯科学会認定医数から見る医療アクセス. 九州矯正歯科学会雑誌. 2018. 13. 1. 23-32
もっと見る
書籍 (5件):
  • アトラス顎顔面矯正-顎変形症と口唇口蓋裂の矯正治療-
    医歯薬出版株式会社 2002
  • Atlas of Orthodontic Treatment for Patients with Birth Defects
    Needham Press, Inc. 2012
  • 新臨床研修歯科医ハンドブック Essential Handbook for Dental Residents
    医歯薬出版株式会社 2016
  • 歯科用CTの見かた・読み方
    クインテッセンス出版 2019
  • 歯科矯正学 第6版
    医歯薬出版株式会社 2019
講演・口頭発表等 (34件):
  • ビーグル犬における上顎歯槽部骨延長量と延長部位歯髄血流および新生骨組織との関連
    (第72回口腔病学会学術大会、東京 2007)
  • 骨格性下顎前突症患者における三次元口唇運動解析
    (第66回日本矯正歯科学会、大阪 2007)
  • 外科的矯正治療を行った上顎前突症の術後の安定性について-第3報;上下顎移動術による3症例-
    (第66回日本矯正歯科学会、大阪 2007)
  • 外科的矯正治療を行った上顎前突症の術後安定性について-第2報;上顎前歯部歯槽骨切り術による3症例-
    (第66回日本矯正歯科学会、大阪 2007)
  • 外科的矯正治療を行った上顎前突症の術後安定性について-第1報;下顎枝矢状分割術単独による3症例-
    (第66回日本矯正歯科学会、大阪 2007)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1982 - 1988 東京医科歯科大学 歯学部 歯学科
  • 1988 - 1992 東京医科歯科大学大学院 歯学研究科 歯科矯正学
学位 (1件):
  • 歯学博士 (東京医科歯科大学)
経歴 (8件):
  • 1992/04 - 2000/03 東京医科歯科大学歯学部付属病院 医員(第二矯正科)
  • 2000/04 - 2007/03 東京医科歯科大学大学院 助手
  • 2007/04 - 2010/06 東京医科歯科大学大学院 助教
  • 2013/09 - 2014/08 Radboud University Nijmegen Medical Centre Visiting Research Fellow
  • 2010/07 - 2015/03 東京医科歯科大学大学院 講師
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2016/07 - 現在 日本顎変形症学会 認定医制度委員会委員
  • 2016/01 - 現在 日本顎変形症学会 評議員
  • 2015/06 - 現在 日本矯正歯科学会 管理指導医委員会委員
  • 2015/05 - 現在 福岡県社会福祉審議会 障がい者福祉専門分科会審査部会 委員
  • 2015/04 - 現在 九州矯正歯科学会 編集委員会委員長
全件表示
受賞 (16件):
  • 2017/10 - 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(共著者) 唾液腺におけるApert症候群モデルマウスの病態解析
  • 2017/01 - 地域連携による「ものづくり」継承支援人材育成協働プロジェクト事業報告会 ポスター賞(共著者) Patho-physiological pain mechanism following oral mucosal trauma
  • 2016 - 第58回日本顕微鏡学会九州支部学術講演会 最優秀発表賞(共著者) マウス味蕾における膜表面分子の発現
  • 2016 - 第4回アジア太平洋国際カンファレンス ポスター賞(共著者) A new preclinical pain model of orthodontic wire appliance-induced oral ulcer
  • 2016/01 - Interdisciplinary Medical, Dental and Soft-material Researches on the move-Showcase Review at Kitakyushu- ポスター賞(共著者) The expression of VNUT in rat odontoblasts.
全件表示
所属学会 (10件):
日本矯正歯科学会 ,  九州矯正歯科学会 ,  日本顎変形症学会 ,  日本口蓋裂学会 ,  口腔病学会 ,  歯科基礎医学会 ,  IADR ,  JADR ,  日本顎関節学会 ,  日本頭蓋顎顔面外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る