研究者
J-GLOBAL ID:200901009629753414   更新日: 2020年10月15日

伊藤 加代子

Ito Kayoko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 社会系歯学
研究キーワード (3件): 味覚障害 ,  口腔乾燥症 ,  高齢者歯科学
論文 (87件):
  • Eri Takei, Sirima Kulvanich, Takanori Tsujimura, Jin Magara, Kayoko Ito, Ryo Takei, Hideaki Washio, Hitoshi Arao, Makoto Inoue. Age-related changes in functional adaptation to bolus characteristics during chewing. Physiology & behavior. 2020. 225. 113102-113102
  • Kayoko Ito, Makoto Inoue, Hisae Nishii, Tetsuro Matsumoto. Prevalence of xerostomia with or without overactive bladder symptoms. Lower urinary tract symptoms. 2020
  • Kouji Katsura, Saori Funayama, Kayoko Ito, Kaname Nohno, Noboru Kaneko, Masaki Takamura, Marie Soga, Taichi Kobayashi, Takafumi Hayashi. Radiological imaging features of the salivary glands in xerostomia induced by an immune checkpoint inhibitor. Oral radiology. 2020
  • Setsuko Koshiyama, Kazuya Tanimura, Kayoko Ito, Saori Funayama, Daiki Hira, Yuko Komase, Susumu Sato. Gastroesophageal reflux-like symptoms are associated with hyposalivation and oropharyngeal problems in patients with asthma. Respiratory investigation. 2020
  • Rumiko Maeda, Eri Takei, Kayoko Ito, Jin Magara, Takanori Tsujimura, Makoto Inoue. Inter-individual variation of bolus properties in triggering swallowing during chewing in healthy humans. Journal of oral rehabilitation. 2020
もっと見る
MISC (29件):
もっと見る
書籍 (14件):
  • このまま使える Dr.もDHも! 歯科医院で患者さんにしっかり説明できる本
    クインテッセンス出版 2017 ISBN:478120581X
  • ホルモン補充療法ガイドライン2017年度版
    日本産科婦人科学会事務局 2017
  • 洗口液なるほど活用術
    デンタルダイヤモンド社 2016
  • ドライシンドロームの基礎と臨床
    メディカルレビュー社 2016
  • 女性医学ガイドブック
    金原出版株式会社 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 教育問題シンポジウム老年歯科医学の卒前教育の実態はどうなっている?
    (日本老年歯科医学会第29回学術大会 2018)
  • 口腔乾燥症の基本的な診査・診断と治療
    (日本老年歯科医学会第28回学術大会 2017)
  • "喫食者にとっての最適な食事の実現"に向けての多職種連携食事を「おいしく」食べるには~唾液、味覚の重要性~
    (新潟医療福祉学会学術大会シンポジウム 2015)
  • 生殖器以外へのエストロゲンの効果~口腔における効果~
    (第15回日本抗加齢医学会総会 2015)
  • 歯科医師の立場から,統合医療から考えるウィメンズヘルスーそれぞれの役割と連携
    (第28回日本女性医学学会学術集会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2002 - 九州歯科大学大学院修了
  • 1998 - 九州歯科大学卒業
学位 (1件):
  • 博士(歯学)
経歴 (3件):
  • 2005/04 - 現在 新潟大学 医歯学総合病院 口腔リハビリテーション科 助教
  • 2002/10/01 - 2005/03/31 長寿科学振興財団 長寿科学振興財団リサーチレジデント
  • 2002/04/01 - 2005/03/31 新潟大学 医歯学総合研究科 研究生
受賞 (7件):
  • 2017/04 - 新潟大学医歯学総合病院 病院功労賞
  • 2015/09 - 日本歯科衛生学会 第10回学術論文賞奨励賞 周術期口腔機能管理による口腔環境の変化~臨床的な効果について~
  • 2014/09 - 日本歯科衛生学会 学術発表奨励賞・公益財団法人ライオン歯科衛生研究所賞 経管栄養離脱による口腔内の水分量および微生物量の変化
  • 2010/06 - 日本老年歯科医学会 介護予防における口腔機能向上サービスの推進に関する研究-介護予防おける包括サービスの効果について-
  • 2005/11 - 更年期と加齢のヘルスケア研究会 研究会奨励賞 ドライマウスに関する検討
全件表示
所属学会 (9件):
日本補綴歯科学会 ,  日本歯科放射線学会 ,  日本口腔内科学会 ,  日本摂食嚥下リハビリテーション学会 ,  日本女性医学学会 ,  日本口腔衛生学会 ,  日本歯科医学教育学会 ,  日本歯科東洋医学会 ,  日本老年歯科医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る