研究者
J-GLOBAL ID:200901009610377764   更新日: 2020年09月01日

伊藤 素行

イトウ モトユキ | Itoh Motoyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.p.chiba-u.jp/lab/seika/index.html
研究分野 (5件): 実験動物学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  発生生物学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (9件): 認知症 ,  代謝 ,  老化 ,  神経機能 ,  Wntシグナル ,  Notchシグナル ,  神経発生 ,  ゼブラフィッシュ ,  zebrafish neural development Notch signaling Wnt signaling
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2020 Notch・Mib1経路によるエネルギー代謝調節の分子基盤研究
  • 2018 - 2018 モデル動物等研究コーディネーティングネットワークによる希少・未診断疾患の病因遺伝子変異候補の機能解析研究
  • 2015 - 2016 CADASIL型Notch3タンパク質の老化と毒性機序の解明
  • 2013 - 2015 Notchシグナルの人為操作を目指した新規ツールと活性測定法の創出
  • 2013 - 2014 翻訳後修飾によるNotchシグナル活性調節機構の解明
全件表示
論文 (28件):
  • Kenta Umehara, Yuchen Sun, Satoshi Hiura, Koki Hamada, Motoyuki Itoh, Keita Kitamura, Motohiko Oshima, Atsushi Iwama, Kosuke Saito, Naohiko Anzai, et al. A New Conditionally Immortalized Human Fetal Brain Pericyte Cell Line: Establishment and Functional Characterization as a Promising Tool for Human Brain Pericyte Studies. Molecular neurobiology. 2018. 55. 7. 5993-6006
  • Peng Yang, Riki Kajiwara, Ayako Tonoki, Motoyuki Itoh. Successive and discrete spaced conditioning in active avoidance learning in young and aged zebrafish. Neuroscience research. 2018. 130. 1-7
  • Shuhei Kuwabara, Misato Yamaki, Huiqing Yu, Motoyuki Itoh. Notch signaling regulates the expression of glycolysis-related genes in a context-dependent manner during embryonic development. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2018. 503. 2. 803-808
  • Takamasa Mizoguchi, Shoko Ikeda, Saori Watanabe, Michiko Sugawara, Motoyuki Itoh. Mib1 contributes to persistent directional cell migration by regulating the Ctnnd1-Rac1 pathway. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2017. 114. 44. E9280-E9289
  • Ledi Liu, Hiroe Wada, Natsuki Matsubara, Katsuto Hozumi, Motoyuki Itoh. Identification of Domains for Efficient Notch Signaling Activity in Immobilized Notch Ligand Proteins. Journal of Cellular Biochemistry. 2017. 118. 4. 785-796
もっと見る
MISC (16件):
Works (3件):
  • 個体発生期におけるNotchシグナル伝達経路の時空間的統合理解
    2007 -
  • Notch, LEF1転写複合体の活性制御機構の解明
    2006 -
  • 細胞動態に着目した側線発生機構の解明
    2006 -
学歴 (3件):
  • 1994 - 1998 大阪大学
  • 1991 - 1993 大阪大学
  • 1987 - 1991 大阪大学 製薬化学科
学位 (1件):
  • Ph.D (Osaka University)
経歴 (12件):
  • 2012/05 - 千葉大学 大学院薬学研究院 教授
  • 2011/04 - 名古屋大学 理学研究科生命理学専攻 准教授
  • 2006/11 - 名古屋大学 高等研究院 特任准教授
  • 2006 - - 特任准教授
  • 2003/07 - 名古屋大学 大学院理学研究科 COE特任助教授
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2017/04 - 2019/03 医学薬学府副学府長
  • 2015/04 - 培養室管理委員会 [学部委員会]
  • 2015/01 - 研究活動適正推進部会 [学内委員会]
  • 2013/04 - リサーチ アドミニストレーター [学内委員会]
  • 2011/04 - 遺伝子組換え実験安全委員会 [学内委員会]
受賞 (1件):
  • 2015/10 - 日本学術振興会 科研費第1段審査(書面審査)委員表彰
所属学会 (7件):
日本発生生物学会 ,  The Molecular Biology Society of Japan ,  The Japanese Society of Developmental Biologists ,  アメリカ神経科学会 ,  国際発生生物学会 ,  日本薬学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る