研究者
J-GLOBAL ID:200901009722398918   更新日: 2019年11月06日

岩永 昌晃

イワナガ マサアキ | MASAAKI IWANAGA
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 社会法学
研究キーワード (1件): 労働法
論文 (17件):
  • 岩永昌晃. <判例評釈>コンビニチェーン加盟者の労働組合法上の労働者性[中労委決定平成31・3・6〔セブンーイレブン・ジャパン事件〕]. 中央労働時報. 2019. 1252. 28-38
  • <判例評釈>定額の手当による労働基準法37条の割増賃金の支払[最1小判平成30・7・19〔日本ケミカル事件〕]. 民商法雑誌. 2019. 155. 3. 96-103
  • 岩永昌晃. <論文>配属・異動-地域限定社員をめぐる法的課題. ジュリスト. 2018. 1520. 59-64
  • 岩永昌晃. <判例評釈>妊娠中に行われた退職合意の有効性[東京地立川支判平成29・1・31〔TRUST事件〕]. 民商法雑誌. 2018. 154. 1. 205-217
  • 岩永昌晃. <論文>集団的労使関係の当事者. 日本労働法学会編『講座労働法の再生第5巻 労使関係法の理論課題』. 2017. 25-44
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • Retrospect and Prospect of Human Resources Development in Japan: From the Perspective of Legal Studies
    (EDUCATION AND TRAINING AS BASIS FOR FUTURE EMPLOYMENT 2017)
  • イギリスにおける通勤途上の災害の保護について
    (日本社会保障法学会 2008)
  • イギリスにおける労働法の適用対象
    (日本労働法学会 2007)
Works (22件):
  • <報告書>JILPT資料シリーズ No.214『労働法の人的適用対象の比較法的考察』
    岩永昌晃 2019 -
  • <書評>新屋敷美恵子著『労働契約成立の法構造-契約の成立場面における合意と法の接合』(信山社)
    岩永昌晃 2017 -
  • <解説>賃金とは:法学の観点から
    岩永昌晃 2017 -
  • <解説>個別的労働関係における使用者[東京地判平成13・7・25〔黒川建設事件〕]
    岩永昌晃 2016 -
  • <解説>労災補償と慰謝料[最1小判昭和41・12・1〔伸栄製機事件〕]
    岩永昌晃 2016 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2011 - 2012 エジンバラ大学
  • 2002 - 2005 京都大学 法学研究科
  • 2000 - 2002 京都大学 法学研究科
  • 1995 - 2000 京都大学 法学部
学位 (3件):
  • LLM in Commercial Law (エジンバラ大学)
  • 修士 (京都大学)
  • 学士 (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2011/04/01 - 現在 京都産業大学 法学部 法律学科 准教授
  • 2007/04 - 2011/03 京都産業大学 法学部 専任講師
  • 2005/04 - 2006/03 京都大学大学院法学研究科 助手
委員歴 (2件):
  • 2018/05 - 現在 日本労働法学会 編集委員
  • 2015/04/01 - 現在 京都労働局紛争調整委員会 委員
所属学会 (4件):
日本労働法学会 ,  日本社会保障法学会 ,  京都労働・社会保障判例研究会 ,  イギリス労働法研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る