研究者
J-GLOBAL ID:200901009543095244   更新日: 2020年05月25日

水澤 寛太

ミズサワ カンタ | KANTA MIZUSAWA
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 水圏生産科学
研究キーワード (5件): 下垂体 ,  視床下部 ,  ホルモン ,  遺伝子 ,  魚類
論文 (35件):
  • Shimizu D, Kasagi S, Takeuchi R, Maeda T, Furufuji S, Mizusawa K, Andoh T, Takahashi A. Effects of green light on the growth of spotted halibut, Verasper variegatus, and Japanese flounder, Paralichthys olivaceus, and on the endocrine system of spotted halibut at different water temperatures. General and comparative endocrinology. 2019. 271. 82-90
  • Mizusawa K, Kasagi S, Takahashi A. Melanin-concentrating hormone is a major substance mediating light wavelength-dependent skin color change in larval zebrafish. General and comparative endocrinology. 2018. 269. 141-148
  • Ikari T, Kobayashi Y, Kitani Y, Sekiguchi T, Endo M, Kambegawa A, Asahina K, Hattori A, Tabuchi Y, Amornsakun T, Mizusawa K. α-Melanocyte-stimulating hormone directly increases the plasma calcitonin level and involves calcium metabolism in goldfish. International Aquatic Research. 2018. 10. 3. 283-292
  • Mizusawa K, Yamamura Y, Kasagi S, Cerdá-Reverter JM, Takahashi A. Expression of genes for melanotropic peptides and their receptors for morphological color change in goldfish Carassius auratus. General and comparative endocrinology. 2018. 264. 138-150
  • Ishizu H, Sekiguchi T, Ikari T, Kitamura KI, Kitani Y, Endo M, Urata M, Kinoshita Y, Hattori A, Srivastav AK, Mishima H. α-Melanocyte-stimulating hormone promotes bone resorption resulting from increased osteoblastic and osteoclastic activities in goldfish. General and comparative endocrinology. 2018. 262. 99-105
もっと見る
MISC (5件):
  • Takahashi A, Mizusawa K, Amano M. Multifunctional roles of melanocyte-stimulating hormone and melanin-concentrating hormone in fish: evolution from classical body color change. Aqua-BioScience Monographs. 2014. 7. 1-46
  • 高橋明義, 水澤寛太, 古藤澄久, 菊地重人. 魚類の成長と特定波長光照射~発光ダイオードの効果~. アクアネット. 2013
  • 高橋明義, 小林勇喜, 山野目健, 水澤寛太. 魚類・光・内分泌〜体色と食欲の深い仲. ビオフィリア. 2011. 7. 31-36
  • 高橋明義, 小林勇喜, 阿見彌典子, 須沼俊和, 水澤寛太, 天野勝文, 山野目 健. 光環境と魚類の成長?カレイ目マツカワが教えてくれること. Jasco Report. 2010. 52. 2. 2-29
  • 田畑満生, 水澤寛太. 魚の1日のリズム-食欲リズムと生物時計とホルモン-. 湊文社, アクアネット6月号. 2003. 22-25
書籍 (3件):
  • ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ VII 生体防御・社会性-守-
    裳華房 2016 ISBN:9784785351205
  • Handbook of Hormones
    Elsevier 2015 ISBN:9780128010280
  • Handbook of Hormones
    Elsevier 2015 ISBN:9780128010280
講演・口頭発表等 (78件):
  • ホシガレイの成長と有眼側皮膚のpomc-c遺伝子発現に与える緑色LED光の効果
    (平成30年度日本水産学会春季大会 2018)
  • ホシガレイ視床下部-脳下垂体系のホルモン遺伝子発現に及ぼす緑色LED光の効果
    (平成30年度日本水産学会春季大会 2018)
  • 魚類の骨代謝に対する黒色素胞刺激ホルモンの影響:in vivo及びin vitroによる解析
    (平成30年度日本水産学会春季大会 2018)
  • ニシキゴイの体色ならびに黒色素胞の発達に光源の違いが及ぼす影響
    (平成30年度日本水産学会春季大会 2018)
  • マツカワ非視覚オプシン遺伝子の組織発現と最大吸収波長の解析
    (平成30年度日本水産学会春季大会 2018)
もっと見る
Works (4件):
  • 緑色LED光照射によるカレイ類養殖の新展開
    高橋明義, 清水大輔, 水澤寛太, 古藤澄久 2017 - 2017
  • 日本動物学会第85回大会関連集会第4回ホメオスタシスバイオロジーシンポジウム「社会性の適応進化の最前線」の主催
    水澤寛太, 沓掛展之, 鈴木研太, 三浦徹 2014 - 2014
  • 魚の頭の中に食欲の起源を探る
    水澤寛太 2009 - 2009
  • ゼブラフィッシュを用いた孵化仔魚の生物学
    水澤寛太 2009 - 2009
学歴 (2件):
  • - 2002 東京大学 その他 水圏生物科学専攻
  • - 1997 東京大学 農学部 水産学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2015/04/01 - 北里大学海洋生命科学部増殖生物学講座准教授
  • 2007/04/01 - 2015/03/31 北里大学海洋生命科学部増殖生物学講座講師
  • 2005/04/01 - 2007/03/31 国立遺伝学研究所プロジェクト研究員
  • 2002/04/01 - 2005/03/31 帝京科学大学博士研究員
  • 1999/04/01 - 2002/03/31 日本学術振興会特別研究員
委員歴 (8件):
  • 2017/03/01 - 2019/02/28 日本水産学会 水産学若手の会(特別委員会)委員
  • 2018/03/01 - 日本水産学会 シンポジウム企画委員
  • 2014/03/01 - 2017/02/28 日本水産学会 水産学若手の会(特別委員会)委員長
  • 2017/01/01 - 日本比較内分泌学会 庶務幹事
  • 2013/01/01 - 2016/12/31 日本比較内分泌学会 和書編纂委員
全件表示
所属学会 (4件):
日本比較内分泌学会 ,  日本時間生物学会 ,  日本水産学会 ,  日本水産増殖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る