研究者
J-GLOBAL ID:200901009545323996   更新日: 2019年08月09日

井手 英策

イデ エイサク | Ide, Eisaku
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://seminar.econ.keio.ac.jp/ide-seminar/http://seminar.econ.keio.ac.jp/ide-seminar/
論文 (6件):
  • W. Elliot Brownlee and Eisaku Ide. Fiscal Policy in Japan and the United States since 1973: Economic Crises, Taxation, and Weak Tax Consent. The Political Economy of Public Finance since the 1970s: Questioning Leviatha. 2017
  • Gene Park and Ide Eisaku. The tax-welfare mix: explaining Japan's weak extractive capacity. The Pacific Review. 2014. Vol.27. Issue 5
  • Ide Eisaku. A political dispute over the local public finance equalization grant: the legacy of Shoup's policy choices. The Political Economy of Transnational Tax Reform: The Shoup Mission to Japan in Historical Context. 2013
  • Andreas Vårheim, Eisaku Ide, Morinao Iju. The library profession under pressure in Japan: Change in the construction state. Journal of Librarianship and Information Science. 2013. Vol.45. 3
  • Eisaku Ide and Sven Steinmo. The End of Strong State? On the Evolution of Japanese Tax Policy. The New Fiscal Sociology:Taxation in Comparative and Historical Perspective. 2009
もっと見る
書籍 (12件):
  • 中央銀行の財政社会学-現代国家の財政赤字と中央銀行
    知泉書館 2006
  • 高橋財政の研究-昭和恐慌からの脱出と財政再建への苦闘
    有斐閣 2006
  • 交響する社会-「自律と調和」の政治経済学
    ナカニシヤ出版 2011
  • 雇用連帯社会-脱土建国家の公共事業
    岩波書店 2011
  • 財政赤字の淵源:寛容な社会の条件を考える
    有斐閣 2012
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1995 - 東京大学 経済学部
  • 2000 - 東京大学 現代経済専攻
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2000/05 - 2001/03 日本銀行金融研究所
  • 2001/04 - 2003/03 東北学院大学経済学部
  • 2006/10 - 2007/09 University of Colorado Boulder
  • 2003/04 - 2009/03 横浜国立大学大学院国際社会科学研究科
  • 2013/02 - 2014/02 University of California Santa Barbara
全件表示
受賞 (4件):
  • 2016 - 慶應義塾賞
  • 2016 - 大佛次郎論壇賞
  • 2006 - 租税史料館 第15回 租税史料館賞
  • 2002 - 地方財政学会 第2回 佐藤進賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る