研究者
J-GLOBAL ID:200901009660126592   更新日: 2020年09月21日

田中 成典

タナカ シゲノリ | Tanaka Shigenori
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 地球生命科学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2022 水を通して見る生体分子夾雑系の情報熱力学
  • 2018 - 2021 生命の起源物質生成の計算機シミュレーション:アミノ酸・核酸とその重合化
  • 2014 - 2017 創薬への応用に向けたrasがん遺伝子産物の構造ダイナミクスの分子機構の解明
  • 2014 - 2017 計算創薬のための蛋白質複合系の精密構造・相互作用解析手法の開発
  • 2011 - 量子モンテカルロ-フラグメント分子軌道法による水の第一原理シミュレーション
全件表示
論文 (190件):
  • Shigenori Tanaka, Chiduru Watanabe, Teruki Honma, Kaori Fukuzawa, Kazue Ohishi, Tadashi Maruyama. Identification of correlated inter-residue interactions in protein complex based on the fragment molecular orbital method. Journal of Molecular Graphics and Modelling. 2020. 100. 107650-107650
  • Yosuke Suzuki, Hirofumi Watanabe, Yoshio Okiyama, Kuniyoshi Ebina, Shigenori Tanaka. Comparative study on model parameter evaluations for the energy transfer dynamics in Fenna-Matthews-Olson complex. Chemical Physics. 2020. 539. 110903-110903
  • Shusuke Tokutomi, Kohei Shimamura, Kaori Fukuzawa, Shigenori Tanaka. Machine learning prediction of inter-fragment interaction energies between ligand and amino-acid residues on the fragment molecular orbital calculations for Janus kinase - inhibitor complex. Chemical Physics Letters. 2020. 757. 137883-137883
  • Shigenori Tanaka, Kohei Shimamura. Temperature relaxation in binary hard-sphere mixture system: Molecular dynamics and kinetic theory study. The Journal of Chemical Physics. 2020. 153. 3. 034114-034114
  • Ryo Hatada, Koji Okuwaki, Yuji Mochizuki, Yuma Handa, Kaori Fukuzawa, Yuto Komeiji, Yoshio Okiyama, Shigenori Tanaka. Fragment Molecular Orbital Based Interaction Analyses on COVID-19 Main Protease - Inhibitor N3 Complex (PDB ID: 6LU7). Journal of chemical information and modeling. 2020. 60. 7. 3593-3602
もっと見る
MISC (51件):
  • Yoshio Okiyama, Kaori Fukuzawa, Yuto Komeiji, Shigenori Tanaka. Taking Water into Account with the Fragment Molecular Orbital Method. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2020. 2114. 105-122
  • 田中成典. 「量子生物学」とは何か?. Newton別冊「量子論のすべて:量子論の基本から量子コンピュータまで」. 2019. 106-107
  • 鈴木洋介、渡邉博文、石野麻由子、土井陽子、倉仁美、江口至洋、田中成典、鶴田宏樹、白井剛、森一郎、伊藤眞里、臼井英之、横川三津夫. 計算生命科学の基礎. 大学ICT推進協議会2019年度年次大会論文集. 2019
  • 大山達也, 建石寿枝, 田中成典, 杉本直己. 脱ワトソン・クリックの核酸化学(42):クラウディング分子により形成される分子ネットワークがDNA四重鎖の構造安定性に及ぼす影響の定量的解析. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2018. 98th. ROMBUNNO.4D5-32
  • 中野美紀, 建石寿枝, 田中成典, FLORENCE Tama, FLORENCE Tama, 宮下治, 杉本直己. 共溶質存在下におけるDNA水和水の熱力学的性質の解析. 分子シミュレーション討論会講演要旨集. 2017. 31st. 64-65
もっと見る
書籍 (32件):
  • 量子と生命
    現代思想(青土社) 2020
  • 生体分子夾雑系の理論計算化学:分子論から生命論へ
    東京化学同人 2019
  • Taking Water into Account with the Fragment Molecular Orbital Method
    2019
  • 計算分子生物学 : 物質科学からのアプローチ
    内田老鶴圃 2018 ISBN:9784753623136
  • 大学への数学 巻頭言「価値を生み出す」
    東京出版 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (227件):
  • Quantum Brain Dynamics from a Viewpoint of Field Theory
    (The 2nd Workshop on Quantum Cognition 2019)
  • Perspectives of Computational Drug Discovery: AMED-BINDS Activities in Japan
    (AHeDD2019/IPAB2019 Joint Symposium 2019)
  • 大規模分子系の第一原理計算と量子生命科学
    (遠隔講義「計算生命科学の基礎VI」 2019)
  • 多体問題と生命
    (研究会「計算生命科学:多体問題から生命システムへ」 2019)
  • 生命と量子
    (JST-CREST「生命動態の理解と制御のための基盤技術の創出」研究領域・第12回数理デザイン道場 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1986 東京大学 大学院理学系研究科博士課程物理学専攻修了
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る