研究者
J-GLOBAL ID:200901009801872544   更新日: 2021年12月07日

村上 真

ムラカミ マコト | MURAKAMI Makoto
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 消化器外科学 ,  外科学一般、小児外科学
研究キーワード (4件): Pancreatic islet ,  膵ランゲルハンス島 ,  消化器外科学 ,  Gastroenterological Surgery
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2024 膵島移植における免疫隔離膜を応用した皮下移植の検討
  • 1996 - 人工膵移植に関する研究
  • Study of bio artificial pancreas transplantation.
  • Study of bio artificial pancreas transplantation.
論文 (29件):
  • 東 恭平,玉木雅人,西野拓磨,成瀬貴之,呉林秀崇,片山外大,横井繁周,森川充洋,小練研司,村上 真,廣野靖夫,前田浩幸,片山寛次,山口愛奈,今村好章,五井孝憲. 腹腔鏡手術を施行した特発性大網梗塞の1例. 福井大学医学部研究雑誌. 2021. 21. 21-25
  • Katsuji Sawai,Hidetaka Kurebayashi,Mitsuhiro Morikawa,Kenji Koneri,Masato Tamaki,Makoto Murakami,Yasuo Hirono,Hiroyuki Maeda,Takanori Goi. A Case of Stage IV Anal Squamous Cell Carcinoma with Long-term Survival after Multidisciplinary Treatment. International Society of University Colon Rectal Surgeons 30th Biennial Congress(ISUCRS2020). 2020. 258-258
  • Mitsuhiro Morikawa,Kanji Katayama,Noriyuki Tagai,Takayuki Naruse,Makoto Murakami,Yasuo Hirono,Takanori Goi. Hyperthermic intraperitoneal chemotherapy and cytoreductive surgery for patients with appendiceal pseudomyxoma peritonei. International Society of University Colon Rectal Surgeons 30th Biennial Congress(ISUCRS2020). 2020. 255-255
  • 森川充洋,東 恭平,成瀬貴之,呉林秀崇,澤井利次,小練研司,玉木雅人,村上 真,廣野靖夫,前田浩幸,五井孝憲. 第9版大腸癌取扱い規約におけるStageII,StageIII大腸癌切除症例の予後と術後補助化学療法の検討. 癌と化学療法. 2020. 47. 8. 1264-1267
  • 成瀬貴之,廣野靖夫,呉林秀崇,片山外大,澤井利次,森川充洋,小練研司,玉木雅人,村上 真,五井孝憲. 腹腔内化学療法を施行し長期無再発生存を得た腹膜播種陽性胃癌の1例. 癌と化学療法. 2020. 47. 8. 1254-1257
もっと見る
MISC (41件):
書籍 (4件):
  • 消化器外科 術前・術後管理 必携(分担執筆:4.消化器系 下痢・便秘)
    (株)へるす出版 2012
  • よくわかる臨床栄養管理 実践マニュアル(分担執筆:栄養療法とリスクマネジメント)
    (株)全日本病院出版会 2009
  • ハイパーサーミア がん温熱療法ガイドブック(分担執筆:膵臓の腫瘍 -局所進行膵がんに対する放射線温熱化学療法-)
    神陵文庫 2008
  • 外科系マニュアル(分担執筆:1良性疾患/腸閉塞(イレウス))
    羊土社 2007
講演・口頭発表等 (807件):
  • 膵切除術記録作成におけるtraineeの工夫~デジタルイラストレーションを利用して~
    (第48回日本膵切研究会 2021)
  • 高齢大腸癌症例における全身化学療法の実態
    (第95回大腸癌研究会 2021)
  • III型外傷性膵損傷の治療戦略
    (第76回日本消化器外科学会総会 2021)
  • 関節リウマチに対しトシリズマブ投与中,炎症反応上昇を伴わない回腸穿孔をきたした1例
    (第76回日本消化器外科学会総会 2021)
  • 大腸癌患者における酸化ストレスの測定は有用な予後予測因子である
    (第76回日本消化器外科学会総会 2021)
もっと見る
Works (3件):
  • がん播種性転移に対する蛍光診断と光力学的治療に関する研究, 基盤研究(C)(一般)
    2013 -
  • 腫瘍内投与磁性体をRF誘導加温することで得られる抗腫瘍効果についての実験的研究, 基盤研究(C)一般
    2008 -
  • Islet like cluster に与える IGF-1 の影響, 若手研究(B)
    2005 -
学歴 (4件):
  • - 1999 福井医科大学 移植学
  • - 1999 Fukui Medical School 移植学
  • - 1992 福井医科大学 医学科
  • - 1992 Fukui Medical School 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (福井医科大学)
経歴 (4件):
  • 1994 - 2001 福井医科大学医師
  • 1994 - 2001 福井医科大学
  • 2001 - - 福井医科大学助手
  • 2001 - - Fukui Medical University, Research Assistant.
委員歴 (4件):
  • 2011 - 日本肝胆膵外科学会 評議員
  • 1992 - 日本外科学会 一般会員
  • 1992 - 日本消化器外科学会 一般会員
  • 1992 - 日本消化器病学会 一般会員
所属学会 (9件):
福井肝胆膵勉強会 ,  異種移植研究会 ,  日本移植学会 ,  日本外科学会 ,  日本消化器外科学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本低温医学会 ,  膵・膵島移植研究会 ,  日本肝胆膵外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る