研究者
J-GLOBAL ID:200901009590010575   更新日: 2020年05月27日

吾郷 由希夫

アゴウ ユキオ | Ago Yukio
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://www.hiroshima-u.ac.jp/dent/research/lab/dentistry/Cellular_and_Molecular_Pharmacologyhttps://www.hiroshima-u.ac.jp/en/dent/research/lab/dentistry/Cellular_and_Molecular_Pharmacology
研究分野 (4件): 薬理学 ,  薬理学 ,  薬理学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (6件): グルココルチコイド ,  グルタミン酸 ,  モノアミン ,  環境因子 ,  動物モデル ,  精神疾患
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2019 - 2020 治療抵抗性統合失調症の克服を目指した創薬スクリーニングモデルの開発
  • 2016 - 2019 σ1/5-HT1A受容体間相互作用による前頭葉ドパミン神経調節機構の創薬基盤研究
  • 2017 - 2019 VIPR2遺伝子コピー数変異に着目した精神疾患のin vitro病態モデルと薬効評価系の構築
  • 2017 - 2018 VPAC2 受容体下流シグナルを標的とする難治性統合失調症の創薬研究
  • 2017 - 自閉スペクトラム症モデルマウスにおける薬物評価とメカニズム解析
全件表示
論文 (56件):
  • Kensuke Matsumura, Masayuki Baba, Kazuki Nagayasu, Kana Yamamoto, Momoka Kondo, Kohei Kitagawa, Tomoya Takemoto, Kaoru Seiriki, Atsushi Kasai, Yukio Ago, Atsuko Hayata-Takano, Norihito Shintani, Toshihiko Kuriu, Tokuichi Iguchi, Makoto Sato, Kazuhiro Takuma, Ryota Hashimoto, Hitoshi Hashimoto, Takanobu Nakazawa. Autism-associated protein kinase D2 regulates embryonic cortical neuron development. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2019
  • Masayuki Baba, Kazumasa Yokoyama, Kaoru Seiriki, Yuichiro Naka, Kensuke Matsumura, Momoka Kondo, Kana Yamamoto, Misuzu Hayashida, Atsushi Kasai, Yukio Ago, Kazuki Nagayasu, Atsuko Hayata-Takano, Akinori Takahashi, Shun Yamaguchi, Daisuke Mori, Norio Ozaki, Tadashi Yamamoto, Kazuhiro Takuma, Ryota Hashimoto, Hitoshi Hashimoto, Takanobu Nakazawa. Psychiatric-disorder-related behavioral phenotypes and cortical hyperactivity in a mouse model of 3q29 deletion syndrome. Neuropsychopharmacology. 2019. 44. 12. 2125
  • Yukio Ago, Wataru Tanabe, Momoko Higuchi, Shinji Tsukada, Tatsunori Tanaka, Takumi Yamaguchi, Hisato Igarashi, Rei Yokoyama, Kaoru Seiriki, Atsushi Kasai, Takanobu Nakazawa, Shinsaku Nakagawa, Kenji Hashimoto, Hitoshi Hashimoto. (R)-Ketamine Induces a Greater Increase in Prefrontal 5-HT Release Than (S)-Ketamine and Ketamine Metabolites via an AMPA Receptor-Independent Mechanism. International Journal of Neuropsychopharmacology. 2019
  • Atsuko Hayata-Takano, Toshihiko Kamo, Harui Kijima, Kaoru Seiriki, Katsuya Ogata, Yukio Ago, Takanobu Nakazawa, Yusuke Shintani, Kosuke Higashino, Kazuki Nagayasu, Norihito Shintani, Atsushi Kasai, James A. Waschek, Hitoshi Hashimoto. Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide Modulates Dendritic Spine Maturation and Morphogenesis via MicroRNA-132 Upregulation. The Journal of Neuroscience. 2019. 39. 22. 4208
  • Whole-brain block-face serial microscopy tomography at subcellular resolution using FAST. Nature protocols. 2019
もっと見る
MISC (47件):
  • 田熊一敞, 田熊一敞, 田熊一敞, 原雄大, 原雄大, 吾郷由希夫, 橋本均, 橋本均, 橋本均, 橋本均, 中澤敬信, 中澤敬信, 松田敏夫. 前頭葉を標的とする自閉症スペクトラム障害の新たな治療戦略の可能性. 日本臨床精神神経薬理学会プログラム・抄録集. 2018. 28th. 130
  • 吾郷由希夫, 早田敦子, 橋本 均. 精神疾患におけるVPAC2受容体の病態生理学的役割. 日本薬理学雑誌. 2018. 151. 6. 249-253
  • 吾郷由希夫, 深田宗一朗. 骨格筋活動と精神疾患. 実験医学増刊. 2018. 36. 7. 138-142
  • 吾郷由希夫. うつ/不安症状に対するσ1受容体-セロトニン1A受容体の機能的相互作用による治療・創薬戦略. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス. 2018. 49. 8. 550-556
  • 三浦大樹, 笠井淳司, 彌永祐輔, 原雄大, 中澤敬信, 中澤敬信, 吾郷由希夫, 田熊一敞, 田熊一敞, 橋本均, 橋本均, 橋本均, 橋本均. 自閉スペクトラム症モデルマウスの社会性行動障害に有効な抗てんかん作用を有する医薬品の探索. 日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集. 2017. 132nd. 31
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (3件):
  • Neuropathology of Drug Addictions and Substance Misuse, Volume 2: Stimulants, Club and Dissociative Drugs, Hallucinogens, Steroids, Inhalants, and International Aspects
    Elsevier 2016
  • Pituitary Adenylate Cyclase Activating Polypeptide - PACAP
    Springer 2016
  • ストレス百科事典「抗うつ薬の作用、グルココルチコイド受容体に対する」
    丸善株式会社 2009
学歴 (3件):
  • 2003 - 2005 大阪大学 大学院薬学研究科 博士課程
  • 2001 - 2003 大阪大学 大学院薬学研究科 修士課程
  • 1997 - 2001 大阪大学 薬学部 薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (大阪大学)
経歴 (12件):
  • 2020/03 - 現在 広島大学大学院医系科学研究科 教授
  • 2018/06 - 2020/02 (兼任)大阪大学国際医工情報センター
  • 2018/05 - 2020/02 (兼任)大阪大学薬学研究科附属創薬センター
  • 2018/04 - 2020/02 大阪大学大学院薬学研究科 准教授
  • 2017/04 - 2020/02 (兼任)大阪大学歯学研究科薬理学教室
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2019/02 - 現在 日本薬学会 代議員
  • 2019/01 - 現在 Pharmacology, Biochemistry and Behavior誌 Editorial Board Member
  • 2018/11 - 現在 予防薬理学研究所 特別会員
  • 2018/10 - 現在 Journal of Pharmacological Sciences誌 Editorial Board Member
  • 2018/05 - 現在 日本薬学会 近畿支部委員
全件表示
受賞 (12件):
  • 2019/10 - 日本神経精神薬理学会 Neuropsychopharmacology Reports Reviewer Award 2019
  • 2018/03 - 日本薬理学会 Journal of Pharmacological Sciences Excellent Reviewer Award 2017
  • 2016/07 - 日本神経精神薬理学会 JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016
  • 2016/05 - GPCR研究会 第1回松尾研究奨励賞
  • 2014/07 - 大阪大学 平成26年度総長奨励賞
全件表示
所属学会 (11件):
トランスポーター研究会 ,  老化促進モデルマウス(SAM)学会 ,  日本DDS学会 ,  American Society for Neurochemistry ,  Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum ,  Society for Neuroscience ,  日本薬学会 ,  日本神経化学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る