研究者
J-GLOBAL ID:200901009625840142   更新日: 2020年06月09日

伊藤 慎悟

イトウ シンゴ | Ito Shingo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.ohtsuki-lab.jp/
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (4件): 細胞膜透過ペプチド ,  血液脳関門 ,  トランスポーター ,  ドラックデリバリーシステム
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2020 - 2021 血液脳関門透過環状ペプチドを用いたバイオ医薬品の脳内送達技術の開発
  • 2019 - 2021 肥満を伴わない糖尿病発症におけるオーファントランスポーターの関与
  • 2019 - 2020 血液脳関門透過環状ペプチドを用いた抗体医薬の脳内送達技術の基盤構築
  • 2019 - 2020 抗体医薬による神経変性疾患治療のための脳関門透過技術の開発
  • 2019 - 2020 高脂肪食による血液脳関門破綻と認知症機能低下の組織連関の解明
全件表示
論文 (15件):
  • Masuda T, Hoshiyama T, Uemura T, Hirayama-Kurogi M, Ogata S, Furukawa A, Couraud PO, Furihata T, Ito S, Ohtsuki S. Large-Scale Quantitative Comparison of Plasma Transmembrane Proteins between Two Human Blood-Brain Barrier Model Cell Lines, hCMEC/D3 and HBMEC/ciβ. Molecular pharmaceutics. 2019. 16. 5. 2162-2171
  • Shingo Ito, Gentaro Honda, Yu Fujino, Seiryo Ogata, Mio Hirayama-Kurogi, Sumio Ohtsuki. Knockdown of orphan transporter SLC22A18 impairs lipid metabolism and increases invasiveness of human hepatoma cells. Pharmaceutical research. 2019. 36. 3. 39
  • Ito S. [Elucidation of Disease Mechanisms Based on Transport Function at Tissue Barriers and Challenges in Drug Development]. Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan. 2019. 139. 4. 497-503
  • Shingo Ito, Sumio Ohtsuki. SWATH-based comprehensive quantitative proteomics to study xenobiotics. Proteome Letters. 2018
  • Ito, S. Fujino, Y. Ogata, S. Hirayama-Kurogi, M. Ohtsuki, S. Involvement of an Orphan Transporter, SLC22A18, in Cell Growth and Drug Resistance of Human Breast Cancer MCF7 Cells. J Pharm Sci. 2018. 107. 12. 3163-3170
もっと見る
MISC (2件):
特許 (6件):
  • 血液脳関門透過性ペプチド
  • 膵がん等のがんの判定用バイオマーカー
  • 血液脳関門透過性ペプチド
  • 膵がん等のがんの判定用バイオマーカー
  • 新規な細胞膜透過性ペプチド
もっと見る
講演・口頭発表等 (91件):
  • 神経変性疾患発症に関わる脳関門物質動態制御機構の解明と創薬への展開
    (日本薬物動態学会第34回年会 2019)
  • 小腸環状ペプチドを用いた経口インスリン開発
    (日本薬剤学会経口吸収フォーカスドグループ 2019)
  • Small-intestine permeable cyclic peptide DNP increases the oral insulin absorption in mice
    (AAPS2019, 2019)
  • Identification of cell-surface proteins internalized into in vitro human brain microvascular endothelial cells by SWATH-based quantitative proteomics,
    (BBB signaling 2019 2019)
  • 環状ペプチドを用いた組織関門透過技術の開発
    (第 32 回 ケミカルバイオロジー研究所セミナー 第 104 回 生物科学フロンティアセミナー (大阪府立大学) 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2006 東北大学 大学院薬学研究科 博士課程後期3年の 課程
  • 2001 - 2003 京都薬科大学 大学院薬学研究科 臨床薬学専攻
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2017/01 - 現在 熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系) 准教授
  • 2012/04 - 2016/12 熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系) 助教
  • 2010/04 - 2012/03 National Research Council Canada Research Associate
  • 2007/11 - 2010/03 東北大学 助教
  • 2006/04 - 2007/10 東北大学 研究員
受賞 (8件):
  • 2019/12 - 日本薬物動態学会 奨励賞
  • 2019/07 - 日本プロテオーム学会 奨励賞
  • 2018/03 - 第4回血管生物若手研究会 優秀賞
  • 2017/11 - 日本薬学会九州支部 日本薬学会九州支部学術奨励賞
  • 2014/03 - 熊本大学国際先端研究拠点Encouragement Award
全件表示
所属学会 (7件):
日本プロテオーム学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本DDS学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本薬剤学会 ,  日本薬学会 ,  日本血管生物医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る