研究者
J-GLOBAL ID:200901009681123305   更新日: 2019年04月03日

有馬 英俊

アリマ ヒデトシ | ARIMA Hidetoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://seizai.pharm.kumamoto-u.ac.jp/index.html
研究分野 (3件): 物理系薬学 ,  医療系薬学 ,  応用薬理学
研究キーワード (5件): サクラン ,  スイゼンジノリ ,  シクロデキストリン ,  薬物送達学 ,  製剤学
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2016 - 2019 ゲノム編集技術を用いた遺伝性難病治療を実現する非ウイルスベクターの開発
  • 2016 - 2019 DDS技術を利用した新規作用機作を有する脳アミロイドーシス治療薬の開発
  • 2011 - 2014 臨床応用可能な癌細胞特異的全身投与型siRNAデリバリーシステムの構築
  • 2008 - 2011 癌細胞特異的・血中滞留型及び徐放型siRNAデリバリー超分子システムの構築
  • 2006 - 2008 siRNAキャリアとしてのデンドリマー/シクロデキストリン結合体の高機能化
全件表示
論文 (239件):
MISC (67件):
  • Yuki Kondo, Hiroko Tokumaru, Yoichi Ishitsuka, Tomoko Matsumoto, Makiko Taguchi, Keiichi Motoyama, Taishi Higashi, Hidetoshi Arima, Muneaki Matsuo, Katsumi Higaki, Kousaku Ohno, Tetsumi Irie. Corrigendum to “In vitro evaluation of 2-hydroxyalkylated β-cyclodextrins as potential therapeutic agents for Niemann-pick type C disease” (Molecular Genetics and Metabolism (2016) 118(3) (214-219) (S1096719216300579) (10.1016/j.ymgme.2016.04.014)). Molecular Genetics and Metabolism. 2017. 120. 296-297
  • Naoko Ohshita, Naoko Ohshita, Anna Tajima, Taishi Higashi, Keiichi Motoyama, Sawako Koyama, Ruriko Iibuchi, Shiuhei Mieda, Kenji Handa, Tomoaki Kimoto, Hidetoshi Arima, Hidetoshi Arima. Improvement of physicochemical stability of highly-concentrated antibodies using cyclodextrin polypseudorotaxane hydrogels. Asian Journal of Pharmaceutical Sciences. 2016. 11. 221-222
  • Yuki Maeda, Yuki Maeda, Keiichi Motoyama, Taishi Higashi, Yuka Horikoshi, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Yuki Kurauchi, Hiroshi Katsuki, Yuki Kondo, Yoichi Ishitsuka, Tetsumi Irie, Tetsumi Irie, Takumi Era, Hidetoshi Arima, Hidetoshi Arima. Feasibility study of cyclodextrins as active pharmaceutical ingredients for the treatment of GM1-gangliosidosis. Asian Journal of Pharmaceutical Sciences. 2016. 11. 183-184
  • Keiichi Motoyama, Chiho Akao, Ryosuke Mitsuyasu, Taishi Higashi, Hidetoshi Arima, Hidetoshi Arima. Fucose-appended dendrimer/α-cyclodextrin conjugate as a novel NF-κB decoy carrier to Kupffer cells infulminant hepatitis mice induced by lipopolysaccharide. Asian Journal of Pharmaceutical Sciences. 2016. 11. 152-153
  • Mari Sugio, Tatsunori Hirotsu, Tatsunori Hirotsu, Taishi Higashi, Keiichi Motoyama, Fumitoshi Hirayama, Kaneto Uekama, Hidetoshi Arima, Hidetoshi Arima. Pharmaceutical properties of insulin conjugate with glucuronylglucosyl-β-cyclodextrin. Asian Journal of Pharmaceutical Sciences. 2016. 11. 120-121
