研究者
J-GLOBAL ID:200901009610377764   更新日: 2022年07月23日

伊藤 素行

ITOH MOTOYUKI | Itoh Motoyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.p.chiba-u.jp/lab/seika/index.html
研究分野 (5件): 実験動物学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  発生生物学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (9件): 認知症 ,  代謝 ,  老化 ,  神経機能 ,  Wntシグナル ,  Notchシグナル ,  神経発生 ,  ゼブラフィッシュ ,  zebrafish neural development Notch signaling Wnt signaling
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2021 - 2025 加齢と病的背景による神経異常機構の統合的解析
  • 2018 - 2020 Notch・Mib1経路によるエネルギー代謝調節の分子基盤研究
  • 2018 - 2018 モデル動物等研究コーディネーティングネットワークによる希少・未診断疾患の病因遺伝子変異候補の機能解析研究
  • 2015 - 2016 CADASIL型Notch3タンパク質の老化と毒性機序の解明
  • 2013 - 2015 Notchシグナルの人為操作を目指した新規ツールと活性測定法の創出
全件表示
論文 (51件):
  • Moeno Imai, Takamasa Mizoguchi, Meng Wang, Yingyi Li, Yoshinori Hasegawa, Ayako Tonoki, Motoyuki Itoh. The guppy (Poecilia reticulata) is a useful model for analyzing age-dependent changes in metabolism, motor function, and gene expression. Experimental Gerontology. 2022. 160. 111708-111708
  • Peng Yang, Hiro Takahashi, Masataka Murase, Motoyuki Itoh. Zebrafish behavior feature recognition using three-dimensional tracking and machine learning. Scientific reports. 2021. 11. 1. 13492-13492
  • Siripat Chaichit, Takuto Sato, Huiqing Yu, Yu-Ki Tanaka, Yasumitsu Ogra, Takamasa Mizoguchi, Motoyuki Itoh. Evaluation of Dexamethasone-Induced Osteoporosis In Vivo Using Zebrafish Scales. Pharmaceuticals (Basel, Switzerland). 2021. 14. 6
  • Shodai Suzuki, Satoshi Hiura, Taiki Mashiko, Takemi Matsumoto, Motoyuki Itoh. Lunatic fringe promotes the aggregation of CADASIL NOTCH3 mutant proteins. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2021. 557. 302-308
  • Zhaotong Wang, Takamasa Mizoguchi, Takahito Kuribara, Masaya Nakajima, Mayuu Iwata, Yuka Sakamoto, Hiroyuki Nakamura, Toshihiko Murayama, Tetsuhiro Nemoto, Motoyuki Itoh. Py3-FITC: a new fluorescent probe for live cell imaging of collagen-rich tissues and ionocytes. Open Biology. 2021. 11. 2. 200241-200241
もっと見る
MISC (45件):
書籍 (1件):
  • ゼブラフィッシュ実験ガイド
    朝倉書店 2020 ISBN:9784254171730
Works (3件):
  • 個体発生期におけるNotchシグナル伝達経路の時空間的統合理解
    2007 -
  • Notch, LEF1転写複合体の活性制御機構の解明
    2006 -
  • 細胞動態に着目した側線発生機構の解明
    2006 -
学歴 (3件):
  • 1994 - 1998 大阪大学
  • 1991 - 1993 大阪大学
  • 1987 - 1991 大阪大学 製薬化学科
学位 (1件):
  • Ph.D (Osaka University)
経歴 (12件):
  • 2012/05 - 千葉大学 大学院薬学研究院 教授
  • 2011/04 - 名古屋大学 理学研究科生命理学専攻 准教授
  • 2006/11 - 名古屋大学 高等研究院 特任准教授
  • 2006 - - 特任准教授
  • 2003/07 - 名古屋大学 大学院理学研究科 COE特任助教授
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 千葉大学大学院医学薬学府長
  • 2017/04 - 2019/03 医学薬学府副学府長
  • 2015/04 - 培養室管理委員会 [学部委員会]
  • 2015/01 - 研究活動適正推進部会 [学内委員会]
  • 2013/04 - リサーチ アドミニストレーター [学内委員会]
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/10 - 日本学術振興会 科研費第1段審査(書面審査)委員表彰
所属学会 (7件):
日本発生生物学会 ,  The Molecular Biology Society of Japan ,  The Japanese Society of Developmental Biologists ,  アメリカ神経科学会 ,  国際発生生物学会 ,  日本薬学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る