もっと見る
特許 (24件):
書籍 (19件):
  • Recent Aspects of Cyclodextrin-based Pharmaceutical Formulations
    Recent Res. Devel. Chem. Pharm. Sciences 2002
  • Dendrimers as DNA Carriers
    Springer-Verlag Tokyo・Non-viral Gene Therapy: Gene Design and Delivery 2005
  • Recent Findings of Dendrimers and Their Conjugates as Non-viral Vectors
    Transworld Research Network・Recent Research and Development of Bioconjugate Chemistry 2005
  • 難水溶性薬物の物性評価と製剤設計の新展開
    シーエムシー出版 2010
  • 難水溶性薬物の物性評価と製剤設計の新展開、シクロデキストリンを用いた難水溶性薬物の溶解性改善
    シーエムシー出版 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (663件):
  • ポリアミドアミンデンドリマー/α-シクロデキストリン結合体:ジェネレーション(G2,G3,G4)の違いによる遺伝子導入効率の比較
    (第122回日本薬学会年会 2001)
  • Contribution of P-glycoprotein to enhancing effects of dimethyl-b-cyclodextrin on oral bioavailability of tacrolimus in rats
    (The 28th Intenational Smposium on Controlled Release of Bioactive Materials (San Diego, USA) 2001)
  • シクロデキストリン結合体を利用したケトプロフェンの経口持続性製剤の設計
    (第47回日本薬学会九州支部総会 2001)
  • 糖修飾デンドリマー/シクロデキストリン結合体を用いた細胞特異的遺伝子デリバリー
    (第47回薬学会九州支部総会 第18回支部大会 2001)
  • COMPARATIVE STUDY ON INCLUSION COMPLEXATION OF GUG-β-CYD,G2-β-CYD AND β-CYD WITH SEVERAL DRUGS
    (第19回シクロデキストリンシンポジウム 2001)
もっと見る
Works (16件):
  • エンドトキンショックに対するシクロデキストリン誘導体の抑制効果
    1900 - 1901
  • アンチセンス核酸の表皮抗原提示細胞へのデリバリ-法の開発
    1997 - 1999
  • 環状オリゴ糖/デンドリマー結合体を基本骨格とする高機能性遺伝子導入ベクターの構築
    2000 - 2002
  • 高機能性遺伝子キャリアーとしてのデンドリマー/シクロデキストリン結合体の構築
    2002 - 2004
  • エンドトキンショックに対するシクロデキストリン誘導体の抑制効果
    2003 - 2004
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 熊本大学 薬学部 製薬学科
  • - 1991 熊本大学 薬学研究科 博士課程(後期課程)
学位 (1件):
  • 薬学博士 (熊本大学)
経歴 (5件):
  • 1998 - 2001 助手
  • 2001 - 2003 助教授
  • 2003 - 2007 助教授
  • 2007 - 2009 教授
  • 2010 - 熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系)製剤設計学 教授
委員歴 (19件):
  • 2018/04 - 現在 日本薬剤学会 製剤・創剤セミナー 実行委員長
  • 2015 - 現在 日本DDS 学会評議員
  • 2015 - 現在 日本核酸医薬学会 評議員
  • 2012 - 現在 日本薬剤学会 評議委員
  • 2016/04 - 2018/03 日本薬剤学会 製剤・創剤セミナー 副実行委員長
全件表示
受賞 (7件):
  • 2017/08 - 日本シクロデキストリン学会 シクロデキストリン学会賞 シクロデキストリンを基盤分子とする 統合型ドラッグデリバリーシステムの 構築と医薬品原薬への応用
  • 2016/06 - バイオテクノロジー推進協議会 研究助成金
  • 2000 - 上原記念生命科学財団リサーチフェローシップ
  • 2002 - 日本シクロデキストリン学会奨励賞
  • 2003 - 日本薬学会九州支部学術奨励賞
全件表示
所属学会 (12件):
製剤機械技術学会 ,  米国薬科学会 ,  バイオマテリアル学会 ,  遺伝子・デリバリー研究会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本DDS学会 ,  日本薬学会 ,  日本シクロデキストリン学会 ,  サクラン研究会 ,  オリゴヌクレオチド治療学会 ,  日本薬剤学会 評議員 ,  アジアオセアニア シクロデキストリンリーグ 会長
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る